¥ 607
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
神官は&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神官は王を狂わせる (KAIOHSHAガッシュ文庫) 文庫 – 2007/3/31


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

神官は王を狂わせる (KAIOHSHAガッシュ文庫) + 神官は王を恋い慕う (ガッシュ文庫) + 神官は王を悩ませる (ガッシュ文庫)
合計価格: ¥ 2,160

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

王と神官という立場を乗り越え結ばれたふたり。男らしく猛々しい王・羅剛は、愛する冴紗を手に入れ、婚姻の儀を待っていた。神官と王妃、両方の役割を担うことになる冴紗を、羅剛は片時も離したくないほど狂おしく愛している。しかし、聖なる虹色の髪と瞳を持ち人々を導く存在の冴紗を奪おうと、近隣諸国が戦を仕掛けてきた。羅剛は、冴紗には何も知らせずにひとり戦地に赴かんとする。やっと想いが通じ合ったのに、運命はまたもふたりを引き裂くのか…!?愛はすべてを凌駕する…一途で激しいラブロマンス。

登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: 海王社 (2007/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877245650
  • ISBN-13: 978-4877245658
  • 発売日: 2007/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 264,307位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

39 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ペンギン 投稿日 2007/3/31
形式: 文庫
神官さん第二弾です。

楽しみにしていましたが、相変わらずの羅剛王のテンション高くて
読んでたこちらの方が血圧上がりそうでした。

期待を裏切らないハイテンションな王と天然過ぎな神官さんが、
やっと結婚式するのねと思いきや…お預けになってしまいました。

(でも式がまだなだけで、ヤる事はヤってます羅剛様…)

今回もビューティーフォーでワンダホーな神官さんの魅力に取りつかれたための大騒ぎ?です。

今回は羅剛王視点なので、より一層暑苦しい事この上ないです(笑)。

イチャイチャで甘々でラブラブ話なので(展開もお約束で直球)
安心して読めました。

続編も出るみたいなので今から凄く楽しみにしてます。

高永さんのイラストも相変わらず綺麗で良かったです〜。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 るう 投稿日 2007/4/9
形式: 文庫
神官シリーズの続編。
前作にて、心が通じ合った主人公おふたり、羅剛王と神官冴紗のラブラブで熱々な様をこれでもか!と堪能できます。
控えめな冴紗のとまどいも恥じらいも、蹴り倒し押し倒す勢いの羅剛王の「暑苦しいまでの愛(笑)」には思わず赤面。けれどこれだけ求められたら幸せであろう…と(笑)
一応、隣国が攻めてきたりと事件が起こったりもするけど、それも何もかも、熱い二人を盛り上げるスパイスにしか過ぎませんね。
一番恥ずかしかった羅剛王サマのセリフ…
「清らかなこの唇におのが××をくわえこませてみたい」
うひーッ!(汗)

しかし、俗世間に疲れた心が、不思議と安らぐ作品であります。まだ続編が出るみたいなので、期待。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 活字中毒 投稿日 2007/11/26
形式: 文庫
前作は冴紗の視点から書かれていたけれど、今回は羅剛の視点から書かれてます。
難関を突破して無事カップルになれた羅剛…冴紗しか見えてねえ〜。
冴紗の服だけで3部屋分?ああ、もうどうにでもしてください。
冴紗は王妃と神官の一人二役で忙しいですけど、やっぱし羅剛しか見えてないかも。
めでたく婚礼の日を待つ二人に、虹の髪と瞳を持つ冴紗を奪おうと近隣諸国が戦を仕掛け、羅剛は王として決戦に望みます。
今回は冴紗が大活躍。もちろん、熱々のラブシーンも堪能できます!
現実世界がなんと言おうとファンタジーでは愛がすべてに打ち勝つのですわ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 るる 投稿日 2009/2/26
形式: 文庫
涙を流すほどでは無いですが、後半、受が攻にぶづけた気持ちが切なく胸に響きました。

物語は、BLならではのご都合主義も多少はあります。だからこそ、重苦しくならなくていいんじゃないのかなとも思う。

受の存在は、水戸○門のいんろう的なところがありますが、そこも好みです。また、そうでもしないと一冊には収まらないだろうし、BLとしては薄くなってしまうかもしれません。

前の巻での、お国の事情や攻の立場のせいで邪魔をせざるを得なかった側近の心情、ジレンマとかは、物語の焦点が攻と受に絞られている為、懇切丁寧には書かれていません。

その辺を、ご自分で物語から読み取って好きに解釈していくのも、小説を読む醍醐味では…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック