Amazon Kindleでは、 猫神やおよろず(3) (チャンピオンREDコミックス) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
中古品: 良い | 詳細
発売元 P&B
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 即日発送可能です★帯や特典は付属しておりません。表紙に擦れ傷がございますが、中身はコンディションは良好です。アマゾンより迅速に配送され通常送料は無料です★おいそぎ便・コンビニ払い・代引き払い・edy払いが可能です♪
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

猫神やおよろず 3 (チャンピオンREDコミックス) コミック – 2010/4/20


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 597
¥ 597 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

猫神やおよろず 3 (チャンピオンREDコミックス) + 猫神やおよろず 4 (チャンピオンREDコミックス) + 猫神やおよろず 5 (チャンピオンREDコミックス)
合計価格: ¥ 1,789

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 164ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2010/4/20)
  • ISBN-10: 4253233635
  • ISBN-13: 978-4253233637
  • 発売日: 2010/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 YKS 投稿日 2010/4/20
形式: コミック
天界で起きた小さな変事。
しかしその影響は天界だけに留まらず、地上にまで及び始めていて・・・。
明るく賑やかな八百万堂に不穏な気配が迫る。
新展開の第3巻。

さて、上述の通り今回はのっぴきならない事態が起こる前兆が・・・という展開。
何やら不穏な気配が忍び寄り出した繭達の日常。
些細な事件を解決したり、小さな出来事に一喜一憂してわいわいがやがやといったこれまでとは少し違った雰囲気の今回。
そして収録されている全5話のうち最初の1話を除いた4話が一連の話としてつながっているなど、これまでにはあまりなかった要素が盛りだくさん。
しかも大筋の話はまだ序章にすぎず本番はこれからといった具合なので、これは次巻が気になる。
年1冊の刊行ペースが少し辛い。

また、今回は比較的各キャラクター一様に出番がある感じ。
特定の誰かが中心のエピソードというよりは、大きな流れの中にみんなが巻き込まれていくといった調子だ。
その他、綺麗に着飾った繭の姿が拝見できるといった見た目的にも珍事が場面があったりして。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 埼玉のアッキー 投稿日 2010/4/24
形式: コミック Amazonで購入
 相変わらずFLIPFLOPsさんの描かれるキャラクターは可愛らしいのですが、画力の高い実力のある作者様。世界樹の迷宮で、短いながらも物語を描ききった構成力もあるので、猫神も期待度は高いです。

 さて今回は、いつものように日常のドタバタ劇を繰り広げつつも、繭に係わる大きな流れが加わってきます。

 天界での異変がきっかけで天界に戻る繭。地上でも異変に係わっているだろう新たなキャラクターの出現。次巻以降へ続く序章としてキッチリ伏線が張られている感じ。

 刊行ペースがゆっくりなので、一巻から読み返してみないと誰が誰だか判らなくなってしまいそうですが、それぞれのキャラが個性的なので以外と覚えているのも、作者の実力があってのこと。早く次ぎの巻が読みたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック