中古品:
¥ 2,800
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料◆代引き・コンビニ・クレジットカード 他 対応◆国内正規品。レンタル品ではありません◆解説書付き。ケースにスレ等の使用感が見られますが、ディスクはキレイです◆Amazon配送センターから迅速丁寧に発送いたします◆お急ぎ便(プライム)対応◆Amazon専用在庫のため在庫切れキャンセルはありません
Amazon買取
最高買取価格

¥ 1,241
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

白い巨塔 劇場版 [DVD]


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:11¥ 1,907より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 田宮二郎, 東野英治郎, 滝沢修, 船越英二
  • 監督: 山本薩夫
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • DVD発売日: 2001/11/22
  • 時間: 150 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (15件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00005QYOW
  • EAN: 4988102659516
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 30,011位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   東教授(東野英次郎)の定年により、その後任選挙で揺れる大阪の浪速大学医学部。そんな中で野心家の財前五郎助教授(田宮次郎)は、東一派の妨害を巧みに交わしながら、ついに教授の座へ。しかし、そんな折り、彼は院内の医療ミス問題で訴えられてしまい……。
   医学界の派閥争いなどに罪をとった山崎豊子の同名小説を原作に、社会派の巨匠・山本薩夫監督が映画化した問題作。選挙のときは財前の敵だった者たちが、裁判になると医学界の権威のために一転して彼を弁護するなど、権力を巡る人間の醜さが徹底的に描かれている。モスクワ映画祭では銀賞を受賞。後に田宮は同原作のTVシリーズでも財前を演じて自身の当たり役としたが、その撮影終了直後に自殺を遂げた。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

山崎豊子の同名小説を山本薩夫監督が映画化。医学界の封建的な人間関係、派閥抗争などを、野望に燃える浪速大学医学部第一外科助教授、財前五郎を中心に描いた作品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

54 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 gz VINE メンバー 投稿日 2003/11/28
Amazonで購入
なんと、財前先生も、里見先生も、なんと、佐枝子さん(字あってるかな?)まで、みんな大阪弁です。
これが、新しいテレビ版との大きな差です。でも、浪速大学ですから、当然大阪弁ですわな。
今のテレビ版は、財前又一さんだけ、大阪弁にして、金の亡者みたいな演出を出してますが・・・。大阪弁のイメージって・・・。
それから、時代の差が歴然!
財前先生の愛人役の住まいが、新しいテレビ版は、ものすごく立派なマンションで、クラゲなんか飼っていますが、こちらでは、あみだ池荘というぼろアパート。しかも大阪のおばちゃんって感じ。
浪速大学附属病院は、古くて、天井低くて、昔こんな病院あったよね。手術中の患者がかぶっている帽子も、手ぬぐいだし、患者はみな着物。
財前産婦人科も、昔の産院という感じ。先生はランニング一丁だし。
40年前はこんなのだったのかとちょっとしたショックを受けます。
そういえば、約30年前、うちの近所の整形外科の先生もランニング一丁で診察してました。
日本も裕福になったものです。
時代の差を見るだけでも充分に面白い。
ストーリーは、前半のみで終了。もともと小説でも、第一審までしか、かかれていなかったのです。
ここでストーリーを書くわけに行きませんが、その結果に苦情が来て、後
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 小津川庸介 投稿日 2005/11/15
『白い巨塔』の映像化は、近年記憶に新しい唐沢寿明主演版で実に5回目となる。
この劇場版は、正編原作の連載終了の翌年に製作・公開された作品であるために、ラストは財前教授の勝訴で締めくくられた上、上映時間内で財前教授の渡欧シーンは全てカット、その渡欧期間中の出来事は全て、教授選で多忙を極める財前が患者の診療を怠り、死亡させてしまうという展開になっている。
人によっては、「展開が適当すぎる」「演技が下手すぎる」という意見もある劇場版だが、作者の山崎豊子の原作の雰囲気を1番忠実に再現しているものと断言する。原作全編を貫く重くおどろおどろしい、正に当時の「医学界の聖域」を思わせる雰囲気は、劇場版以後の映像作品を確認した上で発言するが、しっかりと再現されていない。展開は時間の制約によって原作と異なりはするが、脚本を手がけた橋本忍氏の力量を改めて確認することができるほど、逆にストーリーのテンポを良くし、全体を通してスリリングな雰囲気を醸し出すことに成功しているだろう。
僕は映像作品としての『白い巨塔』は断固として田宮版(劇場・TV版)を支持するが、唐沢版の一切を否定するワケではない。やはりそれぞれの作品には長所が必ずあるものなのだ。すなわち、田宮版(TV)にだって短所はいくらでもある。しかし、この劇場版に関して言わせていただければ、一切のムダは排除された、作品として
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 英樹 投稿日 2007/6/17
1978〜79年のTVドラマ版が高く評価されがちだが、自分はこの映画版が1番好きだ。テンポが速く、様々な登場人物が魑魅魍魎的に配置されているにも関わらず人間関係が分かりやすく2時間半の中にコンパクトにまとめられている分、1つの作品として完成度は高いと思う。白黒というよりは銀色に近い映像もシャープな雰囲気をいっそう出している。料亭や財前邸のセットも小奇麗でモダンな印象を受け昭和41年度芸術祭に参加した映画だけあると思った。 TV版を観てからだと単なるダイジェスト版にしかみえないという人が多いので、「白い巨塔」初挑戦の方はこの映画版を先に観ることをお勧めします。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 西岡昌紀 VINE メンバー 投稿日 2007/12/18
 私が研修医だった頃の事である。私が研修を受けたその大学病院には、皆から尊敬され、そして、大変畏れられて居た内科の教授が居た。中でも、その教授の回診は非常に厳しい事で有名であった。その教授は、回診の場で、研修医とその指導医を厳しく問ひ正し、時には厳しく叱責する事も多かった。その為、毎週、その教授が回診を行なふ前夜は、私達研修医は、夜遅くまで病院に残り、指導医と、翌日の回診の想定問答などを上の医師たちから試され、回診に備えるのが常であった。ところが、或る日、その教授が、理由は忘れてしまったが、患者の居ない場で、私達を叱責して、こんな言葉を口にしたのである。−−「回診と言ふのは、患者を安心させる為にやって居るんだぞ。」−−当時の若い私は、目から鱗が落ちる思ひであった。その教授が、毎週、回診を行なふ理由は、患者に、教授を含めた医師達の真剣さを見せ、患者を安心させる為だったと、その教授が言ったからである。この教授の言葉をどう思ふかは、人さまざまだろう。だが、今、私は、この教授の言葉を素直に受け止めて居る。そして、思ひ出して思ふ事は、大学病院の回診を大名行列と呼んで笑ふ人が多いが、それを求めて居るのは、実は、患者ではないのか?と言ふ事である。つまり、医者を偶像化するのは、患者の側であって、大学病院の教授回診には、患者のそうした願望に応じて居る面が少なからず有るのではないかと言ふ事である。この...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック