Amazon Kindleでは、 発明マニア (文春文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 2,376
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
発明マ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

発明マニア 単行本 – 2007/3


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 905 ¥ 101


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

発明マニア + 打ちのめされるようなすごい本 + 嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)
合計価格: ¥ 6,357

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

米原万里的、ワンダーランド。絶筆の連載。究極の温暖化対策から日本人男性の誇りと自信向上計画、イビキ防止器具まで―この世の、あらゆる難問を解決する一一九の発明。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米原/万里
エッセイスト、作家、ロシア語同時通訳。1950年東京生まれ。59~64年、在プラハのソビエト学校に学ぶ。東京外国語大学卒。東京大学大学院修士課程修了。ロシア語の通訳、翻訳に従事する。92年、テレビの同時通訳により正確で迅速な報道に貢献したとして日本女性放送者懇談会賞を受賞。95年、『不実な美女か貞淑な醜女か』(徳間書店・新潮文庫)で読売文学賞、97年、『魔女の1ダース正義と常識に冷や水を浴びせる13章』(読売新聞社・新潮文庫)で講談社エッセイ賞、02年、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(角川書店)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2006年5月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 単行本: 493ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2007/03)
  • ISBN-10: 4620318051
  • ISBN-13: 978-4620318059
  • 発売日: 2007/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 4.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 27,771位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サトマン 投稿日 2007/4/14
形式: 単行本
 昨年 若くして、惜しまれつつ御亡くなりになった 米原万理さんの作品です。

 毒舌調のユニークな物言いが楽しい。そして何より米原さんの発送の豊かさに驚く。この作品は米原さんが晩年 サンデー毎日に連載していた時期をまとめたものだ。こんな発明ができれば面白いのにという想像をたくましくし、政治、環境などの問題解決の発明品などを披露する。

 安倍幹事長(現首相)の核問題への認識が足りないと、「洗脳機械」を発明するなど、兎に角面白い。

 米原さんが最後に残したこの 119の発明。是非お読みになって下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pharedebaleine 投稿日 2007/8/29
形式: 単行本
発明マニア、というタイトルは内容を表すにはちょっと安易かな、とも思いますが、著者の世の中を良くするためのアイディアがユーモアたっぷりに書かれており文章も分かりやすいためあっという間に読めます。

突飛なアイディアにも思えるものもありますが、よく読むと結構マジで考えているようでなんともオカシイです。

ユニークな視点は今の物作りに携わる人たちに見習ってほしい、ってのはオオゲサかな。

合掌
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Tochitli 投稿日 2012/3/9
形式: 文庫
米原さんが亡くなってから、彼女の本を読み終わってしまうのが惜しくて、ずっと読まなかった一冊。
とうとう読んでしまいました。
ほぼ最後のエッセイ「不眠症」について書いている箇所で、この連載が始まった時には、がんの告知がされていた事を知った。
彼女の晩年のエッセイは、初期の「通訳としての視点」から見た「言葉」や「文化」を抱腹絶倒で語っていたものとは明らかに違う。
政治に関する批判や意見が増えていった。
彼女が命を削ってまで考えていたのが日本の将来の行く末。
アメリカべったり(共産圏に住んでいた方だったから特にその思いは強いでしょう)の日本の政治を嘆き、小泉元首相を嫌い
余命を知りながら将来を憂い、何かをすざましいエネルギーで伝えようとしたその思いの強さには感心する。

昔のように素直に楽しめたり、笑えないのはもう彼女がいないから・・・

もちろん、そんな固い話ばかりではなく、元ローマ法王の一寸笑ってしまうようなエピソードなど、世界中のニュースを
くまなく読み、アンテナを張り巡らした米原さん
賢くって、ピリッとしたユーモアにあふれた彼女のような人はあらわれそうにない。

「新井八代(あら、イヤよ!)」名で書いた、挿絵も楽しめた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 fuka_edo_museum 投稿日 2007/6/30
形式: 単行本
毎日新聞社のビル(パレスサイド)に毎日かよっていたころは、買わずにすみ、
毎回楽しみに読んでいました。その後残念ながら読めなくなっておりました。

アライヤヨというペンネームで挿絵までかいていた、凝り性の
著者がサンデー毎日に寄稿したすべてをおさめたためあのようにぶあつく
なってしまったとあります。(妹さん)

「終生ヒトのオス... 」とならぶ集大成(magnum opus)!
モノの真贋を見極める鋭い目の持ち主だったえっ勝手りーな
こと米原さん。さようなら。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック