通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 文藝書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 棚保管時のスレ・ヨレが少々ありますが、本自体のコンディションは良いと思います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 単行本 – 2013/9/25

5つ星のうち 4.4 64件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,380

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」
  • +
  • エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)
総額: ¥2,646
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

どうしてこんなに働かされ続けるのか? なぜ給料が上がらないのか? 自分は何になりたいのか?――人生どん底の著者を田舎に導いたのは、天然菌とマルクスだった。講談社+ミシマ社三島邦弘コラボレーションによる、とても不思議なビジネス書ここに刊行。「この世に存在するものはすべて腐り土に帰る。なのにお金だけは腐らないのはなぜ?」--150年前、カール・マルクスが「資本論」であきらかにした資本主義の病理は、その後なんら改善されないどころかいまや終わりの始まりが。リーマン・ショック以降、世界経済の不全は、ヨーロッパや日本ほか新興国など地球上を覆い尽くした。「この世界のあらたな仕組み」を、岡山駅から2時間以上、蒜山高原の麓の古い街道筋の美しい集落の勝山で、築百年超の古民家に棲む天然酵母と自然栽培の小麦でパンを作るパン職人・渡邉格が実践している。パンを武器に日本の辺境から静かな革命「腐る経済」が始まっている。
【著者・渡邉格(わたなべ いたる)から読者のみなさんに】
まっとうに働いて、はやく一人前になりたい――。回り道して30歳ではじめて社会に出た僕が抱いたのは、ほんのささやかな願いでした。ところが、僕が飛び込んだパンの世界には、多くの矛盾がありました。過酷な長時間労働、添加物を使っているのに「無添加な」パン……。効率や利潤をひたすら追求する資本主義経済のなかで、パン屋で働くパン職人は、経済の矛盾を一身に背負わされていたのです。
僕は妻とふたり、「そうではない」パン屋を営むために、田舎で店を開きました。それから5年半、見えてきたひとつのかたちが、「腐る経済」です。この世でお金だけが「腐らない」。そのお金が、社会と人の暮らしを振り回しています。「職」(労働力)も「食」(商品)も安さばかりが追求され、
その結果、2つの「しょく(職・食)」はどんどんおかしくなっています。そんな社会を、僕らは子どもに残したくはない。僕らは、子どもに残したい社会をつくるために、田舎でパンをつくり、そこから見えてきたことをこの本に記しました。いまの働き方に疑問や矛盾を感じている人に、そして、パンを食べるすべての人に、手にとってもらいたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

祖父と父の教え、田舎の自然の恵み、築百年超の古民家に棲みつく天然菌、丹精込めて作られた素材…すべてが一つになった、奇跡のパンの物語。お金中心の「腐らない」経済から、発酵を繰り返す「腐る」経済へ。「不思議なパン屋」が起こす、静かな革命。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062183897
  • ISBN-13: 978-4062183895
  • 発売日: 2013/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 64件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/11/13
形式: 単行本
そのパン屋は岡山駅から電車で2時間以上かかる山の中にあります。看板メニューが天然の菌でつくる「和食パン」で値段は350円という高価格。週に3日休み、毎年1カ月の休暇をとっていて経営理念は「利潤を出さない」こと。この不思議なパン屋がどのようないきさつから生まれたのか、どんな考えで、どのようにパンをつくっているのか。その答えを店主がまとめたのが本書です。

読んで驚いたのは、店主が経営学やマーケティングの定説を無視していることです。たとえば「差別化」を店主は否定します。自分の本当につくりたいものを追求すれば、おのずと作り手の個性を反映した商品になる。低価格を追求すれば品質が低下し、労働者の過重労働や搾取を生むのでやらない。消費者が求めているものを作って売るのではなく、自分が心の底から満足できる最高のパンを提供する。妥協することなく最高のパンをつくり、気に入ってもらえる人に適正な価格で提供する。自分たちの生活が維持できればそれでいい。店の拡大をめざさないから利潤はゼロがベストだ。山の中に店を開いた理由は、おいしい水と天然菌と良質の国産小麦が得られるから。地元でつくり地元で消費する。マルクス主義経済学を基にしたこのシンプルな考え方を貫いているところがすごいです。

開業からすでに5年、お客さんたちに支持されて店は地元にすっかり根付いています。その成功
...続きを読む ›
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
経済学と、発酵学と、起業論と、家族論、
この4つが同時並行で学べ、
それでいて、著者のじっくりと発酵した「思い」がこめられている
極めてスバラシイ良書です。

著者は
「資本主義のおかしな点は「腐らないおカネ」によって引き起こされている。」
「また資本主義というのは、生産方法を持たない労働者は時間を切り売りするしかなく、徹底的に資本家に搾取される。」

ということに、座学ではなく、自らの体験から気付いたとのこと。

ただ、その資本主義がいやでパン屋になろうとしましたが、
実はそれは資本主義のど真ん中で、その苦労が骨の髄まで染みます。

だから、そんな資本主義だったり、
利潤を追求するするだけのアンダーセラーズ(安売り業者)なんかに、
対抗するパン屋を実現させたくて今のパン屋を作った、
というメインストーリーです。

ただ、そのストーリーを
 ・現在
 ・起業前
 ・起業後すぐ
 ・学生時代
 ・プー時代
・・・
の各時代で、かつ時代を自由に行き来しながら(順番にはなっていない)
今の思想がカタチづくられた出来事を回想
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者は利潤の最大化をめざす資本主義を批判し、利潤を追求しないパン屋の経営を実践する。利潤は労働者をはじめ、人を搾取した結果だと信じるからである。しかし著者の利潤批判は的外れであるばかりか、自分自身こそ本当の意味での搾取に加担していることに気づかない。

著者が信奉するマルクスによれば、利潤の源泉は資本家による労働者の搾取だとされる。だがそれは間違っている。搾取理論の前提である労働価値説(商品の価値はそれを作るためにかかった労働時間で決まるという説)が間違っているからである。

マルクスを批判したオーストリアの経済学者ベーム=バヴェルクは、資本家と労働者は搾取・被搾取の関係ではなく、他の様々な商取引と同じく、自発的な協力関係にあると指摘した。

高度で複雑な製造過程で商品を作り、販売し、代金を回収するには時間がかかるし、そもそも売れるかどうかもわからない。だが売れるのを待っていたのでは、労働者は生活できない。そこで資本家が前もって賃金を支払い、その代わり将来利潤を得るのである。

著者は修行時代に働いたパン屋について、労働環境が劣悪だったとこぼし、それでもクビにされたら困るので「無茶苦茶に働かされても、文句のひとつ言うことすらできない」と書く。しかし著者自身が認めるように、やめる自由はあったし、実際やめる
...続きを読む ›
3 コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分の気持ちのままに行動して頑張っているパン屋さんの話です。

商品(パン)へのこだわりを持ち、妥協しない。
そして関係者全員が幸せになるために商売とはこうあるべきだと、
こういう心構えで働くべきだという内容が多かったです。

やはり、こだわりが強い分、苦労も並大抵ではなかったことでしょう。

田舎で週の半分ほどしか営業しないスタイルでやっていけているのは素晴らしいですが
誰もが同じような行動をとれるわけではありません。

個人的にはあまり参考にはなりませんでしたが、
自分の理想を実現している内容には勇気付けらる部分がありました。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック