Amazon Kindleでは、 理由あって冬に出る 創元推理文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 626
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
理由(わ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫) 文庫 – 2007/10


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫) + さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫) + さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)
合計価格: ¥ 1,965

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい―吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた!にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは?コミカル学園ミステリ。第16回鮎川哲也賞佳作入選、期待の新鋭のデビュー作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

似鳥/鶏
1981年千葉県生まれ。2006年、『理由あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選し、同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 252ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2007/10)
  • ISBN-10: 4488473016
  • ISBN-13: 978-4488473013
  • 発売日: 2007/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7  レビューをすべて見る (17件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 45,587位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

最も参考になったカスタマーレビュー

28 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 もこっち 投稿日 2007/11/15
形式: 文庫
鮎川哲也賞佳作入選の新人作家の長編ミステリーですが文庫で手頃なので買いました。市立高校の文化系部活が活動する芸術棟が舞台ですがそこに何回か幽霊が出没するといううわさが立ち主人公の美術部
の少年と他の高校生が探偵するというストーリー。一件無関係に見えるプロローグと幽霊騒動が最後にはきれいに結びつきトリックもそれなりに良かったと思います。本格重厚物が好きな人には物足りない
かもしれませんが登場人物が生き生きしており会話も楽しく長編の割に比較的読みやすいと思います。最後のエピローグはちょっと怖かったかな・・・昔は本格どろどろが好きだったのですが年取って連作ミステリーばかり読んでいるので久々の楽しい長編ミステリーでした。似鳥鶏の次回作が楽しみです。
ミステリー初心者や中学高校生くらいにおすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 モトカ 投稿日 2011/7/16
形式: 文庫
最近、書店にて本シリーズ4冊目「まもなく電車が出現します」が
平積みされているのをみかけ、興味を持ち手にしました
どうやら、「まもなく電車は〜」シリーズ4冊目ぽかったので、
シリーズ1冊目の本著「理由あって冬にでる」から読むことにしました

本著は第16回鮎川哲也賞佳作入選であり、著者のデビュー作

いかにも創元推理文庫らしい、日常の謎系学園ミステリ
北村薫氏や加納朋子氏の作品と比べるとキャラが立っており、今風になっている

タイトルには肝心の主語が抜けていますが、出るのは幽霊か!?
その謎を巡り、文科系クラブの面々が活躍する

ネタの密度は比較的濃いが、あまりトリッキーなものではないので読みやすかった

現時点でシリーズは4冊まで刊行されている
後3冊、続けて読めると思うと嬉しくなってくる
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 てっぽー 投稿日 2007/12/20
形式: 文庫
第16回鮎川哲也賞佳作入選作。
学園を舞台にしたラノベ風のミステリだが、トリックは平凡で動機の必然性にも疑問があり、ミステリとしてはいまひとつ。しかしこの手の作品にしては心配したほどオタ趣味丸出しといった描写は少なく、わりとさらさらと読めた為全体の印象は悪くない。
また、事件の結末も決して温いだけに終わらせなかった点も評価できるところ。
ただ、探偵役の造型がいかにも「ありがち」で全く新味がなかった点とエピローグの存在はいただけない。特にエピローグの蛇足感はすさまじく、無い方が良かったと断言できる。
ややネガティブなコメントを多くしたが、最近の創元系の新人としてはまともな方だと思うので今後の成長に期待。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 麻雀狂 投稿日 2009/2/19
形式: 文庫
プロローグと第一章のはじまりかたがすさまじく連結してない。
p126、p127の不細工すぎる挿入
エピローグは「あの足音はまさか…?!」ぐらいで終っていい。
そこがミステリいや怪談の醍醐味なんじゃないんですか?
真犯人があっさり認めすぎ・ありえないポカミス 残念でした。
学校で起こる怪奇現象を推理するっていうのは好きなんだけどなぁ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dh4189 VINE メンバー 投稿日 2013/11/14
形式: 文庫
1作目。鮎川賞応募作品ということで、巻末に解説というか書評?あり。

非常に読みやすい。内容的にも軽めで、また、文庫で250ページという分量も、そこそこの長さはあるものの、冗長にならず、気軽に読むことが出来るので、割と広く誰でも読めるのではないかと思う。また、全体的に軽めになっているにもかかわらず、ミステリ的に手を抜いているということもない辺りも、好感が持てる。最後のオチもついていて、結構完成度は高い。個人的には好みの作風。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 t-kit 投稿日 2013/8/22
形式: 文庫 Amazonで購入
ライトノベルの推理小説です。

謎解きはそこまで難しくないので、推理小説が好きな人にはもの足りないのではないかと思います。

萌え要素は1990年代後半のライトノベルを思い出す感じで、一通りのストーリーがありつつ、
ストーリーの進行の中で主人公が適度に女性キャラクターからの好意を受ける、という感じ。

最近の全くストーリーがないキャラクター小説よりは多少面白いですが、
東京−名古屋間程度の移動の間に、暇つぶし程度に読むような本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たまに買い物くん 投稿日 2010/7/31
形式: 文庫
表紙イラストが好みで気になっていたので、ようやく購入。

冒頭テンポ悪し。
学校の状況がその後の事件へのフリとなるので重要なのは分かるが、にしても冗長すぎ。
主人公の語りくちが面白いなら引き込まれるのだろうが、ありがちなことに対してそう面白くもない感想をのべられてもツライ。
せめて誰かと会話しながらなら良かったのでは。

この冒頭のように全てが一味足りない印象だった。

感触としては米澤作品に近いように思えるが、面白さではまだまだ遠い。

作者のデビュー作のようなので、この後洗練されていくかどうか・・・を確かめる食指はまだ動かない。

でも読めないというわけではないので星みっつ。

あと読み込み不足のせいかもしれないが、表紙の女の子は誰なのか最後まで分からなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック