Amazon Kindleでは、 理系クン をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,080
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理系クン 単行本 – 2008/8/22


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 525 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

理系クン + 理系クン 結婚できるかな? + 理系クン 夫婦できるかな?
合計価格: ¥ 3,136

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

こどもの頃から、なぜか理系の男子に萌えていた文系女子である漫画家=高世えり子さん。高世さんが、大学入学時、サークルで出会った理系クンに興味を持ち、互いに愛を育(はぐく)む過程でおちいった葛藤と理解できない壁。文系女子と理系男子の間に流れる暗くて深い川を渡り、高世さんは理系クンと結婚できるのでしょうか?
理系クンの生態を分析し、理解しようとがんばる経験をもとに描いた爆笑コミックエッセイです。

著者からのコメント

「うちの彼orダンナ、こんな理系クンだわ!!」という理系クン好きな方に.../「理系クンと恋愛してみたいけど...」と新しい恋愛に足踏み中の方に.../「...これ、俺かも?!」という自ら理系クンな方に.../「こんな人いるー!」「こんな事あるあるー!!」と、笑いながら叫んで頂けたら、嬉しい限りです。そして、全国津々浦々の理系クンと理系クン好き女子の架け橋になれましたら、本望です!

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163705104
  • ISBN-13: 978-4163705101
  • 発売日: 2008/8/22
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (33件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 295,977位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

47 人中、43人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ieee19999 投稿日 2008/9/1
形式: 単行本
理系男子との出会いからお付き合い、結婚までを描いたコミックエッセイ。
理系の恋愛関係だと、『理系のための恋愛論』など、比較的女性からの“上から目線”で書かれることが多いのですが、この本では理系男子の生態に困惑しながらも、理解して歩み寄ろうとする著者の目線に温かみがあり、好感が持てます。
“理系の生態”も突飛なネタに落とすのではなく、男性の目線から見ても、あるある、と、思わず頷くようなことばかり。特に、簡潔すぎるメールの返信とか。理系の男性に興味がある女性にも、何気ない普段の行動を振り返りつつ苦笑したい理系男性にもおすすめできる内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 D.IKUSHIMA VINE メンバー 投稿日 2009/10/8
形式: 単行本
タイトル通り、理系の男性を彼氏としたときの
独特の性格や付き合い方を紹介するマンガ。

この系統のマンガにありがちだが、
理系の男子の典型例で理系の男性の大半はこういう性格かと言えば
実際には当てはまらない部分もかなり多い。
理系・文系という分け方ではなく、
単にその人の性格に依存するところも大きいからだ。

この作者の彼氏は実際に理系で、実際こういう性格なのだろうが、
だからといって「理系=こういう性格」とはならない。
そのため、理系の男性自身や、そういう人をよく知る人が読んでも
共感できない部分もたくさん目につくとは思う。

ただ、この作品に登場する男性と
その男性に突っ込む作者の図式は単純に面白く、
思わず笑ってしまった場面が結構ある。
そういった意味ではマンガとしては面白い。

一回読めば十分な内容だけど、それなりに楽しめた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 へいぞ〜 投稿日 2008/9/4
形式: 単行本
理系男子に恋をしてしまった文系女子によるコミックエッセイ。

理系男子の特徴を、爆笑エピソードを交えながらレポートしていて、理系男子の行動とか考え方がよくわかります。

理系クンに振り回される著者や、女性に悩まされる理系クンの姿が、読んでいてとにかくおもしろい。

私は文系男子ですが、「理系の人って、こういうところあるかも。」とか、「これは自分にもあてはまるかも。」とか、ついつい考えながら読んでしまいます。

文系男子が読むと、文系女子の著者の気持ちもわかるし、理系クンの気持ちもわかるし、二重におもしろいんじゃないかと思います。

もちろん女性が読んでもおもしろいし、理系男子が読んでも「えっ、自分てこんな感じなのかな?」と笑ってしまうような作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 nekota 投稿日 2013/7/12
形式: 単行本
理系というレッテルを貼ってるだけで、明らかに本人の性格の問題。まぁ、一種のギャグとして読めばそれでいいんだろうとは思うけど、読者の人には「理系=この本に出てくる人間」という誤解はして欲しくないですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たま 投稿日 2010/6/11
形式: 単行本
登場するN島氏個人が相当個性的と言うか。この方を理系男性のスタンダードと思わないほうがいいと思います。
作者の彼に対する想いやほのぼのとした愛情は感じられました。
タイトルがいかにも理系男性マニュアル本のようなイメージを抱かせますが、そういった本ではありません。
「好きになった人がたまたま理系分野の変わった人だった」ほのぼの恋愛エッセイ漫画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、32人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 SNK22 VINE メンバー 投稿日 2008/9/27
形式: 単行本
作者の彼氏の「理系クン」は理系の中でも相当レベル高めで、理工学部出身で情報系で研究職です。いわゆる「血中理科系濃度」は相当高めなタイプ。そんなヒトに文系で一般人の女の子がときめいてしまった…。しかしてその彼の実態は? おしゃれなバーに行きたいと言うと「入力」→「脳内Googleで検索」→「0件ヒット」→「キーワードをかえてください」とか、素敵な夜景を見ていると「夜景」→「電気照明」→「電力」→原発問題について熱弁! とか、日常の観察でも「歩くのが早い(アキバ歩き)」「女性への免疫がナイ、おしゃれな女性が恐い(プレゼントひとつ買うのも大変!)」「時間に正確で夜は女性より早く帰りたがる」などなど、理系男で脳内構造もよく似ている自分にはそのまんまとしか言いようのない発想・思考・行動です。でもなんだかんだ言ってもいい人で週イチ(あるいはそれ以下)の健全なデートを続け、今は私の旦那様だったりする、という話です。理系という「未知の世界」に住む人たち(理系でもレベル高めの場所に限ると思いますが)はどういう実態なのかを知りたい人にはとてもおすすめです。ただ、この「理系クン」は自分で何もアプローチもしてないのに女性が近づいてきてくれて、しかも彼を理解しようとアレコレ奮闘してくれる、そしてわがままもあまり言わずに付き合い続けてくれるというのはうらやましすぎますね。世の女性たち、もっと(ホントの)理科系男性にお近づきになってみて下さい!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック