Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,037

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則 [単行本]

John Whitfield , 野中 香方子
5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,376 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則 + 歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ) + 複雑で単純な世界: 不確実なできごとを複雑系で予測する
合計価格: ¥ 5,335

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

体の大きさ、形、寿命、数……、生物のあらゆることは、サイズとエネルギーの3/4乗則で説明できる。3/4乗則は、動植物から微生物までにあてはまるばかりか、森やサバンナといった生態系の構成や種の多様性をも解き明かす。その究極の数式の発見から原理の解明までを、生物学の統一理論に魅せられ、数学と物理の手法で旧来の生物学を打破しようとした科学者たちを追いながら、冷静かつスリリングに描きだす。

内容(「BOOK」データベースより)

大きさ、形、寿命…生物のさまざまな現象を説明できる3/4乗則。それは、ゾウから微生物まで大小問わずの個体のみならず、森やサバンナといった生態系の構成にもみごとにあてはまる。生物の根本原理を夢見る科学者たちの格闘を通して、自然界の驚くべき類似性と多様性を解き明かす3/4乗則に肉迫する。

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 化学同人 (2009/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759811613
  • ISBN-13: 978-4759811612
  • 発売日: 2009/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 368,033位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
48 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ゴルゴ十三 殿堂入りレビュアー トップ500レビュアー VINE メンバー
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
本書は「In the Beat of a Heart: Life, Energy, and the Unity of Nature」の翻訳です。「動物の標準代謝は体重の3/4乗に比例する。この3/4乗則に生命のもつ基本的な設計の原理が隠れている」と「ゾウの時間 ネズミの時間 ― サイズの生物学」(本川達雄, 1992)でも紹介されていた「3/4乗則」(Kleiber's law)ですが、当時は数式で導出できてませんでした。本書の前半では... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 生態学を「数字」で俯瞰する 2011/2/8
By 柿食
形式:単行本
細々とした事例の羅列に陥りがちな生態学の分野で、統一性や法則性を見出そうとする研究者にスポットライトを当てた本。

演繹的アプローチで眺める生態学の分野は、宇宙科学のような数の神秘に満ちています。

科学エッセイとして読むも良し、数学的に理解しながらじっくり読むも良し。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By i
形式:単行本
博士号を持つサイエンスライターの書いた本です。購入する前に図書館で見ました。

この本で、物理で常識的な整数比が生物でも成り立つ事が説明されているとのことですが、数式は愚か図さえひとつで、その図にあるプロットデータ(生物数)もわずかで、分散を見ることも出来ません。他の人が述べているように、『ゾウの時間、ネズミの時間』を読むほうが、わかりやすく面白く効率的でしょうか。(ネズミの時間では、整数比は不明としています。)

  この本のタネ本?の紹介10pくらいを読みましたが、血管の分岐から3/4を証明している。しかし、心臓と血管のコストは、個体の生存コストよりはるかに小さく、血管と心臓の議論から代謝と体重の3/4乗則を導くのは無理です。別の原理から導くしかないでしょう。

  物理学で整数比の証明はいろいろありますが、まだ決定的なものはなく、少なくとも解りやすいものはない。生物でこれを説明するのはもっと難しい。

血管の分岐の話は美しくありませんし、シミュレーションで整数比を出すのは難しくありません。最初は生物物理学者、寺本英(『無限・カオス・ゆらぎ―物理と数学のはざまから』1985年 )でしょうか。これは、生物増殖の-1の冪の場合です。ランダウ安定性や長距離秩序、フラクタルなど、整数比の証明はいろいろ可能ですが、決定的なものは見つかっていません。(個人的意見−醜く、美しくない)
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xb54443d4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック