Amazon Kindleでは、 社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
社会の&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【帯付】【保障付】ほとんど使用感が無く、非常に綺麗な状態です。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書) 新書 – 2011/2/19

27件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 245

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書) + 政府は必ず嘘をつく  アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること  角川SSC新書 + 沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
合計価格: ¥ 2,527
ポイントの合計:  79pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


【期間限定】本のお買い得セール
「もしドラ」ほか、人気タイトルが今なら20%OFF。 対象商品をすべて見る

商品の説明

内容紹介

メディアが流す情報を鵜呑みにしていては、社会の真実は見えてこない。9・11以後のアメリカで、人々の恐怖心と競争を煽ってきたメディアの実態を実際に体験し、取材してきた著者が、「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。同時にそこにこそ〝未来を選ぶ自由〟があると説く。

内容(「BOOK」データベースより)

メディアが流す情報を鵜呑みにしていては、社会の真実は見えてこない。9・11以後のアメリカで、人々の恐怖心と競争を煽ってきたメディアの実態を実際に体験し、取材してきた著者が、「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。同時にそこにこそ“未来を選ぶ自由”があると説く。

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/2/19)
  • ISBN-10: 4005006736
  • ISBN-13: 978-4005006731
  • 発売日: 2011/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

63 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ストリング 投稿日 2011/3/7
形式: 新書
本書の帯に「すべてはあなたからはじまる!」と書かれているように、
本書はまさしく「溢れる情報に惑わされず、自分の意見をもち、発信することの大切さ」を説いています。

著者は「ルポ 貧困大国アメリカ」で有名ですが、本書では主にアメリカの事例を取り上げて、
メディアの情報に振り回されずに自分自身で真実を見つけることでどのように社会を変えてきたのか、ということを述べています。

私が最も考えさせられ、また同世代の若者たちに伝えたいと感じた部分は、AARP(全米退職者協会)について述べている部分です。
彼らのような退職者は“選挙に行くこと”が政治参加であるとは全く考えていないとのことです。
本当に大切なのは選挙の後、“政治を手綱をつないでおくこと”なのです。
いま、若者の投票率の低下が声高に叫ばれていて、確かに問題ではあります。
しかし、本当に大切なことは様々なところから情報を集めて、自分の意見に昇華して発信し、政治を監視することではないでしょうか。

若者よ、“すべてはあなたからはじまる”のです。
閉塞された世の中に、自分自身のできることを見つめなおし、勇気づけてくれる一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 vatmideo 投稿日 2011/2/28
形式: 新書
著者は主として米国で取材を続けるジャーナリスト。そのため本書で紹介されるほとんどの事例は米国のものです。したがってタイトルから期待していた私の「ものの見方」の向上よりも、米国の国内政治におけるしたたかさの「お勉強」をしているように、最初は感じていました。
しかし最後まで読み通すと、日本の事例と共通するものも見えてきます。メディアリテラシーの必要性や自分なりの見方・考え方を持つ必要性が示されています。むしろ場当たり的な日本の政策よりも巧妙で戦略的な米国の施策の方がストーリーになるとさえ感じました。
かなり丁寧に書かれているので、なかなか結論が見えてきませんが、興味深い問題提起と解決策が示されていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kurokori 投稿日 2013/4/23
形式: 新書 Amazonで購入
本書は4章から構成されており、それぞれ「戦争の作りかた」「教育がビジネスになる」「メディアがみせるイメージはウソ?ホント?」「社会は変えられる」というタイトルがつけられている。本書の非常に面白いところは、第1章と第2章でメディアがいかに信用できないものかを暴き、第3章でメディアとの構造と付き合い方について論じ、最終章ではメディアに踊らされずに社会に接する方法を説くというストーリー構成にすることで、読む者にただ「面白い」と思わせるだけでなく、実際の行動を起こさせる力があるところだ。

本書は普段テレビやインターネットの様々なメディアを通じて社会を「知った」気になっている我々に、いかにメディアから得られる情報が限られたもので作為的な偏向報道であるか、我々が知っていたと思っていた世界の裏側で起こっていたを教えてくれる。アメリカが戦争を起こしたがる背景にある様々な利害関係、そこに巻き込まれたアメリカの教育改革、筆者が「経済徴兵制」と名付けた驚くべき構造は、間違いなくメディアに頼っていては見えない真実があることの証左になるだろう。あるいはウィキリークスに対する世界の対応を客観的に分析する中で見えてくるメディアの「偏り」にも、複数のメディアを比べることの重要性、メディアという道具に振り回されずに「自分の頭で考える」ことの意義に気付かされる。

最後に、第
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/2/27
形式: 新書
■戦争、教育など、日本のメディアでは伝わっていない実態が
 この本を通じて知ることができます。

■「社会の真実の見つけかた」という書名につられて買いました。
 「見つけかた」についてはあまり触れられていませんが、
 十分に元がとれる本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 one-puka-puka トップ500レビュアー 投稿日 2014/6/3
形式: 新書
岩波ジュニア新書は好きです。
社会の様々な出来事に対する「ものの見方考え方」を平易に理解できるシリーズですから。
中学生の娘にも、このシリーズから読書するように薦めています。

本書は「社会の真実の見つけかた」という表題になっていますが、現代アメリカの社会問題に
ついて論じられています。
日本のマスコミでは全く語られないアメリカ社会の実態、巧妙かつ冷徹な「笑顔のファシズム」
の実践例が良く分かります。
特に、構造的な貧困状態を作り出し、経済的な誘導によって、アメリカ軍にリクルートする仕組
みや州規模で競合させつつ教育を操作する方法は「みごと」としかいいようがありません。
それも「自由」「自己選択」という衣をうまくまとわせ、「自分の人生は自分で選択した。だから
結果は自己責任だ」と演出する方法はアメリカならでは。
堤氏の著作では、もう一つ「(株)貧困大国アメリカ (岩波新書) [新書] 」も分かりやすくお薦め
です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック