Amazon Kindleでは、 獅子の城塞 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,107

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
獅子の城塞
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 獅子の城塞 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

獅子の城塞 [単行本]

佐々木 譲
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,268 通常配送無料 詳細
ポイント:68pt (3%)  詳細はこちら
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン
約30万タイトル 小説や新刊、ベストセラーも対象。10/13まで。 「文学・小説3%ポイント還元」キャンペーン へ。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 1,680  
単行本 ¥ 2,268  

Amazon Student会員なら、この商品は15%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)10/20まで。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

獅子の城塞 + 代官山コールドケース
合計価格: ¥ 4,266
ポイントの合計:  127pt (3%)

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

天下一の築城師となれ。信長の密命を受け一人の男が戦火の欧州を駆け抜けた! 天正遣欧使節団とともに遥かリスボンの港に降り立った若き天才・戸波次郎左。貪欲に西洋の技を身につけ、たちまち名を上げていくが……。嫉妬の目、密告、逃避行、戦乱の日々。帰国を夢見つつも、イスパーニャ軍の暴虐に反旗を翻すネーデルラント共和国軍の力となり、鉄壁の城塞を築き上げた男の波乱の生涯! 歴史小説の大作。

内容(「BOOK」データベースより)

天正遣欧使節団とともに、長崎を出航して二年半。異国の地で貪欲に西洋の技を身につけていく次郎左。言葉の壁を実力で乗り越え、普請現場で、たちまち名を上げていくが…。嫉妬の目、密告、逃避行、戦乱の日々。帰国を夢見つつも、イスパーニャ軍の暴虐に反旗を翻すネーデルラント共和国軍に力を貸し、鉄壁の城塞を築き上げた男の波乱の生涯!

登録情報

  • 単行本: 557ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104555096
  • ISBN-13: 978-4104555093
  • 発売日: 2013/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 372,924位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 他人事ではない 2013/11/20
投稿者 John Smith
形式:単行本
極めて特殊な状況で数奇な運命を辿った男の物語であるのと同時に、「仕事」というものについての極めて普遍的な物語でもある。

そして、終身雇用という幻想が崩壊し、労働市場が流動化され国際化されるこれからの日本においては、極めて切実で現実的な物語である。

主人公がヨーロッパに渡るきっかけは織田信長に命じられたからであるが、それ以降の人生の選択は全て主人公の意志によるものである。

それは極めてシンプルな論理に支えられている。

即ち「自分の能力を発揮できる場所で、自分の能力を正当に評価をしてくれる(対価を支払ってくれる)人の元で、自分を必要としてくれる家族のために働く」ということ。

働く場所が日本であろうとヨーロッパであろうと、雇用主が日本の大名であろうとヨーロッパの貴族であろうと変わりは無い。

それが「プロフェッショナル」というものなのだろう。

「自分はプロフェッショナルたり得るか?」

そんなことを考えながら読んだ。
このレビューは参考になりましたか?
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 いいもの大好き トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:単行本
天下城の続編で、天下城の主人公の息子がヨーロッパ修行に行く話です。
今でも、ヨーロッパの地方都市には、町を囲む市壁石垣が残っています。
市壁は、数学に基づき理論的に設計され、
工程表を使って日程管理して工事することを知りました。

ヨーロッパでは、地域によっては、
古い建物にレンガ造りが多く、石造りが少ないので不思議に思っていましたが、
その疑問を氷解させてくれるストーリーでもありました。

主人公の目を通して、
中世のローマ、トスカナ地方、オランダの息吹を感じることが出来たのは、
楽しい読書体験でした。
今後のヨーロッパ旅行に新しい見方が加わり楽しみです。

中世ヨーロッパをこのように生き抜いた日本人がいたならば、感激です。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 時代を見つめることは難しい 2014/1/3
投稿者 yass VINE メンバー
形式:単行本
戦国時代から江戸時代へ。
日本の激動期とヨーロッパの激動期はそれほどリンクせずに進んでいく。
石工の仕事は石垣を作ること。
でもそれはそれだけにとどまらず、時代の流れは次郎左を飲み込みながら進んでいく。
彼はヨーロッパでは幸せだったように描かれている。
「獅子」とは誰かでこの小説の持つ意味は変わってくる。
このレビューは参考になりましたか?
投稿者 まずまずさん
形式:単行本|Amazonで購入
本文に出てくる地名入り地図が附属されていれば、なお良かったのだが・・・。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 K1
形式:単行本
やたらと長い小説であるが、ストーリー的には人間の内面は描かれていない。
人間ドラマがない。
著者の警察は好きだが、同じ著者が書いたとは思えない。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック