Amazon Kindleでは、 煌帝のバトルスローネ! 角川スニーカー文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
煌帝の&... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【FBA商品】アマゾンジャパンが出荷対応いたします。送料無料です。【商品】除菌クリーニング済み。管理シールを貼付(再剥離可能)。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

煌帝のバトルスローネ! (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2012/12/28


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

煌帝のバトルスローネ!  (角川スニーカー文庫) + クロス×レガリア    死神の花嫁 (角川スニーカー文庫) + ここから脱出たければ恋しあえっ3 (角川スニーカー文庫)
合計価格: ¥ 1,944

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

謎の事件に巻き込まれ、致命傷を負った零司。その時、異世界から“憤怒の竜姫”イラが現れ「余の前で死ぬのは許さーん!」と自身の力と引き替えに零司を救う。話を聞くと、異世界の王たちによる“煌帝”の継承戦争が勃発し、イラもその座を狙っているというのだ。しかし戦う力は零司に移ったため、継承戦争にはふたりで挑むことに!ところがパワーの源は「怒り」で、イラは強敵を前に「レイジ、今すぐ憤怒せよ!」と無茶を言い出し!?―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井上/悠宇
兵庫県出身。8月14日生まれ。第16回スニーカー大賞“優秀賞”を「思春期サイコパス」で受賞。『煌帝のバトルスローネ!』でデビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 255ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/12/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041006333
  • ISBN-13: 978-4041006337
  • 発売日: 2012/12/28
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 561,911位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2013/2/10
形式: 文庫 Amazonで購入
従来のライトノベルのポイントをおさえつつ斬新。
ライトノベルに飽きた人でも、初めて読む人にも楽しめる。

続編が楽しみやね。
是非、映像で楽しみたい作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 はやみ 投稿日 2013/1/12
形式: 文庫 Amazonで購入
「スニーカー大賞」優秀賞受賞者のデビュー作。
受賞作品ではないそうだ。

若者受けしそうな、
続編がどんどん出せそうな、
アニメ化できそうな話。

デビュー作でこれだけ書くことができるなら
将来は期待できそう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック