Amazon Kindleでは、 特攻の島1 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
特攻の島 1 (芳文社コミックス)
 
 
1分以内にKindleで 特攻の島1 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

特攻の島 1 (芳文社コミックス) [コミック]

佐藤 秀峰
5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 637 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発表!オールタイムベスト コミック100
オールタイムベスト第2弾 「みんなにすすめたいコミック100」LINEアンケート結果も発表!無料の『オールタイムベストコミック100 [Kindle版]』配布中。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 210  
コミック ¥ 637  

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
会員登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

特攻の島 1 (芳文社コミックス) + 特攻の島 2 (芳文社コミックス) + 特攻の島 3 (芳文社コミックス)
合計価格: ¥ 1,911

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「俺は何のために生きているんだ?」
10代の少年たちが集まる海軍の訓練機関で日々を過ごしていた渡辺裕三には、そんな疑問があった。その渡辺たちに、突如、ある特殊兵器への募集がかかる。募集にあたっての説明は「生還を期さない兵器」というだけだった。漠然とした不安を抱えながらも志願した渡辺たち100名は、瀬戸内海に浮かぶ、ある「島」へと送られる。
その「島」で少年たちが目にしたものは…!
60年前、実在した特殊兵器と島を舞台に描く、青春、感動、最新作!

著者からのコメント

初めまして。
「特攻の島」いよいよ発売となりました。この作品は2004年11月に初めて週刊漫画TIMESに掲載させていただいてから、実に1年半近くかかってようやく単行本にまとまったものです。僕にとっては初めての歴史物で、連載は毎回難産、難産の連続でした。
それだけに愛着もひとしおで、絶対におもしろい作品にしようという決意のもと描いています。
まだ物語は始まったばかりです。これからの展開にどうぞご期待下さい。

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 芳文社 (2006/4/24)
  • ISBN-10: 4832230522
  • ISBN-13: 978-4832230521
  • 発売日: 2006/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (28件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
75 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 現代の若者が演じている感じに同感 2009/5/17
形式:コミック
この作者は真面目な人なのだと思う。この作品も熱い想いは伝わってきます。
が、長髪の軍人が出てくる(当時例外的に存在したのか?)、主人公がしょっちゅう風景や飛行機等スケッチをしている(スパイ容疑をかけられたりしないのか?)、「中尉の気持ちを教えていただけませんか!?(特攻兵器回天発案者の上官へのセリフ)」「あんたが本当にやりたい事は何…?(極貧の主人公が母親から言われた言葉)」等など、当時の人はこんな事言うのかな?「俺自身の人生を俺のものにするためです」とか。勿論私も戦後の生まれ、戦時中の事など想像の範囲ですが、なーんか入り込めません。実家が瀬戸内海、回天の訓練施設の島に見学に行ったこともあります。がっかりな1冊でした。
このレビューは参考になりましたか?
138 人中、113人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By
形式:コミック
回天に私も興味があり、当時実際に兵隊さんだったかたの手記なども読んでいたこともあったため、読んでみました。
もちろん「海猿」や「ブラックジャックに」も過去に読んでいてファンの一人。楽しみに読み始めました…が。
どうも当時の人間という感じがしません。隊員同士で戦争の是非をおおっぴらに論じあったり、
上官に対して無礼ともとれる行動を平気でとるなどで、そう感じたと思います。
(風貌も含め、漫画だから・フィクションだからと言われればそれまでですが…)
たしかに、心の中では「死にたくない」「こんな戦争」という
思いを持っていたと知っていますが、例外はあったとしても、こんなにベラベラ人前で喋るかなーと。

当時の隊員の心境をリアルに、というよりも、「現代の若者が主催する劇団が、
戦時を舞台に俺らの価値観と知識で戦争・特攻隊を語っちゃいまーす」といった感じで、違和感があったのだろう。
そう思うと、現代っぽい風貌や発言、戦争反対という彼らが伝えたい(と思う)
お決まりのメッセージも、違和感なく感じられたかもしれない。
このレビューは参考になりましたか?
26 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 現代人視線の内容 2013/5/4
By mars
形式:コミック
当時の時代背景はあまり考慮されていない現代人目線での仕上がりかなと思いました。
戦時中に自分の生き方なんか考える余地があったのかなと思うと、説得力に欠ける。
主人公はブラックジャックによろしくと似たようなキャラかなと感じました。
題材は重い内容なので、城山三郎のような徹底した取材のもとに描かれると作品の
濃さや深さが説得力となって作品の力を生み出すのではないかと思いました。
2巻目以降は機会があれば読んでみます。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 特殊潜航艇 2013/9/22
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
回天については詳しく知りませんでしたが、人命を軽視した日本軍特有の自殺兵器として究極的な存在だと思います。それを認知させるのに、一兵士の心情を通じて成功しているのではないかと思います。
このレビューは参考になりましたか?
33 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 フィクションとして 2009/7/30
形式:コミック
服装その他、時代考証から考えて明らかにおかしい点がいくつかある。更に、上官との間ではありえない会話がいくつか。その点で、正直がっかり。ストレートな会話で感情を盛り立てるのが、この作者の持ち味であるのも事実なのだが、ここまでやりすぎると正直言ってがっかり。
現代のガキが戦場に紛れ込んで正義感を振り回すとこんな感じか?
フィクションとして割り切って読む分には、許容範囲か。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 ウ~ン、 2013/8/7
形式:Kindle版|Amazon.co.jpで購入済み
現状を知っているためにちょっと内容が浅くかじるし、心にはいってこない…
このレビューは参考になりましたか?
25 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By yasu トップ100レビュアー
形式:コミック
ちばてつやの紫電改のタカや松本零士 ザ・コクピット等戦争を題材にした漫画が多数ある。
これらの作品では、戦う軍人や航空機を勇ましく描く、一方死と隣り合わせの戦争の中で生きる若者たちの苦痛や苦悩を描き出していた。

時代が経るに従い、戦争はこう描かないといけない、こう描くなんて許せない、こう描いたら作品・作者共に社会から追放だと異常なぐらい締め付けが厳しくなっていったように思う。

漫画でも、小説でも、可能性を閉じる論調、極端にタブーを持ち込む世相には違和感を感じる。

物語は、大東亜戦争末期、回天特別攻撃隊、人間魚雷にのる予科練の若き兵隊たちを描いている。特別攻撃隊の没時の平均年齢は21歳だったという。戦争ものというとガチガチに肩肘をはった青年が「お国のため」というと言葉を掲げて、命を散らしていく姿を描いているものが多いが、この作品では、「国のために死ぬ」ということにリアリティを感じない、現在の若者にダブル、主人公、渡辺の視点から、戦争を描いている点が斬新である。何のために生きているのか、その答えを求めながら特攻隊に志願した男という設定を受け入れられるかどうかで作品の評価が別れてくるだろう。同時に、俺自身の人生を俺のものにするために回天に乗ることに命を燃やすという主人公の、思考に共感することが可能かどうかという点
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 歴史の漫画はフィクションを交えないと
今の現代人には理解できないという(売れない)現実があります。... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: ゆーじ
5つ星のうち 3.0 まだ、なんとも
まだ1巻だけでは良い作品かどうかはわかんない。
ただ、回天はあまりにも悲しい兵器だということはよくわかった。
投稿日: 3か月前 投稿者: A
5つ星のうち 4.0 小説版「永遠の0」を読んでから、買いました。
小説版の「永遠の0」を何十回も読み、心を鷲掴みにされたような感動を受けました。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: タッキー
5つ星のうち 4.0 戦争とは、不条理とは
戦争の不条理さと人の感情の葛藤が、現在を生きる自分にも痛いほどわかった。
投稿日: 7か月前 投稿者: モンモン
5つ星のうち 3.0 まずは1巻をお試しで
近所の本屋、古本屋に無いこともあってか俄然気になりAmazonで購入。

内容は他の方がレビューしてるとおりです。... 続きを読む
投稿日: 12か月前 投稿者: gin
5つ星のうち 4.0 歴史物は難しい。
本作を読んだ後、調べてみると、実在の軍人が何人も登場しており、
また発案者たちに至っては当時20歳そこそこで回天を発案、... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: アジアの息吹
5つ星のうち 2.0 言葉が
登場人物が発する言葉が軽いような気がした。

登場人物の背負う過去も、劇的なものではない気がする。... 続きを読む
投稿日: 2011/1/27 投稿者: とぴ
5つ星のうち 5.0 回天に乗る若者の苦悩
人間魚雷「回天」に乗って特攻する若者の苦悩を描いたマンガです。第1巻では主人公が何故自分は生きているのか、何故死ぬのか、死ぬことに意味があるのか、苦悩します。非常... 続きを読む
投稿日: 2011/1/17 投稿者: ramblelazy
5つ星のうち 3.0 続きがでない
という点で減点です。 内容はよく練られており、戦争好きの(ミリタリー好きの?)ひと以外にも受け入れられる、真面目な漫画だと思います。... 続きを読む
投稿日: 2010/10/25 投稿者: 滲
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xa76434ec)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック