通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
知の編集工学 (朝日文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 本の石渡屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ’05年第2刷発行。お品物に真心を添えてお手元にお届けいたします。カバー付。帯は無いです。特筆するほどの傷、破損、破れ、汚れ,書き込み等無く、概ね良好な状態ですが、あくまでも中古品である事はご理解くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

知の編集工学 (朝日文庫) 文庫 – 2001/2

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 189
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 知の編集工学 (朝日文庫)
  • +
  • 知の編集術 (講談社現代新書)
  • +
  • 多読術 (ちくまプリマー新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自分も世界も編集できる。インターネット時代の考える技術初公開。ネットワーク社会の最先端を担う知のファクトリー、編集工学研究所を率いる著者が、来たるべき知識会社に向けて秘蔵の情報術を公開するハイパーマニュアル。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

ネットワーク社会の最先端を担う知のファクトリー、編集工学研究所を率いる著者が、価値ある情報の発見と発信のためのノウハウを公開。言語や記憶の秘密から知の快楽まで、来たるべき知識社会に向けての必須の情報術を説く。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 346ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022613254
  • ISBN-13: 978-4022613257
  • 発売日: 2001/02
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,730位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 著者の捉える「編集」は、一般的な「本を編集する」などの意味とはだいぶ異なる。著者は「編集」を、人間だれもが生活で行っているものとして、捉えている。それは、世の中に溢れる情報を頭の中で整理したり、他の人とコミュニケ-ションをとったりといったようなことだ(もちろん、それはごく一部にすぎない)。
「編集工学」とは、ごくかんたんにいえば、そうした人間の生活が編集作業をする方法やシステムを探っていくというものだ。たとえば編集技法にも「収集」から始まって、「創造」にいたるまで、64に細分化されている。この本の中には、モノゴトの分類分けがよく出てくる。
 また、その編集工学の支えとなる、知識の量も膨大である。マルチメディア発達の場についてなど、物語のプロトタイプや理系・文系といった枠を超えたバックグラウンドの数々が披露される。編集というものに興味がない方であっても、教養を得ることができる(それも編集の一部)。
 読んでいてとくに驚いたことがふたつあった。
 編集工学ということをなぜ、著者が考えるようになったのか、その動機が意外なまでごく個人的な体験から来ているものだったということだ。
 そして、そのごく個人的な体験から編集工学を体系化するまでの間に、著者が行ったエクササイズの全貌だ。ぼおっとしていると頭の中に浮かんでくるモノやコト(情報の断片)
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
松岡氏が考える「編集工学」について、
 ●氏がこれを研究するに至った動機
 ●『編集工学』の内容
について書かれています。

「編集工学」では「述語的であることを重視する」と言うように(?)、「ある語句の説明がまた別
の未説明の語句で説明される」という調子で分かりにくい表現が多々あります。

  例えば、
  「私は、何かによって『保存』され何かによって『関係』させている当体を、私の造語で
   『エディットリアリティ』と呼んでいる。すなわち『編集的現実感』というものだ。
   (P172)」
  と重要なキーワードが提示されますが、内容が分かりにくい。読み進めると、100ページ
  後に、
  「『エディットリアリティ』を厳密に定義することは難しい。厳密を超えている概念
   であるからだ。しかし、三つの特徴がはっきりしている。第一に、『エディットリアリ
   ティ』は主語的でも対象的でもないということだ。第二に、『エディットリアリティ』
   は述語的に広まり、述語的につながっていくということである。・・・・」
  という調子である。

  もう少し分かりやすく編集して欲しかった(
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/11
形式: 文庫
数多く出ている著者の編集工学の本の中でも一番簡単に まとめて書かれている本です。 そして一番本業(編集工学そのもの)について書かれている本なのではないでしょうか? ただし文庫の為、膨大な編集工学の項目一つ一つを読み解くことは難しく、分厚い本で一項目に一章を費やすか、 一項目について一冊くらいのボリュームがちょうど良いと思います。 しかし、これだけ見ても編集工学の一端しか知ることが出来ません。 自分の中で編集を繰り返しながら、もう一度基本に立ち帰ってみるときにちょうどいい本かもしれません。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
非常に面白く興味深い内容です。ただ,少々難解なので,時間をかけて読むようにしています。作者の知識の広さに感服しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/18
形式: 文庫
 文庫新刊(帯付)で購入していたものを先日まで放っておいて、黄ばんだ本書を今に至ってさっと読み終えた。
 編集工学の入門書、編集工学研究所なるものへの案内、知の編集学的解明とも云えるものの、わたし的にはいい意味で著者の自著解説のような気がした。それぞれの著作にはちょっと取り付く島がないような気がしている読者には、著者自身が編集されたと云うように松岡正剛入門になるのではないか。
 理系文系の話で云うと、どちらかか、どっちともか、それぞれ両方か、それらのいずれかになってしまう知の議論のそれらそれぞれに何か居心地の悪い、偽物のような気にされられているし、本書にもまだまだという気がしないではないものの、それらすべてを網羅している、少なくともしようとしている事は理解できるようで、知の全体像、基礎構造が説明されている、されようとしているとは云えよう。
 個人的には知の総体の話に、普通は一顧だにされない「直観あるいは啓示によるもの(vision) 宗教的世界、ヴィジョン、虫の知らせ、夢、トランスワールド」(184頁)とあるだけでも救われたような気がするのである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック