Amazon Kindleでは、 生贄のジレンマ<上>: 1 (メディアワークス文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫)
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 生贄のジレンマ<上>: 1 (メディアワークス文庫) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫) [文庫]

土橋 真二郎
5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 637 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 472  
文庫 ¥ 637  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫) + 生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫) + 生贄のジレンマ〈中〉 (メディアワークス文庫)
合計価格: ¥ 1,890

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「今から三時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法もあります、それは生贄を捧げることです」卒業を間近に控えた篠原純一が登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室には登校拒否だった生徒を含むクラスメイト全員が揃っていた。やがて正午になると同時に何者かから不可解なメッセージが告げられる。最初はイタズラだと思っていた篠原たちだが、最初の“犠牲者”が出たことにより、それは紛れもない事実であると知り…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

土橋/真二郎
『扉の外』で第13回電撃小説大賞“金賞”を受賞し作家デビュー。極限状態に置かれた登場人物たちのリアルな心理描写に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 342ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2010/9/25)
  • ISBN-10: 4048689320
  • ISBN-13: 978-4048689328
  • 発売日: 2010/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (14件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 266,527位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 最後まで読んだ感想 2012/8/27
By prr
形式:文庫
最後まで読んだ者です
話の展開や感情の変化は目をみはるものがありました

しかし話がご都合すぎました
主人公補正が強く「運が良い」程度で済ませてます
また言動や態度にイライラしました

何よりもラストです
あくまで個人的にですが、物語における話の導入と結末の2つはとても大切だと思います
それで作品全体の印象が決まるからです
導入は良かったです、その後も中巻までスムーズに進みました

でも結末は最悪で
不明瞭ですごくモヤモヤする終わり方
「え!?ほんとにこれで終わり!??今まで読んだのって一体・・・」みたいな
大衆受けの良い明らかなハッピーエンドで終わらせたりはしませんでしたが・・・。
良い言い方をすれば、想像を掻き立てられる終わり方なのかな?(苦笑)
「この結末が好き」みたいな人をちらほら見かけますが、やっぱり理解できないです・・・。

ここが良かった、悪かったを抜いても
最終的に読み終わった素直な感想が「気分が悪い」なので星1です
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 上中下の全てを読んだ感想 2012/12/9
形式:文庫
この作者の作品は、他の作品も読んだことがあるが、閉ざされた環境の中で過酷なルールが設けられ、人間の内面の汚いところが露骨に表現されているところに驚かされる。それも、本人が意図的に行っている汚さと、無意識にやっている汚さなどがたくさん出てくる。そこが面白い。

この作品もそういう表現や設定が面白い。

しかし、気に入らない点としては、主人公が、多くの人を引き付ける人間性ではなさそうなのに、クラスや学年で目立つタイプの女子達が寄ってくる。
また、主人公の仲間内だけが計算高く、それに比べ他の一般生徒達は思考停止しているのかと思うほど何もしない。
1学年いるんだから主人公の仲間内以外にだってもっと行動的な奴がいないのはおかしい。
死ぬか生きるかの危機的状況で、主人公の仲間以外の生徒はほとんど全員泣いてるかおびえてるかで何もしないで時間が過ぎていくって、そんなわけないだろう。

あと、これは自分の読解力が無いだけかもしれないけど、ラストもあまり意味がわからなかった。
このレビューは参考になりましたか?
19 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 設定はいいんですが・・・ 2011/5/8
形式:文庫
卒業を間近に控えた320人の生徒を対象に学校を舞台にした生贄がテーマの死のゲームが突如始まる。
という設定はいいんですが、主人公の篠原純一という生徒の言動、行動、思考、すべてにイライラや不満が生じます。
キャラクター設定が突飛なので共感できず、論理的な思考でもないので理解もできません。
主人公がこれでは物語に入り込めないので一冊を読むのにすごく時間がかかりました。

上中下の上巻という事と、次の巻への引きが良かった事、そして下巻でイライラや不満を全部吹き飛ばしてくれるような
ラストに期待して星は二つです。
このレビューは参考になりましたか?
形式:文庫
上中下、三巻とも読んだ感想です。

文章は苦もなく読め、緊迫した場面もうまく描けており、先の展開が気になる作りだった。
これが上下巻の作品だったなら、評価はもうすこし上がっていたと思うが、果たしてこの
ストーリーを描くのに1000ページも必要だったのだろうか。

途中からは主人公そっちのけで話が進行していくし、結末もすっきりせず、投げっぱなしと
いう印象を拭えない。三冊も読んでこのオチかと、呆れたというより無常感を抱いた。

読者に対して、想像する余地を残すエンディングにしたかったのはわかるが、
バトル○ワイヤル以降、サバイバルゲームものがみんな同じ終わり方をするので食傷気味。
いいかげん、黒幕の目的をきっちり描いた作品を読みたいと思う。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 山田悠介より多少まし。 2012/6/11
形式:文庫|Amazon.co.jpで購入済み
上巻はamazonで購入したが、中、下巻は店舗で購入したため、評価はこちらに。

初めて物語中にゲーム理論を持ち込んだ作品は、
魔法の国ザンスの9巻だった。これの出版が1986年。
もはや古典的とも言えるゲーム理論のストーリーへの導入は
パクリとは言わないが、うまくいっているとはとても言えなかった。
25年前のお話と同レベル。

そもそも、この類の限定的な環境における命のやり取り軸にした物語は、
ルール外の行為がいかにして阻止されるかを説明しないと、
キャラクターの行動にリアリティが無くなってしまう。
読者が想定する脱出方法は早めに潰していただきたかった。

学生だから限界があるという言い訳もあるかもしれないが、
登場人物で一番賢いと言われる人間でさえ、ルール内での行動最適化にしか
興味が無いあたり、非常に残念な話になっている。

また、作者の「学校」や「国家」、「戦争」に関する認識は大変幼く、
作中に何度も出してくるには少々くどい。

全体的には山田悠介よりはマシだが、それだけだった。
20歳ぐらいまでの人は読んでもいいかも。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 3.0 上中下の中盤までは読むペースは速かった。が・・
... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: デッピ
5つ星のうち 5.0 本、映画も良かった
普段にはない、極限の心理状態を体感した気がしました 須賀健太くんたちが出演した映画も味があって、とても良かったです... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: softcream
5つ星のうち 5.0 導入部のうまさ
導入部として、非常にうまいです。
特にいいなあ、と思うのは、最初の犠牲者が出るときの、生徒たちの心理描写です。... 続きを読む
投稿日: 2011/3/12 投稿者: ホウセツ
5つ星のうち 1.0 ガンツ+バトルロワイアルを2000で割った感じ。超薄。
小学校高学年なら楽しめる内容。どこかで見た設定を混ぜ合わせて薄めたままの物語。好きな人には好きな世界でしょうが、アニメっぽい世界で緊張感がない。
投稿日: 2011/2/9 投稿者: 小説大好きッ子ちゃん
5つ星のうち 5.0 ラストまで読んだ者として
上巻は物語の導入と伏線をばらまいたといった感じ。序盤は強制的にゲームに参加させられた生徒たちが現実を受け入れられずに翻弄されているが、途中から物語は一気に加速し気... 続きを読む
投稿日: 2011/2/8 投稿者: 十六夜
5つ星のうち 4.0 前作と似た雰囲気
前作「殺戮ゲームの館」を読後すぐ、この上中下巻を買い読みました。... 続きを読む
投稿日: 2011/1/23 投稿者: あめしぶき
5つ星のうち 5.0 「扉の外」のリファイン版。土橋作品の最高傑作。
高校生全クラスが不条理なゲームに巻き込まれていくという、彼の「扉の外」と同じ設定です.しかし今回は、生け贄を選べなければみんな死ぬという極限状態.ハーバードの講義... 続きを読む
投稿日: 2010/12/28 投稿者: kirin70
5つ星のうち 5.0 土橋節健在。面白いです。
上巻だけだとまだプロローグといった形ですが、情報がじわじわと出てきて面白いです。... 続きを読む
投稿日: 2010/10/28 投稿者: カンタ
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xab43dbf4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック