Amazon Kindleでは、 炎の蜃気楼 (集英社コバルト文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
炎の蜃&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

炎の蜃気楼(ミラージュ)(1) (コバルト文庫) 文庫 – 1990/11/2

9件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

炎の蜃気楼(ミラージュ)(1) (コバルト文庫) + 炎の蜃気楼(ミラージュ)〈2〉緋(あか)の残影 (コバルト文庫) + 炎の蜃気楼(ミラージュ)〈3〉硝子の子守歌 (コバルト文庫)
合計価格: ¥ 1,482
ポイントの合計:  48pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

武田信玄の霊を封印した『魔縁塚』が破壊された夜、高耶の親友・譲は火だるまになる夢を見た。「ようやく見つけましたぞ、お屋形様…」そう言いながら、譲に忍び寄ってくる武者たちの霊は…!?

内容(「BOOK」データベースより)

武田信玄の霊を封印した魔縁塚が、何者かによって破壊された夜、高耶の親友・譲は、火だるまになる夢を見た。「ようやく見つけましたぞ、お屋形様」譲に忍び寄ってくる武者たちの亡霊。強力な霊によって憑依されようとしている譲を救おうとする高耶は、不思議な「力」を使う直江と出会った。自ら何百年も生きた換生者と名のる直江は、高耶に前世からの宿命を告げるのだが。

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: 集英社 (1990/11/2)
  • ISBN-10: 4086114798
  • ISBN-13: 978-4086114790
  • 発売日: 1990/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (9件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 152,169位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

58 人中、57人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2002/6/19
形式: 文庫
俗に【ミラージュ】と呼ばれるシリーズの第1巻です。
今は浜田翔子さんがイラストを描いていますが、第1部は東城さんが描いていらっしゃいます。
ボーイズラブ要素がかなり濃くなってきますが、この段階ではそのにおいはまだまだしません。高耶さん(主人公)がまだ高校生ですが、恋人(?)の直江はもうおじさん(まだ20代ですが、この後30代突入)です。物語的にもかなりジェットコースターでおもしろいですし、ながーいシリーズなので読み返しも楽しいです。
歴史の勉強にもなります。
はっきりいってはまるとなかなか抜け出せないので、時間的に余裕のある時に読み始めるのが宜しいかと思います。テスト中などに読み始めると止まらなくなり、悲劇的なことになるので注意してください。
!※!星は3つになっていますが、この巻ははっきり言って序章の序章って感じです。とにかく6巻まで読んでください。おもしろくなってきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 LUNA 投稿日 2007/9/27
形式: 文庫
私もそうですが、多くの読者がこの作品に触れて人生変わったはずです。

松本に住む高校生・仰木高耶はある日1人の男と出逢う。名前は直江信綱。彼は高耶にこう告げた――あなたの名前は上杉景虎。上杉謙信の息子である、と…。「換生」という方法で他人の体を奪い、悪霊を調伏する為記憶を無くさず生き続けきたのだと。しかし記憶が無い高耶。それには理由があった――。
400年の愛憎の記憶と戦国武将達の敗者復活戦…過酷な運命が動き始める。

勝者と敗者、生きる事、愛する事。ミラージュにはいろいろな事を教わりました。一巻はマダマダ序章です。五巻以上読むと、決して抜け出せなくなり、日本史に興味が出るようになり、小説に出た場所に行きたくてしょうがなくなります!

本編は終了しても、番外編や邂逅編などはまだ続いています。苦しかったり痛い思いをするかもしれませんが、それ以上に得るものがあるので、是非未読の方はどうぞ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
28 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 霧島千春 投稿日 2004/12/6
形式: 文庫
 この作品は本当に奥が深いです。全40巻は気の遠くなるような数字ですが、初めの3~4巻さえ読めばもうあなたは炎ミラの虜になると思います。字が苦手と言う人は漫画やアニメも出ているのでそっちから入るのもいいと思います。実は私もアニメから始めたクチなので;どっちも、とってもいいですよ~。どんどんBL化していきますがそんなにってほどでもないし、むしろ‘そこ’に行き着くまでの二人のあり方に胸を締め付けられます。決して楽しくて甘い様な話ではありません。でも、読むと自然と涙が出てきます。苦しさしかない中で‘偽善’というものがどれほど無力か、私たちがいかに甘ったれているか、がよく分かります。どうか、あれほど弱くてひたむきで優しすぎる高耶の生き方を見て下さい。感動という安っぽさでは終わりません!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マキハラ 投稿日 2009/7/1
形式: 文庫
長い長い全40巻の第1巻。

怨霊と化した武将達による闇戦国を消滅させる為、軍神となった上杉謙信の名代として、時を超えて戦い続ける上杉景虎とその部下達の物語。

と書くと非常に簡単ですが。中身はそんな一筋縄ではいかない極太の魂の話です。

400年間生きるという事が、どれほど重い事か。愛することや生きることへのひたすらな懊悩が、桑原作品独特のみっしりした内面描写でこれでもかと描かれた世界。

ミラージュを始めて読み始めた時、私はまだ中学生でした。本当に、青春の一部でした。

まあ、1巻は武田氏とか出て来ますが、まだまだ序章という印象が拭えません。直江と景虎の関係は400年でこじれまくっているせいで、この後どんどんハードになって行きますが、まだこの巻では「過去に何かあったな」ぐらいにしか感じられません。

文体も会話もややソフトで、サイキック・アクションのライトノベルという体裁をまだ保っていると思います。

BL作品としての世間の認知度があまりにも高い作品ですが。シリーズ累計600万部という圧倒的な数字を成し遂げ、多くの同人作家を生み出し、武将ブームも生み出したこの作品の要素が、とてもそれだけとは思えません。

完結から大分経ってしまいましたが、気になった方はゼヒ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 おてもと 投稿日 2007/11/4
形式: 文庫
 どんな・・・?これがはっきり言って最初の感想でした。どんな内容なのよ、と、最初は少なからず不信感から読み始めました。はっきり言って内容が現実離れしてますし、霊やら換生、上杉・・・そして毘沙門天・・・(!)。はじめ読み始めた頃は、なんなの?物語の進む方向、意図が分からない・・・。オカルトでマニアックな宗教本ないし歴史本でも読んでいるようでした。
 でも、これが長い長い彼らの物語の始まりだと思うと納得します。今、この最初の巻を読むと、とても懐かしく、微笑ましいです。ちょっと不良(?)だけれど、普通の高校生、仰木高耶。しかし彼は直江信綱が探し求めてやまない強大な上杉影虎だった。高耶は自分は影虎ではないと言い張るが・・・。そして彼の周辺で次々と起こりだす霊現象・・・。
 私にとって今は、意味が深くとても大切な一冊ですが、これから読もう、と思っている方には「?」がつく場合も。上で述べた通り、多かれ少なかれ現実的ではありませんし、ストーリ的には日本史が絡んできます。この辺が苦手な方は最初から少し、敬遠してしまうかもしれません。しかし巧みな文章なので、歴史に興味がない、という方でも軽く入っていくことができます。とりあえず、この一冊だけでなく、読み進んでほしいと思います。勿論、この本自体面白いですし、『炎の蜃気楼』独特の世界観に気がつくとハマッています。また日本の歴史に触れる
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック