Amazon Kindleでは、 爪と目 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
爪と目
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで 爪と目 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

爪と目 [ハードカバー]

藤野 可織
5つ星のうち 2.7  レビューをすべて見る (61件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,296 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 1,200  
ハードカバー ¥ 1,296  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

爪と目 + ホテルローヤル
合計価格: ¥ 2,808

選択された商品をまとめて購入
  • ホテルローヤル ¥ 1,512

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

「あなた」は眼科で父と出会う。「わたし」の爪と「あなた」の目も必ず出会う。娘と継母の嫌悪と快感を斬新な語りで描く芥川賞受賞作

登録情報

  • ハードカバー: 125ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/7/26)
  • 言語: 日本語, 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 410334511X
  • ISBN-13: 978-4103345114
  • 発売日: 2013/7/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7  レビューをすべて見る (61件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 97,440位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
投稿者 山科のうし トップ1000レビュアー
形式:ハードカバー
芥川賞というと、年2回、けっこう大々的にニュースになり宣伝もされるから、
小説を読む読者には関心を持つ人が多いだろう。
しかし、どの程度広く読まれ、かつ楽しめるかというと、
それぞれの差が激しいと思う。

藤野可織の「爪と目」が芥川賞を受賞したとき、
私はたまたま同じ藤野の『パトロネ』を読んでいた。
読んだ順番はだから、こちらが後である。

話題の作品を読んでみて、この作家の力量は疑いようはないと思う。
奇抜といってよいユニークな着想、細かな神経の行き届いた文章力、
そこに創りだされる不思議な空間の味わい。

しかし、では読者がこれを好むかというと、そうそう簡単ではない。
さらにいえば、同じ藤野可織の中でも、この芥川賞受賞作は
評価ないしは好みの差の幅が大きいような気がする。
それだけ設定が曲者なのだ。

母親が死んで、父親が再婚した相手、つまり継母との軋轢を、
娘の視点から見て綴ったものだが、
話題になったのは継母を描写するときの「あなた」という二人称だ。

周知のように小説の語りは、たとえば村上春樹の「僕」のような一人称か、
彼、彼女など、あるいは名前
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 絵画的な楽しみ方をすべし 2014/7/21
投稿者 まるぼうろ
形式:ハードカバー
とても上手く描かれていると思いました。

主な登場人物が、「わたし」「あなた」というように一人称と二人称で書かれ、「わたし」が現実的には知りえないであろう「あなた」についての細部をも語ります。このことが、この作品世界が独特の視点から描かれているという印象を与えます。

現実生活から超越した場所に視点があるのですが、それは三人称小説のような神の視点ではなく、あくまでも「わたし」の主観でありながら、現実生活から超越した存在(たとえば死後のような)となった「わたし」の視点なのです。丁寧に書かれた文章で、読者はその超越的な「わたし」の主観が立つ次元に無理なく導かれます。(人物の相関関係が分かりにくいという評価もありますが、少し気をつけて勘違いしないようにすれば大丈夫なレベルだと思います。)

登場人物の情緒や内省がないため、「こんなやつおるか!気持ち悪っ!こわっ」とリアリズムの見方では思うのですが、そう言う部分をあえて捨象したことにより、描かれた事物が逆に鮮やかに浮かび上がります。それは、気持ちのよいものではないのですが、とても丁寧に描かれるので、ある種の芸術性を感じます。

ある視点から、ある見方で人間の現実を眺めれば、そんな風に見えるだろうというリアリズムがあります。

物語から教訓や共
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
5つ星のうち 3.0 買いですが・・・。 2014/8/6
投稿者 yoshioki6
形式:ハードカバー
 遅ればせながら読みました。表題作と掌編が二つ収録されています。伏線であったり仕掛けであったりが随所に散りばめられており、その手際もそれなりの説得力がありますが、その巧みさがどこか「思わせぶり」と感じられることもあって、そのあたり好悪の分かれるところかもしれません。個人的には、以前読んだレベッカ・ブラウンを思い出しました。
このレビューは参考になりましたか?
46 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 駄目でした 2013/11/15
投稿者 月下氷人
形式:ハードカバー
とにかく不快の一言です。
ストーリーは母親が死んで父親の不倫相手が継母候補として一緒に暮らします。
派遣社員だった不倫相手は会社を辞め、専業主婦のようにして娘と暮らす。
母親の死に関与した娘は情緒不安定になり…。
とまあ目新しくはないのですが、語り手が娘である「わたし」が不倫相手の「あなた」目線で語ります。
これがとにかく癇に障るというか、読んでてムズムズします。新しいかもしれないが二度とこういう手法の本は読みたくない。

ネタばれします。

ラストシーンは「わたし」がはがしたマニキュアを「あなた」の目にコンタクトレンズのように押しあてて終わりますが、
途中で成長した「わたし」が老いた「あなた」に「目を閉じればいい。見なければないのとおなじ」というようなセリフをいう将来について語られますが、それに対するフォローはなし。こういう行動を取った娘と、夫婦それぞれが浮気をしながらも結局結婚してずっと一緒に生活しているということも解せないし。とにかくわけのわからない、何が言いたいのかわからない小説?でした。

ここ十何年か、芥川賞だの直木賞だのを取った作品は絶対にお金を出して買わずに、時間がかかっても図書館で借りるようにしています。古本屋で買うことも絶対にしません。それが本
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 後味悪いけど面白かった
芥川賞作品だから・・という単純な理由で買いました。
はっきり言って、「爪と目」「しょう子さんが忘れていること」の2つは後味悪いです。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ラピュタン
5つ星のうち 5.0 短編3話「ちびっこ広場」が一番好み
「爪と目」父親が目医者に行った時に知り合った女性と同棲するようになる。語り部の娘視点が主人公のようで、義母が主人公のようでもあるところが一つの技巧かも。爪を噛む癖... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: kaizen
5つ星のうち 1.0 さっぱり…
芥川賞ということで読んでみました。作者のマスターベーションだと感じました。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: たけし
5つ星のうち 3.0 感度の悪い読者は置き去りにするしかない
独裁者の言葉の下り繰り返さなくても好いです
判る人には一回で判ります
感度の悪い読者は置き去りにするしかないでしょう... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: akira
5つ星のうち 1.0 作者の記述形式実験に付き合わされる読者の迷惑も考えて !
表題作の他、2つの短編を含む中短篇集。表題作に絞って印象を述べると、何とも我儘な作品という一言に尽きる。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: 紫陽花
5つ星のうち 1.0 殺伐とした内容
賞を取った作品なので、読んでみたが・・・。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: ペネロペ
5つ星のうち 4.0 まだ読んでいない
申し訳有りません。棚に飾ってて読んでいませんので投稿は出来ませんが、折を見計らい。
投稿日: 7か月前 投稿者: Y GOTOU
5つ星のうち 1.0 理解できない
読者に何かをうったえるというよりは、自分が書きたい事を書いているだけ。読む人の事を考えているとは思えない。時間が無駄であった。
投稿日: 8か月前 投稿者: 桐野利明
5つ星のうち 1.0 登場人物のバランスが悪い。
おもしろくなかったです。
どうしてもこのタイプの小説は深い何かを期待して読み進むんですが・・... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: ネコとチョコ
5つ星のうち 2.0 大学生の小説
立ち読みしましたが、芥川賞っていま応募数少ないんでしょうか。がっかりしました。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: merzon
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック