Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
無税生活 (ベスト新書)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

無税生活 (ベスト新書) [新書]

大村 大次郎
5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 761 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

無税生活 (ベスト新書) + あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ) + 税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ (双葉新書)
合計価格: ¥ 2,424

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

元国税調査官が明かす!「その税金、払う必要ありません!」

「海外脱出」し悠々自適に暮らす元サラリーマン
「副業で赤字申告」をして税金を逃れるサラリーマン
「外資系サラリーマン」の優雅な無税生活
無税を可能にさせる「白色申告」の恐るべき実態
「無申告」なら課税しないという盲点
「法の抜け穴」を熟知している金持ちたち
開き直って「税金を払わない」建設業者たち
「宗教法人」がもつ驚くべき特権

出版社からのコメント

 税金が天引きのサラリーマンは、税金に関して無知である。しかし、税金がもっと安ければ、もっと豊かな生活を送れるだろう。
 現在の日本では、税金と社会保険料を合わせた負担額は、所得の4割近くにもなる。手取りが300万円の人は、本当は500万円の年収があるはずなのだ。
 多くの人が税金に対して諦めをもち、4割もの税金を平気で払っているが、一方で、まったく税金を払っていない人たちもいる。
 本書では、「税金だけは払いたくない」という生き方をしている人たちのさまざまな手口を紹介している。年収の4割を取り戻したいのなら、彼らを見習ってみるのもいいだろう。

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2009/10/9)
  • ISBN-10: 4584122520
  • ISBN-13: 978-4584122525
  • 発売日: 2009/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 49,359位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
17 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 読み物として読みましょう。 2010/1/26
形式:新書
なかなかおもしろかった本ですが、節税するためのツールとして最初に読んでも全くおもしろくないし、薬に立たないと思います。しかし、税金を節約している人の方法や行動を、学習するのではなく読み物として読む分には面白い本だと思います。僕みたいな中途半端な税についての知識がある方にとってはお勧めです。
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 無税生活は購読して。 2012/3/15
By jou
形式:新書
税務署の実態、税金のからくりなど、世間に知られていない事が書かれていて、
今まで思っていた税金の概念を考えさせられました、ただ、無税生活は無理にしても
税金をほとんど払わない仕組みなど勉強になりました。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 無駄に払ってしまっているお金 2011/8/29
形式:新書
寸借詐欺とは道行く見ず知らずの人に声をかけて
帰りの交通費をなくしてしまった、などと言って情けに訴え
わずか数百円のお金を借りて、うその連絡先を教えて
返す気などなく最初からだます輩のことであるが、

これに似たような事は普段の私たちの間でも起きている
本書ではサラリーマンにおいて税金の天引きについてなどを述べているが
銀行引き落としという形で
金額が少ないため結構任せたままになっている
ものが色々とある
相手が大企業だったり、公的機関であったりするため
そういうものだと思ってしまっていて必要経費だと
割り切ってしまっていることが多い
例えば、ガス報知器や電話機などのリース、
数年以上使う場合、購入したほうが安かったりするのに
その事は教えられず、リースにしておきますね、みたいな感じで
手続きをされてしまう
毎月リース料がかかり法人ではなく個人の場合
税金の控除にもならずメリットはないにも関わらずである

生命保険や携帯電話料金なども同様で
担当営業マンは決して利用者が得をするようには考えておらず
(お得ですよと説明するが)少しでも利益が上がるように考えて
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 税金に関する面白エッセイ集 2009/12/15
形式:新書
税金に関する面白エッセイ集として読める。残念ながら,財団法人についてのpp.56-61の記述は内容が古い(2008/11までの内容)。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By freesia トップ500レビュアー
形式:新書
国に税金が入らなければ国を営んでいけないのも事実であり、納税者としては無駄な使い方を
してほしくないのもまた事実でしょう。
私は節税に励みながらも、決められた額はきちんと納めています。
しかしまあ、納めようとしない人もいるのですね。
納めていないと、いざという時にややこしい状況に陥るのではないかと小心者の私は思いますが、
それでもなんとか成り立っている、世の中を渡っていけるということなのでしょう。

実際に私の現在の生活に役立つ情報というのは見当たらなかったようですが、税務署の取り組み方や
一方納税者側の対応のあれこれが読みやすく書かれていて、「そういうこともあるんだ」と興味深く
読めました。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック