Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
社会を生きるための教科書 (岩波ジュニア新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

社会を生きるための教科書 (岩波ジュニア新書) [新書]

川井 龍介 , matsu(マツモト ナオコ)
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 886 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

社会を生きるための教科書 (岩波ジュニア新書) + 経済の考え方がわかる本 (岩波ジュニア新書)
合計価格: ¥ 1,772

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

不況だけど、入試も就活もがんばる君。でも、一人暮らしの準備は大丈夫? 税金や年金はどこに払うの? 払わなかったらどうなる? 控除ってなんだ?もし病気になったら、もし変な勧誘にあったら…? 学校では習わないけれど、社会を生きていくために本当に必要な知識がある。不安な時代だからこそ、自ら考え、生き抜く基礎力を。

内容(「BOOK」データベースより)

学校では教えてくれないけれど、社会人になると必要な知識が、実はたくさんあります。アパートの契約から、税金や社会保健の手続き、労働条件の確認に結婚や子育て、親の介護や生命保険、お金の管理などなど…。ややこしいけれど、まずはこれを読んで、自立のための心構えをしておこう。

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2010/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4005006477
  • ISBN-13: 978-4005006472
  • 発売日: 2010/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 49,574位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 大人になるための第一歩 2012/9/25
By エス
形式:新書|Amazonで購入
大人が何とかしてくれるから、子供は知らなくても済んできたことが、ざっくりとまとめられた本。1章から3章までは、労働法・税法・社会保障法にそれぞれ対応。4章以降は、少し実践的(?)な内容だ。例えば「敷金・礼金」なんて言葉、大学時代一人暮らしをしたことのない人はきちんと分かっていなかったりする。

最後の方で、新聞を読め、という話が出てくる。他の人も指摘しているけれど、著者は他のメディアを批判的に見るように言っておきながら、どうして新聞だけはそっくりそのまま受け取れるんだろう。むしろ、今一番信用できないメディアじゃないか。
このレビューは参考になりましたか?
14 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 清高
形式:新書
1.内容
学校の教育ではあまり教わらないが、生きていくうえで必要な知識をまとめた本。
2.評価
イラストがよく、知識もそれなりにあり、大人の私が読んでも面白く、そんなに難しく書かれているようには感じなかった(高校生のレビューを見てみたい)。抽象的で申し訳ないが、高校生や大学生が取り掛かりとして読むのにいい本だと思う(詳しくは他の本も買って読んだほうがよい。オススメの本があるとありがたかった)ので星5つとするが、第7章は若干疑問。新聞の記事の信用性も疑うべきという趣旨の記述が見当たらなかったからだ。著者が元新聞記者だからだろうか?
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック