Amazon Kindleでは、 父・金正日と私 金正男独占告白 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
1点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
父・金&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

父・金正日と私 金正男独占告白 単行本 – 2012/1/19


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

父・金正日と私 金正男独占告白 + 拉致と決断
両方の価格: ¥ 2,916
ポイントの合計:  89pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

父上は厳しくても、愛情が深かった。「三代世襲」にはもともと否定的でした。祖父(金日成主席)に容貌だけ似ている弟の正恩が、どれだけ北朝鮮の人々を満足させられるか、疑問です。世界的スクープ!インタビュー7時間+メール150通。

著者について

五味 洋治
1958年7月26日長野県茅野市生まれ。1982年早大第一文学部卒。1983年東京新聞(中日新聞東京本社)入社。社会部、政治部(官邸、野党担当)を経て1997年、韓国延世大学語学留学。1999~2002年ソウル支局、2003~2006年中国総局勤務。主に朝鮮半島情勢を取材。2008~2009年、フルブライト交換留学生で米ジョージタウン大に客員研究員として在籍。現在、東京新聞編集委員(外交・安保担当)。

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/1/19)
  • ISBN-10: 4163751904
  • ISBN-13: 978-4163751900
  • 発売日: 2012/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (48件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 71,614位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 とし坊 投稿日 2012/5/6
形式: 単行本
 北朝鮮の後継者と目された人が、日本のマスコミに大きく取り上げられた。金正日氏の長男・金正男氏のイメージは、遊び人的で、いかにも放蕩息子。父が寄せ付けなかったとのことから、別の兄弟が後継者となるというものだった。
 しかし、内実は違ったようです。彼は、国家指導者の継承については、三世代世襲には強く反対していたとのこと。また、海外での留学生活の中から、民主主義的な思考もあったとのこと。それは、メールのやりとりからも充分に伺えます。
 しかしメール取材と言いても、これほどの内容が元指導者の息子から語られると、本人は身辺の危うさを感じますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
108 人中、89人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いせむし トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本
出会いは2004年、空港での偶然の出会い。
記者は金正男似の男性に声をかける。
するとまさに金正男。
他の新聞記者も押し掛ける混乱の中、
名刺を渡す記者。
数ヶ月後、金正男からメールが届く。

以降の金正男と著者のメールのやり取り、
そしてインタビューからなる書籍であります。

150通からなるメール。
数時間のインタビュー。
北朝鮮のその時事についてのコメントは、
基本的にありません。

金正日の長男が、
北朝鮮の時事について個別論評するのは、
インパクトが大き過ぎます。
従ってメールやインタビューの話題は、
一般論というか、金正男の価値観が中心になっています。
そのため金正男のひととなりがよく分かるのであります。

これがまともなのだ。
教条的な発言は一切なく、
極めて現実的。
北朝鮮の人民の飢えを嘆き、経済不振を憂いております。

更に自身を含めた、
金正日の子どもたちによる、北朝鮮世襲についてはきっぱり否定。
この辺りの価値観は西側というか、
我々とほとんど同じ。
日本
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キタ 投稿日 2012/1/27
形式: 単行本
本書における金正男の言葉は単なる暴露ではなく、内側の人間だからこそ語れる事実が明かされる。
日本で語られる北朝鮮の情報は伝聞・推定が多く物足りなさを感じるが、本書はその物足りなさを解消させてくれる。
見た目はあんな感じなのでどうかと思っていたが、本書を読む限り北朝鮮の本質を客観的に見ているところも多々あり、かなり知的な人物と見受けられる。
北朝鮮に関心のある人には外せないインテリジェンス本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akanezora 投稿日 2012/2/14
形式: 単行本
2004年以来はじめたE-mail及び取材のプロセスが綿密に再現されており、非常にリアリティがあり資料的価値の高い仕上がりになっている。

丹念かつ微妙なやり取りの中で、筆者は心に潜む金正男の本音を一部でも引き出すことに成功していると思われる。
改革派として半ば国を追われるように出て行った彼が、それでも祖国を心配している様子が伺える。
その心配がどのような形で行動に表れるのか、それともやはり表れないのか。
今世界で最も注目される男が残したメッセージは、この本が一つの終わりではなく、新たなはじまりのようにも思われる。
北朝鮮の動向ともども、向こう数年最も目が離せない存在であることは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
59 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本
金正男氏と言えば10年ほど前に日本に不法入国し「ディズニーランドに行きたかった」と言ったという報道をみて放蕩息子、または北朝鮮の権力者の馬鹿息子というマスコミの作り上げたイメージを漠然と持っていた。
著者は偶然とも言える空港での立ち話をきっかけに正男氏とメールでの対話、インタビューに成功した。
本書にはそのメールのやり取りの内容とインタビュー内容が収録されている。

現在マスコミでは本書を「暴露本」として取りあげているが、内容に暴露的な部分は殆どなく同じような内容(北朝鮮の監視を意識した無難な回答)が繰り返されているに過ぎない部分は残念。
しかしながら、これまで漠然と持っていた放蕩息子というイメージは完全に払拭されどちらかというと、冷静でクレバーな人物というイメージが強まった(メールでのやり取りが本物であることが前提であるが…)。

改革・開放路線を父親に主張し権力の座から遠退いたとされているが、今後三代目世襲が失敗に終わる可能性も小さくないことから引き続き正男氏は注目すべき人物であることは間違いない。

注目の日本人の拉致問題については、両国の見解の違い等から解決の可能性が低いと述べているが、中学時代に拉致された横田めぐみさんも既に40代後半。この時期に政府が真剣に対応し解決に繋がることを祈っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック