Androidアプリストア Amazonファミリー Amazonポイント Cloud Drive Photos Officeがクーポンで最大30%OFF  Amazon MasterCard nav_flyout_biss ギターエフェクター ProcameraStore 靴&バッグの秋冬アイテム新着入荷 Fire HD 6 Fire HD 7 Fire HDX 8.9 敬老の日ギフト ドラッグストア大感謝祭 リフォームストア Kindle Amazon MP3 キャンプ初心者ストア プライム・ビデオ 9月スタート
Amazon Kindleでは、 父・金正日と私 金正男独占告白 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
通常10~12日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
父・金&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化がありま す☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品 (CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属して おりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる 場合があります。発送にはクロネコメール便、また はゆうメールを使用します☆万が一商品に不備が あった場合は、メールにてご連絡ください。対応さ せていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

父・金正日と私 金正男独占告白 単行本 – 2012/1/19

50件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 父・金正日と私 金正男独占告白
  • +
  • マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

父上は厳しくても、愛情が深かった。「三代世襲」にはもともと否定的でした。祖父(金日成主席)に容貌だけ似ている弟の正恩が、どれだけ北朝鮮の人々を満足させられるか、疑問です。世界的スクープ!インタビュー7時間+メール150通。

著者について

五味 洋治
1958年7月26日長野県茅野市生まれ。1982年早大第一文学部卒。1983年東京新聞(中日新聞東京本社)入社。社会部、政治部(官邸、野党担当)を経て1997年、韓国延世大学語学留学。1999~2002年ソウル支局、2003~2006年中国総局勤務。主に朝鮮半島情勢を取材。2008~2009年、フルブライト交換留学生で米ジョージタウン大に客員研究員として在籍。現在、東京新聞編集委員(外交・安保担当)。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/1/19)
  • ISBN-10: 4163751904
  • ISBN-13: 978-4163751900
  • 発売日: 2012/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (50件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,907位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 目次 | 抜粋
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

110 人中、91人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いせむし トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本
出会いは2004年、空港での偶然の出会い。
記者は金正男似の男性に声をかける。
するとまさに金正男。
他の新聞記者も押し掛ける混乱の中、
名刺を渡す記者。
数ヶ月後、金正男からメールが届く。

以降の金正男と著者のメールのやり取り、
そしてインタビューからなる書籍であります。

150通からなるメール。
数時間のインタビュー。
北朝鮮のその時事についてのコメントは、
基本的にありません。

金正日の長男が、
北朝鮮の時事について個別論評するのは、
インパクトが大き過ぎます。
従ってメールやインタビューの話題は、
一般論というか、金正男の価値観が中心になっています。
そのため金正男のひととなりがよく分かるのであります。

これがまともなのだ。
教条的な発言は一切なく、
極めて現実的。
北朝鮮の人民の飢えを嘆き、経済不振を憂いております。

更に自身を含めた、
金正日の子どもたちによる、北朝鮮世襲についてはきっぱり否定。
この辺りの価値観は西側というか、
我々とほとんど同じ。
日本
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キタ 投稿日 2012/1/27
形式: 単行本
本書における金正男の言葉は単なる暴露ではなく、内側の人間だからこそ語れる事実が明かされる。
日本で語られる北朝鮮の情報は伝聞・推定が多く物足りなさを感じるが、本書はその物足りなさを解消させてくれる。
見た目はあんな感じなのでどうかと思っていたが、本書を読む限り北朝鮮の本質を客観的に見ているところも多々あり、かなり知的な人物と見受けられる。
北朝鮮に関心のある人には外せないインテリジェンス本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
89 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハインズ 投稿日 2012/3/1
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を出版することを金正男氏本人が同意したのだろうか?
まるで共著であるかのようなタイトルと装丁は明らかにそれを意図したものだろう。そうまでしなければ売ることができない文芸春秋も落ちぶれたものだ。
「本人から出版しないことを要請された」ことが事実かどうか知る由もないが、この本の内容が事実であるとすれば金正男氏が北朝鮮の現体制を批判し、崩壊を暗示し、中国の庇護のもとに解放改革政策を進めるであろうという著者の憶測までついた本書の出版を今の時期に容認するとは考えにくい。著者自身、先のインタビュー記事が本国を予想以上に刺激し正男氏に対する圧力が強くなったと認めているではないか。
極めて慎重ではあるが、明らかに誠意を持ってメールの質問やインタビューに答えている正男氏に対してひたすらスクープを狙った質問を友人を装いながら浴びせ続けるメールのやり取りの下りは読んでいて胸が悪くなる。
著者の前書きには、
「本書を出すことで、彼が危険な立場におかれることを私は望まない。祖国と対立する国の記者を信用して会ってくれ、メールで心の内を明かしてくれた正男氏には、心から申し訳ないと思う。・・・中略・・・私のこの気持ちを理解してくれると信じている。」(P.12)とまで書かれている。
「もっと(出版を)待っても良かった」のなら、本人と家族の安全を確認し
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akanezora 投稿日 2012/2/14
形式: 単行本
2004年以来はじめたE-mail及び取材のプロセスが綿密に再現されており、非常にリアリティがあり資料的価値の高い仕上がりになっている。

丹念かつ微妙なやり取りの中で、筆者は心に潜む金正男の本音を一部でも引き出すことに成功していると思われる。
改革派として半ば国を追われるように出て行った彼が、それでも祖国を心配している様子が伺える。
その心配がどのような形で行動に表れるのか、それともやはり表れないのか。
今世界で最も注目される男が残したメッセージは、この本が一つの終わりではなく、新たなはじまりのようにも思われる。
北朝鮮の動向ともども、向こう数年最も目が離せない存在であることは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
37 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2012/1/26
形式: 単行本 Amazonで購入
バンコクの紀伊国屋で話題の図書コーナーに置かれているのを発見。早速購読した。
正男氏のメールの行間を正確に読み取ろうと、熟読した。興奮した。正男氏の祖国や父・正日、弟・正恩氏への思いや怒りが肌感覚で伝わってきただけでなく、正日に対する見方が変わった。
数多ある北朝鮮関連本で彼の人物像は描かれてきたが、どれも「情報」「記号」レベルに留まっていたと思う。しかし正男氏のメールからは、正日の息遣い、総書記や父親としての苦悩ぶりが感じられ、単なる極悪非道者では捉えきれない1人の男性が浮かび上がってきた。
三世代世襲に反対していたが、そうせざるを得なかった国内事情があった…。この点は特に興味を惹かれた。
正男氏のメールを全面開示する一方、五味さん自身のメールも全面開示し、プライベートな部分もそのまま残されている。勇気のいることであり、ジャーナリストとしてフェアな仕事ぶりに
頭が下がるす。
この本は歴史に耐えうる一級の資料になるはずだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック