Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 1

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫) [文庫]

中田 永一
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (31件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 617 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー ¥ 1,512  
文庫 ¥ 617  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫) + 吉祥寺の朝日奈くん (祥伝社文庫) + 死者のための音楽 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
合計価格: ¥ 1,852

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

〜せつない恋心が感動を呼ぶ永遠の名作、遂に文庫化!/凄い! このありふれた世界からいくらでも新鮮な物語を掘り出すね。−映画監督・岩井俊二/どれも若い世代の淡い恋愛感情の芽生えを描き、繊細ながらもユーモラスで、叙情的でありながらコミカル。ぎゅっと抱きしめたくなるような、愛おしい作品ばかりだ―ライター・瀧井朝世〜

「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。
「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった……!」 
恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

内容(「BOOK」データベースより)

「人間レベル2」の僕は、教室の中でまるで薄暗い電球のような存在だった。野良猫のような目つきの美少女・百瀬陽が、僕の彼女になるまでは―。しかしその裏には、僕にとって残酷すぎる仕掛けがあった。「こんなに苦しい気持ちは、最初から知らなければよかった…!」恋愛の持つ切なさすべてが込められた、みずみずしい恋愛小説集。

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2010/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 439633608X
  • ISBN-13: 978-4396336080
  • 発売日: 2010/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (31件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 23,479位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
26 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 無垢な少年少女たち 2010/10/2
投稿者 phys
形式:文庫
装丁が美しく、目について購入しました。
初めて読む作家さんですが、どうやら新人の方らしいです。
(みなさんのレビューからすると覆面作家?)
短編ごとの感想を。

『百瀬、こっちを向いて』
幼馴染の先輩に頼まれて、強気な女の子百瀬と恋人のフリをすること
になった主人公ノボル。「偽装恋人」から恋が始まります。二人の心
に芽生えていく感情。その移り変わりがたまらなく愛しいです。叙情
的で端正な語り口、ひらがな交じりの文体が穏やかな気持ちにさせて
くれる作品でした。

『なみうちぎわ』
海の事故で植物状態になった少女が、五年の歳月を経て目覚めた場面
から物語は始まります。回想から、少年の家庭教師をしていた彼女が
事故に至るまでの経緯が少しずつ明らかになり、見えてくる真実…。
伏線の引き方も上手ですし、ライトなミステリーという印象でした。
静かで、情景が浮かぶような描写力に脱帽しました。

『キャベツ畑に彼の声』
親戚から貰ったテープ起こしのアルバイトを通して、国語教師の覆面
作家としての顔を知ってしまった少女の物語。これは伏線の巧妙さに
唸りました。そして何よりキャベツ畑の
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 後悔 2011/12/8
投稿者 CO 殿堂入りレビュアー
形式:ハードカバー
もう後悔しかない。
この作品は派手ではなく、不幸でもない、どちらかと言えば地味で、なお且つ強いて言えば幸福な作品が詰まっています。

学生時代にこの本を読みたかった。
中田永一さんのようにありふれた日常の中に温かいエッセンスを見いだせなかった自分が悔しい。

この本を全篇読めば間違いなく、日常の見方が変わってくる。
その一瞬は一度しか訪れないことを、改めて痛感させられた一冊。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 恋愛モノが苦手な人にこそ 2014/6/26
投稿者 黒丸
形式:文庫
乙一の別名義による恋愛小説集。全部で4つの作品が収録されているが、乙一は言うまでもなく短編の名手なので、どれも当然のように水準以上の出来栄えである。
収録作品の特徴をあげるとすれば、どの作品の主人公も恋に不器用だったり消極的だったりするという点だろう。表題作「百瀬、こっちを向いて。」を例にとると、主人公の男子高校生は自称「人間レベル2」で、校内のヒエラルキーの底辺に位置し、当然自分は恋愛とは縁のない人間だと思っている。そんな彼があるきっかけから同級生の少女を好きになりーーというあらすじなのだが、ようするに、いわゆる非モテ/非リア充の読者にとってとても読みやすい恋愛小説になっているのだ。これは、作者がもともと非モテ/非リア充的な感覚を持った人だというのが大きいだろう(文庫版「GOTH」あとがきに、高専時代、友人がひとりもいなかったという記述があるくらいだ)。
というわけで、私は本書を、恋愛至上主義的な価値観が嫌いで、恋愛を描いたフィクションも苦手、という人にこそおすすめしたい。恋愛モノも悪くないじゃん、と思える可能性は大いにあると思う。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 学園ラブコメディー漫画のよう 2008/12/17
投稿者 ぽにょ。
形式:ハードカバー
恋愛小説というと、普段はあまり手を出さないことが多いのだけど、シンプルな装丁に惹かれて買ってみた。
表題作「百瀬、こっちを向いて」をはじめ、ちょっと変な設定の物語が4編収録されている。
ひとくせある登場人物たちが、恋愛に芽生えてゆく心境を、優しく描かれている。
まるで漫画を読んでいるように、情景が浮かぶ物語ばかりで、読後感はとてもよかった。
個人的には、4編目の「小梅が通る」に打ちのめされた。
「恋愛小説はちょっと・・・」という人にも、ぜひ一度読んでもらいたい。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 メレンゲ
形式:文庫
表題の百瀬…は序章に過ぎない。
「なみうちぎわ」の切ない気持ちとひたむきな愛情のストーリー展開、
「キャベツ畑に彼の声」のイケメン先生の秘密、
「小梅が通る」の悪ガキ少年とブスを装う美少女の恋愛など、読むうちに止まらなくなる。
「百瀬、こっちを向いて。」が映画化されたのは、ぴったりのモデルである早見あかりの存在も大きいと思われる。
美少女と美男子に翻弄される一般男子の淡い恋という病に、中田永一は薬を出すのではなく、甘酒を出すような
体にやさしく、現実に直面させるような手法を取る。
だから、読者も勇気づけられる。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 青春!
と、陳腐に叫ぶわたしは年を取ったせいかも知れません。でも、こんな時代を生きてきたんだよな。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: くまにこ
5つ星のうち 3.0 イマイチ
映画化されたものだから、期待をしていたが、期待はずれだった。悪くはないが、好みのストーリーではなかった。ほおずきの花ことばを知れたのは良かった。
投稿日: 2か月前 投稿者: ゆかりん
5つ星のうち 4.0 まあ、こんなもんかな〜?
もう一捻り欲しかったかな????????????????????
投稿日: 4か月前 投稿者: 松本伸一
5つ星のうち 3.0 終わり方も4編それぞれ特徴あり
映画原作を含む4編の恋愛小説集。
様々なシチュエーションで、切なくなる色々な恋愛関係が描かれる。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: fine teacher
5つ星のうち 4.0 少女マンガ好きにはたまらない
少女マンガのような設定で、登場人物ひとりひとりが一生懸命
生きている瞬間を切り取ったような短編集。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: maru
5つ星のうち 4.0 オムニバス映画にして欲しかった
他の方のレビューにもありましたが、表題作よりも、他の三編の方が面白かったです。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: ニワコ
5つ星のうち 4.0 とても綺麗でした。
最近は新装丁で書店にも出ているようですが、注文をしたタイミングでは書店で見かける事が出来ず、注文しました。
きれいな状態でしたので満足しております。
投稿日: 7か月前 投稿者: 加藤 明
5つ星のうち 4.0 短編ながら1つ1つがただの恋愛要素のストーリーだけで終わっていない。
カスタマービデオレビュー
長さ: 2:32 分
投稿日: 7か月前 投稿者: ouri
5つ星のうち 3.0 中田永一さん
中田永一って、「乙一」の別名のペンネームなんですね。
私も、新人なのかと思いました。
投稿日: 7か月前 投稿者: 雲のように生きる
5つ星のうち 5.0 瑞々しい恋愛短編集
正直、短編集はあまり好きではありません。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: さーくん
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック