Amazon Kindleでは、 病気になる人、ならない人 その見逃せない法則 (SB新書) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

病気になる人、ならない人 その見逃せない法則 (ソフトバンク新書 47) 新書 – 2007/8/16


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 25


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容説明

病気にならないための心の習慣とは?
「病気になりやすい人」と「病気になりにくい人」の間には、見逃せない一つの違いがあった。日本の内視鏡・腹腔鏡下手術の第一人者として活躍してきた外科医が、患者と真剣に向き合う中でたどり着いた結論、「病気にならない生き方、心のあり方」を紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

「病気になりやすい人」と「病気になりにくい人」の間には、見逃せない一つの違いがあった。日本の内視鏡治療・腹腔鏡下手術の第一人者として活躍し、「心のあり方がガンの発症と治癒に大きな影響を与える」と主張する現役医師が、数千を超える患者と真剣に向き合う中でたどり着いた結論、「病気にならない生き方、心のあり方」を紹介する。

登録情報

  • 新書: 176ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2007/8/16)
  • ISBN-10: 4797342455
  • ISBN-13: 978-4087203462
  • 発売日: 2007/8/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 503,383位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イソップ 投稿日 2007/9/22
形式: 新書
著者の土橋さんは、長い間の外科医の経験から現代医療に疑問を持ち、
治療とは何か?、人は何故病気になるのか?と考えるようになります。
すると、ウイルス感染症の治療と一部の外科手術による除去治療以外は、
ほとんどの医療は、病気を治しているわけではないことに気付き、
これでいいのだろうかと、素朴な疑問を抱くようになったようです。

多数の症例から抽象された一般的な対処療法を、すべての人に処方する。
こうした十把一絡げの対処が、多様な個々人に当てはまることは希で、
外科手術による明確な病巣除去や、ウイルス感染症以外に対処する医師は、
患者の様子を見ながら、対処療法を重ねていく、これが西欧医学です。
つまり病気を治すのではなく、抽象的対処をしているだけだと言うのです。

それでは、抽出されずに捨象された個々人の事情はどうなっているのか?
実はここに、人が病気になる原因があり、治る鍵もあると考えたのです。
それは西欧医学の常識から見れば、数値的な根拠の乏しいものなので、
認められることは困難なことだと知った上で、彼は実例から考察を進める。
そして医学では治らないと診断された癌が治った実例を整理するうちに、
そこにいくつかの法則
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いちりんあん 投稿日 2008/7/28
形式: 新書
例えば乳ガンは、右にできたヒトの生活史や性格傾向が、

左にできたヒトのそれらとは違うのだそうです。

その共通性や法則性は、
ガンと診断される前のストレスの内容に大きな違いがあったそうです。

右乳ガンのヒトの傾向は、
現実的に物事を処理しようとする傾向、長年にわたって強いストレスを抱え込んでいた。

左乳ガンのヒトの傾向は、
ストレスを抱え込んでいた期間は半年から1年で左の方と比較すると長くありませんでした。
ストレスフルな時期に急速にガンが進行したようです。

このように目に見えないところ(こころのありよう)の傾向が、病気につながるようです。

「病気にならない」ためには、
この目に見えない「生き方」のフルモデルチェンジが必要なんだと・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Degawa Tetsu 投稿日 2007/11/9
形式: 新書
 西洋医学、特に内科は病気は治せないのが本当というのは素人には意外でした。
 西洋医学は「○○の原因はこれだから、これを除去すれば治る」という発想ですが、実は人によってそれが原因の場合もあればそうでない場合もあるそうです。そのように西洋医学が切り捨ててきたものの中にも実は重要なものがあるのではないかという内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック