通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
生物多&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーはスレ、しわ、傷、若干ヤケなどがあります。本文は、若干ヤケなどがありますが、読むのは問題ありません。発送は通常2営業日以内となります。なお、土日祝祭日はお休みを頂く場合もありますので、お急ぎの場合はお問い合わせくださいますようお願いします。なお、不備があった場合は、ご連絡差し上げますので、メールのご確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生物多様性とは何か (岩波新書) 新書 – 2010/6/19


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

生物多様性とは何か (岩波新書) + 〈生物多様性〉入門 (岩波ブックレット 785) + さとやま――生物多様性と生態系模様 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)
合計価格: ¥ 2,376
ポイントの合計:  28pt (1%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

クロマグロの大量消費は何が問題なのか?人類を養う絶妙な生物ネットワークの破壊が進んでおり、生物多様性条約もその歯止めになっていない。今なすべきことは何なのか。世界で最も多様性に富み、脅威にさらされているホットスポットの現状と、保全のための新しい仕組みをレポートし、人間と自然との関係修復を訴える。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井田/徹治
1959年12月、東京生まれ。1983年、東京大学文学部卒、共同通信社に入社。つくば通信部などを経て1991年、本社科学部記者。2001年から2004年まで、ワシントン支局特派員(科学担当)。現在、科学部編集委員。環境と開発の問題を長く取材、気候変動枠組み条約締約国会議、ワシントン条約締約国会議、環境・開発サミット、国際捕鯨委員会総会など多くの国際会議も取材している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2010/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004312574
  • ISBN-13: 978-4004312574
  • 発売日: 2010/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.1 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 174,939位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 放蕩息子 VINE メンバー 投稿日 2010/6/27
形式: 新書
生物多様性を扱う類書の多くが「生態系とは何か」という生態学的な説明に注力するのに対して、本書の最大の特徴は、そうした解説を飛び越えていきなり、「生態系サービスの経済的価値」から話を始めるところにある。ところが、そもそも生き物への関心が薄く、最近になってようやく「生物多様性」という言葉を知ったような人たちには、生態学的な解説などは、むしろ退屈な“お勉強”に過ぎないのである。それよりも、生物多様性と経済との関係や、生態系と人間社会との関係を中心に論じていく本書こそ、「なぜ生物多様性保全が必要なのか?」という彼らの素朴な疑問に答えるものであり、今まで関心のなかった人にとって最も「腑に落ちる」回答を与えてくれるものだろう。

そしてそれは逆に、今まで「生物多様性の大切さが理解されない。」と嘆いていた「生き物好き・自然好き」の人々にとっても、周囲の“一般人”との間に会話を繋ぐ架け橋になるはずだ。生物多様性保全を一部の専門家や愛好家たちの関心事に終わらせることなく、我々の社会が全員で取り組むべきテーマとして浸透させていくためには、本書のような存在が絶対に必要なのである。

本書は是非、「生物多様性なんか自分には関係ない。」と思い込んでいるビジネスマン諸氏にこそ、読んでいただきたい。本書を読めば、生物多様性や生態系サービスの維持・保全こそが、実はCO2削減
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ttttt 投稿日 2010/7/21
形式: 新書
エコブームの影でないがしろにされ続けている、生物多様性の減少。我々の社会が抱える深刻な問題の一つである。

本書は豊富なグラフと読み易い文章で取っ付き易く、世界的な規模で進む生態系破壊の概観と各国でのレポートが含まれており、入門書としても最適。
日本の消費者や企業が与えている環境負荷についても言及しており、多くの人に手にとって欲しい内容。この手の話を少しは勉強してきたつもりだったが、最新のデータや各国の事例など、知らない事が多くて驚いた。

確かに他の方が指摘しているよう、海洋資源の現状はは未だ解明されておらず、温暖化問題に関しては疑問の声が上がっている。だが、その事で本書が投げかけている議論の重要性は少しも損なわれていない様に思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
形式: 新書
共同通信社記者による、生物多様性の維持が何故必要なのか、世界のホットスポットの現状、生物多様性の維持のための世界的な取り組みについてのレポートである。
本書で著者は、
◆国際自然保護連合の「レッドリスト(絶滅危惧種リスト)」には、2008年現在約45,000種が指定されており、その中には、かつては日本のどこでも見ることができたメダカや秋の七草であるキキョウなども含まれている。
◆地球では、40億年前の原始的生物の誕生以来、急速に種が減少した時期が過去にも5回あったが、今回の危機は人間の活動による人為的な環境変化が原因である点において、過去のものと性格が異なっている。
◆こうした中、最も効率的に生物多様性を維持するためには、限られた資源をどこに投入すればいいのかという考え方から「ホットスポット」と呼ばれる地域が指定されており、それは、マダガスカル、ブラジルの大西洋岸の森、日本などを含み、面積は地球の地表面積の2.3%にすぎないが、絶滅が最も危惧されている哺乳類・鳥類・両生類の75%がそこに生息している。
◆現在、世界各国で様々な試みが進んでいる一方で、世界レベルでは、1.生物多様性の保全、2.持続的な利用、3.利益の公平な配分の実現の3点を主要な目的とした「生物多様性条約」が193ヶ国に批准されているが、3に不満を持つ米国は同条約を批
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 Gori トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/10/12
形式: 新書
生物多様性は大事だと言うが、どうして多様性があることが必要なのだろうか。ネットで調べてみても、
今一つ納得できないのでそのものズバリのタイトルの本書を見つけて買ってみた。
先ず生態系が維持されていると、我々人間に様々なサービスを与えてくれると書いてある。
突然,生物多様性(Biodiversity)という言葉が生態系(Ecosystem)という言葉に変わっていて、
英語では全く違う言葉なのにおかしいと思いつつよく区別がつかないのでかまわず読み進む
生態系が維持されていると、生物(動物・昆虫・植物・細菌・ウイルス)は、種子の散布,受粉腐肉の処理,害虫の捕食に役立ち、
食料や,淡水や木材や繊維や燃料や酸素を供給し、気候や、洪水や疾病の調節に寄与し,美しさや癒しを与えてくれるのだそうだ。
生態系のバランスを崩さないためには,有害な細菌や,マラリアを媒介する蚊も,絶滅させてはいけないのだろうか。
生類憐れみの令が必要なのだろうか。

なるほどそうだが、生物の多様性が減るとなぜこんなふうになるのだろう。
これは生態系の話だとしても,地球40億年の歴史の中で生態系は劇的に変わってゆくという歴史ではなかったのか。
ここも今ひとつわからない。

日本メダカが全
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック