Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,947

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
神経障害性疼痛診療ガイドブック
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

神経障害性疼痛診療ガイドブック [単行本]

小川 節郎
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,888 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
‹  商品の概要に戻る

目次

神経障害性疼痛スクリーニング研究会監修 調査票

第1章 概 論
1 定義と臨床的特徴 (細川豊史)
I.痛みの定義と分類
II.神経障害性疼痛の臨床的特徴
2 分 類 (細川豊史)
I.原因疾患別分類
II.神経損傷部位による分類
III.発生機序に基づく分類
IV.診断的分類
3 疫 学 (細川豊史)
I.神経障害性疼痛に対する疫学的調査
II.神経障害性疼痛の疾患別疫学調査
4 神経障害性疼痛の発症機序 (住谷昌彦,眞下 節,山田芳嗣)
I.末梢神経系での病態
II.中枢神経系での病態

第2章 診 断
1 問診の進め方 (小川節郎)
I.痛みのタイプはなにか
II.現病歴
III.痛みの性質の問診
IV.問診の実際
V.診 察
VI.検 査
VII.QOLへの影響の評価
2 痛みの評価法 (小川節郎)
I.言葉の定義
II.痛みのスケール
III.一般的な診察と神経学的診察
3 痛みの診断 (小川節郎)
I.神経障害性疼痛かどうかの段階的評価
II.診断の手順
III.神経障害性疼痛のスクリーニングツール(簡易調査票)
IV.複合性局所疼痛症候群の診断基準

第3章 治 療
1 治療の進め方・到達目標 (益田律子)
I.薬物療法がなぜ重要であるのか
II.急性期組織損傷に伴う神経障害性疼痛治療,がん疼痛における神経障害性疼痛と慢性期神経障害性疼痛治療
III.治療の進め方
2 薬物療法 (住谷昌彦,眞下 節,山田芳嗣)
I.薬物療法の実際
II.プライマリ・ケアにおける神経障害性疼痛に対するアプローチ
1. 抗てんかん薬(Caチャネルα2-δリガンドを含む) (井関雅子)
I.抗てんかん薬の鎮痛機序
II.神経障害性疼痛における抗てんかん薬の意義
III.適応疾患
IV.使用上の留意点
V.主な抗てんかん薬
2. 抗うつ薬 (細川豊史)
I.抗うつ薬が神経障害性疼痛に投与される主な2つの理由
II.抗うつ薬の神経障害性疼痛での適応症状
III.抗うつ薬の効果発現機序
IV.抗うつ薬の種類と特徴
V.各種抗うつ薬の鎮痛作用の特徴
VI.抗うつ薬の選択と使用法
VII.使用上の注意事項
3. オピオイド (益田律子)
I.神経障害性疼痛に対するオピオイド療法の意義
II.オピオイドの薬理作用
III.オピオイド療法の実際
4. 麻酔薬 (加藤 実)
I.麻酔薬の種類
5. その他(漢方薬など) (武田泰子)
I.漢方薬
II.ステロイド
III.中枢性筋弛緩薬
IV.クロニジン
V.血管拡張薬(プロスタグランジン製剤)
3 外科的療法 (住谷昌彦,齋藤洋一)
I.外科的療法のための患者評価ポイント
II.外科的療法の選択肢
4 神経ブロック (信太賢治,増田 豊)
I.神経ブロック療法とは
II.神経ブロック療法の意義と治療効果
III.代表的神経ブロック療法
IV.神経障害性疼痛に対する神経ブロック療法の応用
5 脊髄刺激療法 (細川豊史)
I.脊髄刺激療法の作用機序
II.SCSの神経障害性疼痛に対する有効性
III.適応疾患
IV.SCS の実際
V.埋め込み術
6 理学療法 (笠井史人)
I.物理療法
II.装具療法
III.徒手的治療法と運動療法
IV.神経障害性疼痛に対する理学療法アプローチ
7 心理療法─心理面への配慮 (住谷昌彦,柴田政彦)
I.痛みの心理因子とその問題点
II.痛みの心理因子に対する治療アプローチ

第4章 疼痛疾患
1 脊椎・脊髄疾患に伴う神経障害性疼痛 (関口美穂,菊地臣一)
I.概 論
II.診 断
III.治 療
2 糖尿病性神経障害 (堀田 饒)
I.病態─分類・頻度・成因
II.治療─診断・管理・治療
3 帯状疱疹後神経痛 (加藤 実)
I.概 論
II.診 断
III.治 療
IV.治療法のアルゴリズム
V.帯状疱疹から帯状疱疹後神経痛への移行予防
4 CRPS (住谷昌彦,柴田政彦)
I.CRPSの歴史的経緯
II.わが国におけるCRPSという呼称に関わる問題点
III.CRPS 判定指標の検証(新たな判定指標作成の試み)
IV.CRPS に関連した病態
V.CRPS に対する治療
5 幻肢痛・断端痛 (加納利和,片山容一)
I.幻肢痛・断端痛の定義
II.推定される幻肢痛・断端痛の機序
III.幻肢痛・断端痛の発現頻度
IV.治 療
6 三叉神経痛 (河村信利,吉良潤一)
I.定義・疫学
II.症状・分類・診断
III.治 療
IV.アルゴリズム
7 術後瘢痕疼痛症候群 (表 圭一)
I.概 論
II.診 断
III.治 療
IV.予 防
8 脊髄損傷性疼痛 (益田律子)
I.概 論
II.SCI 痛に対する治療
III.SCI 痛治療の進め方
IV.薬物療法以外の治療
V.その他,SCI 痛に関わる諸問題
9 脳血管障害後の中枢痛 (伊藤義彰,鈴木則宏)
I.CPSPの概論
II.CPSPの痛みの特徴・神経学的所見と診断
III.CPSPの治療
10 末梢性神経外傷(静脈穿刺などによる神経障害) (加藤 実,小川節郎)
I.末梢性神経外傷を防ぐための採血時の注意点
II.神経障害性疼痛とCRPS
11 口腔顔面領域の神経障害性疼痛 (今村佳樹,岡田明子)
I.非定型口腔痛
II.三叉神経外傷後ニューロパシー(二次性三叉神経痛)
III.複合性局所疼痛症候群(CRPS)

外国語索引
日本語索引

‹  商品の概要に戻る