Amazon Kindleでは、 神国日本 ちくま新書 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神国日本 (ちくま新書) 新書 – 2006/4


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 216


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本は神国である。―誰もが耳にしたことのあるこの言説。しかし、われわれは、「神国日本」がいったい何を意味するのか、本当に知っているのだろうか?その展開を実証的にたどってみると意外な事実が見えてくる。たとえば、「ナショナリズム」を高揚させるイデオロギーと思われがちなこの思想も、中世においては、必ずしも、他国に対する日本の優越を説くものではなかったのだ。その他、天皇・仏教的世界観など、さまざまな観点より、古代から中世、そして近世・近代に至る神国言説を読み解く。一千年の精神史。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐藤/弘夫
1953年宮城県生まれ。1978年、東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。東北大学大学院文学研究科教授。専門は、日本中世精神史。実証的な文献読解をベースにしながら、当時の人間が生きた世界を深いレベルで捉えることを課題にした一連の仕事を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2006/04)
  • ISBN-10: 4480062955
  • ISBN-13: 978-4480062956
  • 発売日: 2006/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 29,911位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/4/18
形式: 新書
中世日本思想の史料を再検討することで、「神国」概念をめぐる通念(と言っても、日本史大好きな著者が考えているほど一般的な言葉でも発想でもないと思いますが…)を根本的にくつがえし、新たな「神国」像を提示する本です。著者のわかりやすい説明と軽い語り口が絶好調で、すらすら読めます。

多くの場合、天皇を中心とした排他的国粋主義、「蒙古襲来」を契機として盛り上がったウルトラ・ナショナリズムとして理解されてきた「神国」思想。こいつは事実誤認の幻想だ、と論じられます。キーとなるのは中世日本を席捲した「本地垂迹」の思想、すなわち、日本の神様たちは国の外に超越的に存在している仏・菩薩様たちが、ありがたくも姿をかえて出現した下さったものである、という観念です。「神国」といっても、それは外部の「仏教(法)」を排除して成り立つ我が国主義のナルシシズムなのではなく、むしろあくまでもワールドワイドな畏怖すべき「仏法」を前提とした上での、自国文化の独自性の主張だったらしいのです。天皇にしてみても、古代とちがいお国と同一視されるような絶対的な存在だったのではなく、中世では、摂関家や大寺社の利害調整がスムースにいかなくなったり、あるいは対外的な危機が訪れたときに、「神国日本」のとりあえずのシンボルとしてかつぎ出されていたにすぎなかったようです。

お国自慢のナショナリズムは、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スカイ・ブルー・スカイ 投稿日 2006/9/28
形式: 新書
「神国」というと自国の絶対的優越を説く排外的ナショナリズムとすぐ結びつけてしまいますが、著者の案内によって中世の源流まで辿りますと、全く異なる世界が見えてきます。丹念に文献を読みこなし、実態に即して全体像とその変遷ををつまびらかにしてゆく語り口は誠実そのもの。
その成果といってよいかと思われますが、基層信仰としての神と普遍信仰としての仏を対置して日本宗教を見る図式の危うさにも気づかされます。
また文章もよくこなれており、稀に見る良書と思います。

今日、脱イデオロギーの時代といわれますが、なお左右の政治的イデオロギーが先に立ち、イロメガネを外すことができない人たちが、とくに読書好きのインテリにはまだまだ多いようです。それは生理的ともいえそうですが、まずは実態と真摯に向き合うことが大切でしょう。「日本」を知るために、政治的予見抜きに、是非読み込んでいただきたい一冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ビブリオン VINE メンバー 投稿日 2006/4/14
形式: 新書
 題名だけからだと誤解されるように、「神国日本」は、政治的な言葉になっています。しかし著者は、左右のイデオロギーの幕をかき分けて、文献から古代から中世への神観念の変遷を実証的に考察しています。また精神史では、当時の一学者の意見を、その時代の人々の考えと見なす無謀なことをよくします。しかし著者は、残存資料から、その資料周辺の熟読を通して、当時の民衆の宗教意識に肉迫しようとしています。

宗教現象学のエリアーデ風な概念や枠取りが底に感じられます。従来政治史から見られていた「神国思想」を、宗教史の、またコスモロジーの枠内で再度見定めており、中世民衆の宗教意識が新たな光で明るみにされています。

古代では、記紀の神々の序列を重視されて、神国の中から仏教思想の要素を排除する世界観でした。それが中世では神々がその序列を超えて各々上昇独立し、それらと仏の国とが共存できる世界観になっていきました。

次に神国思想は、通説のように仏教の辺土末法思想の克服から生まれたものではありません。逆に神々は、仏の垂迹であり、神々の上に仏がおられる構造になりました。これは仏教の日本への土着化と考えるべきことです。

さらに蒙古襲来時の政府の対応から推論されている神国思想を民衆を国家に動員するイデロギーとして使ったという通説も、支配秩序
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Coffey man トップ1000レビュアー 投稿日 2008/7/23
形式: 新書
 神国思想が論じられる場合、それを容認するか否定するかというスタンスが先
にたち、読む前から話が見えている著作が多く、しかもあまりにも底が浅く、
客観的情報が少ないことから、この手の書籍を手に取ることはありませんでした。
しかしかく云う私自身も日本=神国の主張が実際いかなる論理構造、歴史的背景
についての知識は皆無でした。

 本書は神国思想をあれこれ評価する以前に、神国思想そのものの内容分析に、
腰をすえて正面から取り組んだ意欲作です。本書の下敷きとなったのは著者に
よって1995年に発表された論文だそうです。切り口としては今読んでも斬新で、
多くの示唆に富んでいると感じたのですが、当時の専門の研究者からは完全な
無視と黙殺をもって迎えられたそうです。その話だけでも自国の思想・文化史に
ついて日本の研究が停滞していることが窺われます。これは研究者たちの果たす
べき役割を放棄した怠慢ともいえるのではないでしょうか。

 内容は、停電で真っ暗な部屋でいきなり蛍光灯がついて目の前が開ける感じです。
日本の神々と仏教、儒教の関係性が実に分かりやすく論じられている反面、
ハードカバーの学術書にしても遜色のない密度をもっています。もしあなたが
日本人と神の関係性について一歩引いて、冷静に考えてみたいと思うなら必読の書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック