Would you like to see this page in English? Click here.

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
目で見るグリム童話 (ちくまライブラリー (97))
 
その他のイメージを見る
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

目で見るグリム童話 (ちくまライブラリー (97)) [単行本]

野村 ヒロシ
5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)

出品者からお求めいただけます。



キャンペーンおよび追加情報


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

一枚絵は古くからある、庶民のための絵入り新聞のようなものです。いばら姫、赤ずきん、蛙の王様、灰かぶり、白雪姫などのグリム童話を美しいカラーの一枚絵で紹介します。読みやすい翻訳付きの16話。

登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 筑摩書房; 初版 (1994/01)
  • ISBN-10: 448005197X
  • ISBN-13: 978-4480051974
  • 発売日: 1994/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.7 x 12.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 490,370位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 kwckyhm
形式:単行本
日本でグリム童話を挿絵つきで読もうとすると、どうしてもアニメっぽいものか、良くて日本人が想像で描いたものになってきます。
この本には19世紀の「一枚絵」という、ひとつの物語が一枚の印刷物に絵物語のような感じで描かれたものが載っています。全てカラーで、ひとつの一枚絵を4ページくらいかけて紹介しています。一枚絵の歴史も少し載ってます。
どれも一回くらいは絵本で見た話なのですが、緻密なペン画で見ると新鮮で見飽きません。
私としては、ストーリーはあらすじ程度でもいいからもっとたくさんの一枚絵を大きな本で見てみたい!でも値段の割には楽しめる本だと思います。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 一枚絵の魅力 2011/10/2
投稿者 ちりん屋
形式:単行本
19世紀、ドイツのミュンヘンなどで流行した美しい一枚絵。
その中でも、特にグリム童話にちなんだものが掲載されています。

まず全体が、それから細部がお話の内容とともにアップされ、
とても細かく美しい作品を堪能できます。

全部で16作品。
完訳のお話も掲載されています。

大人になったからこそわかるグリム童話の持つ
奥深さを、美しい絵とともに味わうことが出来ます。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック