通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
爪と目 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。bb4581
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

爪と目 ハードカバー – 2013/7/26

5つ星のうち 2.7 66件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464 ¥ 59

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 爪と目
  • +
  • 穴
  • +
  • 春の庭
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「あなた」は眼科で父と出会う。「わたし」の爪と「あなた」の目も必ず出会う。娘と継母の嫌悪と快感を斬新な語りで描く芥川賞受賞作

内容(「BOOK」データベースより)

あるとき、母が死んだ。そして父はあなたに再婚を申し出た。あなたはコンタクトレンズで目に傷をつくり訪れた眼科で父と出会ったのだ。わたしはあなたの目をこじあけて―三歳児の「わたし」が、父、喪った母、父の再婚相手をとりまく不穏な関係を語る。母はなぜ死に、継母はどういった運命を辿るのか…。独自の視点へのアプローチで、読み手を戦慄させるホラー。芥川賞受賞作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 125ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410334511X
  • ISBN-13: 978-4103345114
  • 発売日: 2013/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 66件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 144,985位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 たか 投稿日 2015/12/30
形式: Kindle版
芥川賞作品ということもあって大きな期待を持って読み始めた。
これまで読んだことのないような文体と子ども目線でのストーリー展開に序盤は興味を持ったが、読み終えてみれば残念ながらそれほど面白い作品ではないというのが正直な感想である。
他の作品を読んだことがないので著者への評価は何とも言えないが、この作品だけみると今後支持することはないと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kumarin 投稿日 2015/12/2
形式: ハードカバー
はじめて(父が)あなたと関係をもった日、帰り際になって「君とは結婚できない」と言った。

そう書けば普通に伝わるのに、ワザと伝わりにくくしている技術?が、文学性や芸術性なんでしょうか…

その時点で、もはや日本の文学、芥川賞、終わった感がする。

キチンと人間を書くことが、芥川賞受賞に結びつくと思いたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
藤野可織「爪と目」は芥川賞の受賞作。
とてもいやな感じが残る文体である。途上人物は3人+1人、じゃなかった、女2人に男2人――でもないなあ。女2人。父親の愛人(後妻)と父の連れ子の3歳の少女、と言った方がいいのかな? 厳密にいうと死んだ母親も出てくるから女3人?
こういう単純なところからややこしくなるくらいに、いやあな感じなのだ。それは一番いい部分の文章を見るともっとはっきりする。

水分を失った眼球は、型くずれしはじめていた。ほんとうならただ丸く膨らんでいるはずのまぶたは、膨らみの最頂部でぽこんと小さく凹んでいた。それが、死んだわたしの母のまぶただ。           (428ページ)

しおり紐が「し」のかたちではさまっていた。まだ一度も使われていないしおり紐だった。その薄紫色のしおり紐をつまみあげると、ページの表面が同じ形にくぼんでいた。                  (431ページ)

「もの」のへこみが描写されている。へこみの原因は違うのだが、対象を長く見つめてきた人間だけが気づく小さな対象の変化である。これが「ひとり」の登場人物の視点なら、それはそのひとの個性になる。ところがこの小説では、前者は3歳の少女、後者は父の愛人である。年齢も立場も違う人間が、同じようにもののへこみに目をこらし
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
メディアで何度か紹介されていて、その設定が面白そうなので買ってみました。

3歳の女の子"わたし"と、その父親の愛人″あなた"がメインの登場人物なのですが、
ほとんど名前が出てこないため、少し分かりにくかったです。

特に"あなたの母親があなたを"と書いたあと″彼女が"などと書かれると
愛人のことなのか、愛人の母親なのかどちらを指すのか
読んでいて一瞬戸惑うこともありました。
(私の読解力の問題なのでしょうけど。)

"あなた"、"わたし"で通すなら、名前はまったく出てこないほうが
ミステリアスでよかったんじゃないかなぁ、とも思いました。

ホラー小説というような紹介を聞いていたわりには特段怖くないように思いました。

3歳の子が知りえない、理解できそうもないことまで知っているというのが
なぜなのかという答えや示唆もないので、なんだかその設定が突飛に感じました。

どこが芥川賞に評価されたのでしょう?
悪くもないけど、おおすごい!とは思えなかったです。

見る人がみればすごいのかもしれませんが、
ただの本を読むのがちょっと好きな私にはそれが良く分かりませんでした。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
これがその賞に値する作品なのか疑問に思いました。

何が斬新なのか。新しくも何ともない。作者は、ロールプレイングゲームをさんざんやった人なのか?と思うほど、この作品の語りは、この書き様は、RPGに感化されてしまっただけの駄文のように思えてしまいます。

まったく、RPGの吹き出しの文章を読んでいるのと変わらない。

これが小説?まったく、期待しすぎました。
ロールプレイングゲームを少しでもやったことがあれば、ああ、斬新と言われている文体のパターンはここからか、と容易にわかります。

巷の書評では、実験的作風と称して全体的に肯定するものが多いのですが、これにもあきれかえりました。
書評の中には、実母の死因を転落死として堂々と書いているものもあり、本当に読んだのかと疑問に思います。
書評というものはあてにならない。
ここにきて皆さんの、レビューを読み、やっと本当の評価を見た気がしました。

頭が混乱するような、読み直してしまう冒頭を実験的手法というならまだしも、結末に至ってはあれはなんなのでしょうか。
恐怖を感じるとか、ホラーと言うには全くお粗末で、含みを持たせるかのような言葉の羅列のみですから、読後は、「・・で?」というしかありません。
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック