この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

特務咆哮艦ユミハリ 1 (バーズコミックス) コミック – 2005/6/24


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 64


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • コミック: 177ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2005/6/24)
  • ISBN-10: 4344805755
  • ISBN-13: 978-4344805750
  • 発売日: 2005/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 来生サリオ 投稿日 2007/12/6
形式: コミック
この作者の作品はほとんど読んでいますが、
この作品はその中でもずば抜けてSFしてます。
『SFマンガとはこういうもんだ、よっく見ておけ!』的なクオリティ。
抜群に面白いです。

SFを絵にする。
まさにその一言のためのような作品です。

海に浮かぶ汽車と村上水軍の戦争が、まず面白い。
ミクスチュアの異様さが見ごたえありますし、汽車船の設定も非常に細かい。
また、未来人や土偶など、出てくるキャラがほぼ全て異様で、
見た瞬間インパクトのある合わせ技です。
裏表紙を見てください。
亀に足を突っ込んだ、赤い仮面を被った少女なんて、何をどうしたらそんな造詣が出てくるのか。

時間戦争の概念や各ガジェットも、非常に想像力豊かで興味をそそられます。

ストーリー的には謎だらけ、ワケの分からないことだらけのうえ、
不条理ホラーといってもいいくらいの怖さ。
心臓の弱い人は見ない方がいいでしょう。
鎧武者がサクサク人を殺していく場面は下手なホラーより震えます。

この人のストーリーの大元に一貫しているのですが、
汚れのない子供がひたすら救いのない状況に陥っていくという流れも健
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック