この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白いトロイカ (1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2002/4


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 350
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 40


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

著者について

■水野英子(みずのひでこ)
山口県、下関市出身。手塚治虫先生の大ファンとなり、小学3年生より漫画を描きはじめる。
1955年、雑誌「少女クラブ」8月号にカット2点、1コマ漫画1点でデビュー。翌年より西部劇「赤っ毛小馬(ポニー)」など本格的な作品の掲載が始まる。4月初め上京、手塚先生にお会いして大感激。1956年3月~10月まで、漫画家アパート“トキワ荘”に入居。石ノ森章太郎・赤塚不二夫両氏と、3人で合作の仕事をする。ペンネーム“U・マイア”。
代表作『銀の花びら』『星のたてごと』『白いトロイカ』『ハニー・ハニーのすてきな冒険』『ファイヤー!』(第15回小学館漫画賞受賞)など。さそり座。B型。

登録情報

  • 文庫: 224ページ
  • 出版社: コミックス (2002/04)
  • ISBN-10: 406360232X
  • ISBN-13: 978-4063602326
  • 発売日: 2002/04
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 288,238位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あずき 投稿日 2003/8/20
形式: 文庫
 水野英子氏は若手人気マンガ家の梁山泊と言われたあのトキワ荘唯一の女性住人であった。その彼女がロシア革命を下敷きに描いた作品。1964年当時の少女マンガはお涙頂戴の母子ものなどが主流だった。その中で、ロマンスを主軸にしながらも、こんな骨太の歴史物を描けるとは!その力量は今読み返しても充分読み応えがある!農奴の娘ロタ、実は両親は貴族で母は稀代の歌姫という本人も知らない秘密が。幼馴染のコサックのアドリアンは彼女を自分の命に代えても守ろうとするほどロタを深く愛している。そして革命を先導し、皇帝に反逆を起こす貴公子もまたロタを。歴史の渦に巻き込まれていく3人の運命は?この8年位あとに池田理代子の氏の『ベルサイユのバラ』が発表されたとき、水野氏の影響が確実に見て取れる。このように水野氏の後進作家への影響は多大なものがあるが、中途半端なお嬢さん芸のマンガ家が表面だけマネの出来るようなやわな世界ではない。池田理代子氏のよな歴史観やポリシーのある作家であってこそ影響を引き継ぐことが出来る。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック