Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 病気にならない生き方ミラクル・エンサイムが寿命を決める をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
病気に&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【発行】:2006年 【帯】:欠 【カバー】:良 【小口】:良 【他印】:なし 【破れ】:なし 【書き込み】:なし 【焼け,シミ】:経年により少々あります。 【備考】: ●丁寧に梱包して発送いたします。● ●当店では、迅速な発送を心掛けています● A315
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- 単行本 – 2005/7/8

170件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
  • +
  • 病気にならない生き方 2 実践編
  • +
  • 病気にならない生き方 3 若返り編 (3)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

出版社からのコメント

各界の著名人からたくさんの推薦の言葉をいただきました。
その一部をご紹介しますと……。

「政治家、経営者から絶大な信頼を寄せられている“伝説の外科医”、それが新谷先生です。本書を読むと、健康に対する考え方が一変します」――孫正義氏

「長生きの秘訣がどっさりと詰まった本でした。読むとかなりショックを受けますが、おかげさまで十年くらい寿命は伸びそうです」――野村克也氏

「近代文明の歴史は科学知識と技術力による人間の限界への挑戦でした。本書は新谷弘実先生の“人間の寿命の限界への挑戦”の貴重な記録です」――江崎玲於奈氏

「若さを保つコツと健康に生きる秘訣がギュッと凝縮された一冊ですね。『いまからでも遅くはない』という言葉に勇気づけられました」――三浦りさ子氏

本書に書かれている内容は、かなり衝撃的、いやセンセーショナルといっていいでしょう。いわく、牛乳は飲むな、マーガリンは捨てろ、緑茶の飲みすぎはダメ、薬はすべて基本的に毒……。説得力のある話の展開に、誰もがうなずくこと、間違いありません。

内容(「BOOK」データベースより)

医学が進歩しているのに、病人が増えるのはなぜだろう?全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える太く、長く、生きる方法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2005/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 464387046X
  • ISBN-13: 978-4643870466
  • ASIN: 4763196197
  • 発売日: 2005/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (170件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,383位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

732 人中、654人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Johannes 投稿日 2007/5/7
形式: 単行本
私も医者ですが、本書は人にはお薦めできません。

まず「死亡診断書を書いたことがないのが誇り」だそうですが、何も癌の再発がなくても人は必ず死にます。自分の患者の死に立ち会ったことがないということは、一人の患者を最期まで自分で診ていないということであって、医者としては別に褒められることではありません。
それに、救急やターミナルケアを盛んにやってる病院に勤めたことがあれば、どんな名医であっても死亡診断書を書かずにすますことは不可能です。そういう修羅場を経験せず内視鏡だけやって、たまたま見つかった進行癌の患者は部下や内科医に押しつければ、そりゃ死亡診断書を書かなくてもすむでしょう。

また、ミラクル・エンザイムは著者の仮説に過ぎません。多くの医者はそのようなものの存在を信じてはいません。なのに、これの存在を前提にどんどん話が進みます。仮説というものは使う前に、まず言い出した人が、その仮説が正しいことを証明するのが当然です。このような、ある説が科学的であるために必要な当たり前の手続きが、本書では一切踏まれていません。

本書に書かれていることが全部間違いというわけではありません。予防医学や生活習慣の改善が大切とか煙草は悪いとかいうことは、多くの医者も同意するでしょう。こういう正しいことも混じっているから、かえって信じやす
...続きを読む ›
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
679 人中、606人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 CHAOS 投稿日 2006/4/10
形式: 単行本
 「病気にならない生き方」にはホントとウソが巧みに織り交ぜて書いてあり,現在の常
識(定説)を否定している主張はすべて,事実によって検証されていないデタラメです.
 たとえば,「緑茶は胃ガンの原因になる」という主張の裏付けとして著者が示している
のは,「緑茶を多量に飲んでいる日本人に胃ガンが多い」という現象だけです.ポリフェ
ノールを含んでいる緑茶に胃ガンのリスクを下げる効果があるという期待を検証するため
に行われた大規模な調査研究では,一日に緑茶を飲む回数が多くても少なくても,胃ガン
の発生率に差は認められませんでした.期待していた予防効果は検証できなかったのです
が,たくさん飲んだからリスクが高くなるわけではありません.日本人に胃ガンが多いの
は,別の研究で検証されているように,食塩の過剰摂取が原因と考えるのが妥当です.
 また,「牛乳を飲むとカルシウムの尿中への排出が促進されて,骨粗しょう症の原因に
なる」という主張は,恒常性をねじ曲げた詭弁で説明しています.骨のカルシウムは常に
骨から外れて尿中に排泄され,食品から摂取したカルシウムに置き換わっています.実際
には,牛乳を飲んでカルシウムが吸収されて血液中のカルシウム濃度が上昇すると,一部
は骨に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
271 人中、242人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 HITSP 投稿日 2005/10/30
形式: 単行本
 いわゆる新谷式大腸内視鏡挿入法(フッキングザフォールド)のビデオを見て勉強した世代です。30歳代にしてすでに億万長者であった"彼"がこんなにもストイックな生活をしていたのか!と言う1種の驚きはあります。

大変面白い本ですが、気になる点がいつくかあります。その中で2点上げておきます。

★日本人の"胃相"が悪いのは"日本茶"のせいだ、としている点。
 胃粘膜萎縮の最大の原因は”ピロリ菌感染”によるもの、というのが現在の常識。日本人に”胃相”の悪い人が多いのは、米国と比べて日本ではピロリ菌感染者が非常に多いからです。日本茶(カテキン)のせいにするのは、いかがなものか?と思います。
 ピロリ菌が発見されたのは83年、研究が本格化してきたのは90年代。一方"彼"がこの理論を構築したのが70年代から80年代にかけて、と言うことを考えると、仕方ないかな、とは思いますが・・・。

★すべての病気が、あたかも"生活習慣に原因がある"かのような表現が目立つこと。本田三奈子も”生活習慣”のせいで白血病になったのか?ということになってしまいます。ちょっと極論過ぎますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
427 人中、373人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ことち 投稿日 2006/11/28
形式: 単行本
 本書は、無益ではなく有害である。それは「牛乳やヨーグルトが有害である」といった、いわば常識に反する主張をしているにもかかわらず、その論証のステップが全く科学的手法に沿っていないためだ。著者は「内視鏡医として30万人診てきたが、毎日ヨーグルトを食べている人に『腸相』の良い人は一人もいなかった」「余分なカルシウムは排泄される『そうだ』から、牛乳からカルシウムを摂取してもかえって骨粗鬆症になる」などの主張をしているが、全く荒唐無稽である。そもそも内視鏡医に受診する人は、最初から腸が悪いから受診するのであって、そのようなサンプルの人たちの中にも当然毎日ヨーグルトを食べている人はいるはずで、ヨーグルトを食べていようが具合が悪いのは当たり前である。ではヨーグルトを毎日食べていて、具合の良い人はどれだけいるのか。その点には全く触れていない。つまり統計的に全く無意味な主張なのである。『腸相』などという医学的に定義されていない意味不明の言葉も、論証には役立たない。(統計的考察に慣れていない人は「ダレルハフ」の名著「統計でウソをつく法」をお勧めする)『そうだ』という表現も医学者ならば医学書や文献によって事実を明確にすべき点を、出典も不明な伝聞形式で記述している。しかも排泄されるか否かは論証ステップの根幹であるにもかかわらずである。一事が万事で、本書の主張は全て数値的データや他の論文や研究成果の引用が...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック