数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

生渋栗 Live


参考価格: ¥ 2,625
価格: ¥ 2,190 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 435 (17%)
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,926より 中古品の出品:1¥ 1,750より

【最大55%OFF】ミュージック 冬のセール (2015/1/5まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大55%OFF!国内盤バーゲン【輸入盤】どれでも3点で10%OFF【NOT NOW MUSIC 輸入盤セール】【ALL991円】売れ筋輸入盤ミュージックブルーレイ&DVDセール 最大70%OFF (2015/1/29まで)| ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。


Amazon の 川口義之with栗コーダーカルテット&渋さ知らズオーケストラ ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

生渋栗 + 割れ渋栗 + 渋栗
合計価格: ¥ 6,432

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/5/26)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Live
  • レーベル: SPACE SHOWER MUSIC
  • 収録時間: 77 分
  • ASIN: B003FI0KMM
  • EAN: 4543034024582
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 324,761位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


 
1. ピタゴラスイッチ オープニングテーマ
2. ペジエ
3. ペジエ
4. 火男
5. 火男
6. マヨネーズ第二番
7. マヨネーズ第二番
8. 皇帝
9. 皇帝
10. Up On A Moon Hill~桂林を下って月の丘に昇る~
11. Up On A Moon Hill~桂林を下って月の丘に昇る~
12. ホテルラサール1986
13. 月下の一群
14. ナーダム
15. ひこーき
16. 月下の一群
17. 犬姫
18. ピタゴラスイッチ オープニングテーマ

商品の説明

内容紹介

日本最大音圧を誇るアングラ劇的集団"渋さ知らズオーケストラ"と日本で最も音の小さなロックバンド"栗コーダーカルテット"奇跡の共演シリーズ完結編。『生渋栗』『割れ渋栗』2作同時リリース。
同じ楽曲を演奏する2バンドそれぞれをあえて並べて収録~極端(!?)な両バージョンを聞き比べられる、へ~なるほど企画『生渋栗』。
"ピタゴラスイッチ"極早バージョンなど、シリーズからちょっとはみでたテイクを集めた『割れ渋栗』~こっちのほーがすげーとの意見も多数の隠れ極上盤。もちろん、両タイトル共に"ピタゴラスイッチ"を収録。

メディア掲載レビューほか

日本最大音圧を誇るアングラ劇的大集団`渋さ知らズオーケストラ`と、日本で最も音の小さなロックバンド`栗コーダーカルテット`が、遂に同じ舞台に上がった!『渋栗』の発売(2009年5月13日)を記念して行われた、一日限りのスペシャルライヴの音源を、CD収録時間いっぱいまで詰め込みました。 (C)RS

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TaroTaro トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/26
形式: CD Amazonで購入
2010年5月リリース。2009年のアルバム「渋栗」の発売を記念して行なわれたライブを音源とした一枚。ただし、全曲が収録されているわけではない。また、商品紹介にもあるとおり、ただ、両バンドの演奏を曲順に収録するのではなく、同じ曲の二つのバンドのライブバージョンを並べるという一捻りした編集が行なわれている。
なお、このライブの模様(全貌)は「渋栗ライブ〜渋編」「渋栗ライブ〜栗編」として2010年4月にDVDがリリースされている。

ライブ盤が持つ臨場感は損なわれるが、圧倒的な音圧で混沌とした演奏を繰り広げる「渋さ知らず」とほぼリコーダーだけの静謐な演奏の「栗コーダカルテット」という両極端に位置するバンドが同じ曲を演奏したときの違いを比較してみるにはいい編集だと思う。

ライナーノーツで川口氏が
『この「生渋栗」を手に取っていただいた方には是非「渋栗ライブDVD」の2作品を見て欲しい・・・実際の流れで栗コーダの演奏から続けて、渋さに至るコンサートの全貌を見ていただけたら云々』と書いている。
きっと、このCDはDVDの補助テキストとして位置づけられるべき作品なのだろう。そのうちDVDも購入してみようかなと思う。

「渋栗」のレビューにも書いたのだが、別のバンドが不破大輔等の書く渋さの曲を演奏したとき
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック