Amazon Kindleでは、 神聖ローマ帝国 講談社現代新書 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 799
通常配送無料 詳細
17点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
神聖ロ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神聖ローマ帝国 (講談社現代新書) 新書 – 2003/7/19


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 50


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

神聖ローマ帝国 (講談社現代新書) + ハプスブルク家 (講談社現代新書) + 英仏百年戦争 (集英社新書)
合計価格: ¥ 2,419

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

見果てぬ夢「古代ローマ帝国の復興」を求め、抗争を繰り返しながらも、八百五十年間にわたり中近世ヨーロッパの中心に存在し続けた「帝国」の実像に迫る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菊池/良生
1948年生まれ。早稲田大学大学院博士課程に学ぶ。現在明治大学教授。専攻はオーストリア文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/7/19)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4061496735
  • ISBN-13: 978-4061496736
  • 発売日: 2003/7/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 4,930位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

85 人中、81人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田中サムソン 投稿日 2006/2/27
形式: 新書
世界史の中で多くの資料が残っているにもかかわらず、最も捉えにくい国、それが『神聖ローマ帝国』である。「神聖でもなければ、ローマでもなく、ましてや帝国でもない」というヴォルテールの言葉は正に当を得ている。

われわれがこの捉えどころのない国について一般に知っているのは「ハプスブルク家が皇帝であった」ということぐらいで、ハプスブルク家について書かれた本は今まで結構多かった。しかし歴史を少しかじった人間ならばすぐわかることだが『ハプスブルク帝国=神聖ローマ帝国』ではない。では神聖ローマ帝国とは何なのだ、ということについてこの本は包括的な枠組みでしっかりと捉え、順序だてて説明している。
そもそもこれがなければ、次の2歩目、3歩目がありえない。つまりハプスブルク家の台頭も、帝国議会の機能も、宗教改革の展開も、三十年戦争も全てはこの枠組みを認識して初めて理解しうるものだ。

まずはこの本から始めることをお勧めする。この内容でこの値段であれば大変にお得といえよう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
49 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yuishi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2003/11/17
形式: 新書
中世ドイツを中心に中欧に広大な版図をもってはいたものの、世界史の教科書レベルの内容ではどこか掴みどころがなかった神聖ローマ帝国の成り立ちから消滅までをコンパクトにまとめた好著(実際は同帝国の名前の由来となる西ローマ帝国の滅亡時から記述されているのでもっと記述範囲は広い)。
ローマ法王を頂点とする教会勢力との絶え間ない確執・政争。一方で地域・都市を割拠する地方国家からなる連邦国家(もしくは分裂国家)としての成り立ち、配下の地方国家との複雑な力関係と権力委譲の経緯などなど、読みどころは満載。
新書ということで限られた文章に収めるため、権力闘争を中心とした記述になっており、軍事面や社会史・文化史的な観点での記述はおとされている。が、その分、内容が把握しやすい。文章もこの手の本にありがちな紋切り型の読みにくさはない。巻末やカバーには参考図書、関連図書の紹介もあり親切。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
19 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 柴犬太郎 投稿日 2008/10/7
形式: 新書
神聖ローマ帝国。
ローマ帝国や東ローマ帝国のような強大な国家像を思わせる大層な国家名。私も一時期までは中世ヨーロッパを支配した大帝国を想像していたが、本書はそんな勘違いしている人でも読める入門書。

神聖ローマ帝国は教皇権力とイタリアを抜きにしては語れない。
強力な中央集権国家として台頭するフランスとは対象的な連合国家ドイツの代表として選出された王は教皇により戴冠を受けて皇帝となる。したがって、イタリアへの軍事進出と教皇との主導権争いが、この連合国家の歴史である。
フリードリヒ=バルバロッサ、フリードリヒ2世という強力な君主についてかたられるくだりは面白いが、逆に言えば強烈な個性に依存した連合国家の長という不安定さを証明している。
これら歴代の皇帝たちが、ドイツの集権化に傾注するのではなく、イタリア対策に没頭したことが、ドイツ、イタリアが集権国家として立ち遅れた遠因だるとするとこの連合国家の近代への影響は、計り知れない。

そういった欧州全体を巻き込む大きなうねりを神聖ローマ帝国を通じてみることができる。お勧めの一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 じゃぐぁ トップ500レビュアー 投稿日 2009/6/14
形式: 新書 Amazonで購入
 神聖ローマ帝国、それは不思議な帝国。
・ローマを領土としてはいない。
・帝国と言いながら、実際には皇帝の権力は絶対ではない。
・皇帝は選帝侯によって選挙(もちろん金銭取引など何でもあり)で選出される。

 神聖ローマ帝国は1000年に渡って何となく(?)存在した。当初は、かつての西ローマ帝国再建を夢を見ていたようだが、その目的が達成されることはなかった。最終的には皇帝が帝国を解散するという勅語を発して消滅した不思議な帝国である。

 ややこしくて長い歴史を1冊にまとめたものなので、ドイツ先史として価値があるのではないだろうか。ローマという言葉に込められた西欧のアイデンティティ、神聖という言葉の意味もよく分かる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/4
形式: 新書
 「神聖ローマ帝国」といえば、従来とかくハープスブルク家を中心にした本が主流であったのに、本書はカロリング朝のカロルス・マグヌスからはじめて、ドイツ系の諸王朝の歴史が分かりやすく記されています。 各王朝ないし帝室の系図も随所に挿入されているので、たいへん参考になります。 神聖ローマ帝国の概略を知りたいという人々には最適の新書と言えるでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック