通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
無罪 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】★送料無料、品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。アマゾン倉庫より毎日発送。簡易クリーニング済。管理ラベルは剥がれやすいシールを使用。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

無罪 単行本 – 2012/9

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 無罪
  • +
  • 推定無罪〈下〉 (文春文庫)
  • +
  • 推定無罪〈上〉 (文春文庫)
総額: ¥3,980
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

名作『推定無罪』から二十年。あの危機をくぐり抜けた検事サビッチは、判事の座に昇りつめていた。だが彼の妻が変死を遂げ、二十年前に法廷で苦汁をなめた検事が、ふたたびサビッチを殺人の罪で法廷に立たせる!
弁護側と訴追側が火花を散らす法廷で裁かれるのは人間の愛と欲、痛みと悲しみの生んだた悲劇――サビッチは有罪か無罪か。『推定無罪』と対をなす新たなる傑作リーガル・サスペンス。驚愕の真相はまたも切ない。

内容(「BOOK」データベースより)

かつて検事補殺しの裁判で無罪を勝ち取り、今や判事の座に昇りつめたラスティ・サビッチ。彼の妻バーバラが変死した、遺体の発見から通報までに空白の一日があったことに疑惑を抱いた検事局の調べで、サビッチに愛人がいたという事実が浮かび上がった。次々に状況証拠が積みあがる中、かつてサビッチの裁判で屈辱的な敗北を喫した地方検事トミー・モルトは、ついにサビッチを妻殺しで訴追することを決意した。そして因縁の法廷が幕を開ける。サビッチは妻を殺したのか、遺体発見後の空白の時間は何を意味するのか、彼は何を隠しているのか?嘘と真実と駆け引きが白熱する。そして衝撃の真実はすべてが終わったあとに明かされる。それはあまりに悲しく痛ましく、人間の愛と憎悪を描き出す―歴史的名作『推定無罪』続編の名に恥じぬ重厚なる傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 469ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163816704
  • ISBN-13: 978-4163816708
  • 発売日: 2012/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 207,673位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
名作「推定無罪」の20年振りの続編。作者も登場人物達も20年の歳月を経ている。新聞の書評には「前作の真相を明かさずに本物語を構成する手腕が凄い」とあったが、前作抜きで本作を読むと面白さと理解度は半減以下となるであろう。何しろ、主人公サビッチの妻バーバラの死を題材としているのだから。本作の説明だけでは夫妻の関係に関して隔靴掻痒の感が否めない。ただし、サビッチの愛人が深く関わっている点は前作同様で、二番煎じを防ぐための作者の手腕が焦点の1つである。第一部では冒頭でのバーバラの死の提示と時間軸を行きつ戻りつしながらのサビッチ、宿敵モルト、愛人、サビッチの息子ナット各々の視点からの事件及びその背景の説明がなされ、第二部では同一の複数視点からの公判の状況説明と結末の提示がなされるという二部構成となっている。

まず、作品のサスペンス性、ミステリ的意外性という点では前作よりかなり見劣りがする。前作の結末のツイストには驚かされたが、本作の真相は見え透いていて物足りない。もっとも、作者の意図は別にあった様だ。物語の意味付けとしてナットの存在が重要な位置を占める(ただし、その一人称の章は甘ったる過ぎる)のだが、親子・夫婦関係を軸とした家族の絆の追求・考察、そして共に60歳近くになったサビッチとモルトの心象描写を通した「人生とは何か」、言い換えれば「人生にとって重要なものは何か」と
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 本作『無罪』が、スコット・トゥローの二十数年まえのベストセラー『推定無罪』の続篇ともいえる作品であることは知っていたが、かって小説でも映画でも続篇では期待外れが多く本書も読みたいとは思わなかったのである。
 が、他に読みたくなるような本もなくなんとなくAmazonで入手してまった。
 大昔に読んだ『推定無罪』は、本当に印象深い作品であり、ハリソン・フォード主演の映画も観たからストーリーはかなり記憶していると思ったが、本書『無罪』を読み始めたら、どうしても デティールも知りたくなり在庫のなかから『推定無罪』上・下巻を探しだして流し読みすることになってしまった。(特に下巻の後半は熟読してしまった。)
 下巻の奥付を見ると1989年4月第8刷と記されているから、評者が読んでから27年という時が過ぎているから細部については当然ながら記憶していない。
 特に『推定無罪』下巻の40章で主人公のラスティ・サビッチが市警殺人課刑事のダン・リップランザーとの会話を本書『無罪を』読む前に読んでおいてよかったと思う。
 ネタバレになるからこのレビューで評者は詳しく書くことを避けるが、なんとなく記憶していたラスティ夫人バーバラを、この二人の会話で知っておくことで本書『無罪』を、より興味深く読むことができたからである。
 リーガル・サスペンスとし
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
20数年前に話題になった法廷ミステリー「推定無罪」のまさに続編である。丁度同じ20数年ほど歳を取った、元検事、今は裁判官をしているラス
ティ・サビッチとその家族の物語である。この仕掛けも一級の法廷ものとしての要素を十分備えているが、やはりこれは60歳を過ぎ、老いを身に
もって感じる年代になったサビッチと妻、そして長男のまぎれもない家族の抱える問題を描いたストーリーである。妻バーバラはやはり20数年前の
事件以来、躁鬱を繰り返し精神的に安定しない。
サビッチはその職業柄決してそうなってはいけないはずの不倫を再び繰り返すことになる。しかも毒殺で告訴されている被告にその判決結果を
教えるという飛んでもないミスも犯す。60歳を過ぎた男のある意味不安定な精神状態がうまく描かれている。前後するが、この妻バーバラが
変死することでこの作品は幕を開ける。
すぐに彼女の死を警察に届けず24時間待ったがゆえに、20年前と同じくサビッチの犯罪が疑われることになる。ここで登場するのが地方検事
のトミー・モルトだ。だが、彼は20年前にサビッチを訴追して敗れた後に、晩婚だが幸せな家庭を気づいており、今回もサビッチを起訴すべきかどうか
大いに悩む。ここらへん、モルトの性格描写は非常に鮮やかで、彼がこの作
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は、皆さんもご存じ映画化もされた名作”推定無罪“の続篇である、時がたつのも早いもので前作から約20年ぶりである。
首席検事補であったラスティ・サビッチも今や60歳。上訴裁判所首席判事である。いきなりだが、彼は、妻バーバラが亡くなり、殺人の容疑で逮捕される。
ところが、サビッチの弁護士はサンディ・スターンで、検事はトミー・モルトなんである!
前作“推定無罪”をお読みになった方なら思い出されるでしょう・・・奇しくも23年前の女性検事補殺人事件のときと同じ対決になるのですから。スコット・トゥローの作品は一字一句よく噛み締める必要があり、読み飛ばせない。詳細は読んで楽しまれるのが一番です。臨場感ある法廷劇の筆致の見事さ、意外な話の展開とどんでん返しも好い。
しかし注目すべきは、この著者の秀逸な人間観察による記述が素晴らしく、我々に読ませる作品になっていることだと思う。愛の苦悩、愛することの辛さ、愛してはいけない人を愛したやましさ、告白できない罪をかかえたまま生きることの苦しさ等が・・・家族、性、不倫、正義などの問題とともに著者は心を込めて描いている。この秀逸な記述に読者は自分に人生を振り返ってしまう。ただ、前作を読んだ方ならお気づきのように、伏線が張られていることである。お忘れの方は前作からお読みになりたくなるでしょう。
物語性、人生ド
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック