¥ 1,360 + ¥ 350 関東への配送料
在庫あり。 販売元: サウンドパック

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,440
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: disc-marron 新品のみ出品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白い暴動

5つ星のうち 5 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,836
価格: ¥ 1,360
OFF: ¥ 476 (26%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サウンドパック が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ザ・クラッシュ ストア


よく一緒に購入されている商品

  • 白い暴動
  • +
  • サンディニスタ!
総額: ¥3,572
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1999/11/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • 収録時間: 35 分
  • ASIN: B00005G4A8
  • EAN: 4988010780920
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 142,916位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ジェニー・ジョーンズ
  2. リモート・コントロール
  3. 反アメリカ
  4. 白い暴動
  5. 憎悪・戦争
  6. ワッツ・マイ・ネイム
  7. 否定
  8. ロンドンは燃えている!
  9. 出世のチャンス
  10. ペテン
  11. 反逆ブルー
  12. ポリスとコソ泥
  13. 48時間
  14. ガレージランド

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

クラッシュの名盤中の名盤がリマスターで登場。たとえ時代の移り変わりがあったとしても、苛立ちを抑えておけない10代のハートには、この音の塊はグサグサと突き刺さるだろう。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
10代で聴いたあの体の震えは未だにはっきり覚えている。
UK盤が初めてだったからこっちの方が思い入れがある。
しかし反逆ブルーは歌詞が載ってないし、出だしのジェニージョーンズ
がかっこいい。リモートコントロールが意外にいい。
当時NHKでパンク特集やってて偶然見たが、上下黒の服にハイカットのコンバースを履いていたジョーが、ワッツマイネームとガレージランドを寝そべりながら歌っていたシーンがやたらかっこよかった。ピストルズよりもかっこいいかもしれん!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/18
形式: CD
私もクラッシュに青春を捧げた一人です。
言うことなし、持っていて損はない作品。
なんとなく気持ちが晴れない日なんかに聴けば、
一発で気合が入ることでしょう!!!!
とにかくこれはもっていなきゃ。なにも語れません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/23
形式: CD
このCDに入ってるデビューシングル「白い暴動」はアルバムバージョンであり、非常ベルやサイレンなど元々入っていない!それが入っているのはシングルバージョンの方だ!!
ただし、US盤の方にはシングルバージョンが収録されている。UK盤とUS盤では、ジャケットは同じでも収録曲がかなり違っており、この日本盤はUK盤の方の曲順である。
CD時代になり、いまだUS盤の曲での日本盤は、発売されていない。(レコード時代には、パールハーバー’79として発売されているが・・・)クラッシュファンならどう考えてもUS盤の方が良いのにだ。
おかしくないか?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジョーストラマーは自らの音楽によって、いかにして大衆に思考させることができるのかを常に考えていたと思います。実際、中流階級出身のインテリでしたから、パンクはアティチュードだという発言、政治的発言、歌詞においても扇動的ではありましたが、戦略でもあったと思います。そして彼の信条には彼の兄が極右団体に属し、自殺を遂げたという体験が強烈な影響を与えたはずです。反米愛国を唱えながらもUS仕様のデビュー盤は彼(ら)なりのUS向けの内容であり、アメリカでレコードを売る事すなわち、自分たちのメッセージを伝える当然の戦略であったと思います。バディホリー亡き後のクリケッツが放ったヒット曲「I Fought The Low」のカヴァーが収録されていたのもそのひとつだと思います。そして彼は確かに自他共に認めるパンクロッカーでありましたが、一流ミュージシャンでもありました。歌唱力はそれほどではなかったかもしれませんが、このデビュー作では非凡なソングライターぶりが伝わってきます。セカンド、サードで本領を発揮しようと思ったのか、故意に分かりやすいメロディ作りやアマチュアバンドでも直ぐにコピーできるような演奏、ガレージサウンドを心がけたような気さえします。次作では早くも「Julie's Been Working for the Drug Squad」のようなまるで、黒人R&Bシンガー、リー・ドーシーが歌いそうな、...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック