¥ 1,069
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
火車 (新... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

火車 (新潮文庫) 文庫 – 1998/1/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 36
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,069
¥ 1,069 ¥ 41


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

火車 (新潮文庫) + 理由 (朝日文庫) + レベル7(セブン) (新潮文庫)
合計価格: ¥ 3,064
ポイントの合計:  95pt (3%)

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第6回(1993年) 山本周五郎賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

登録情報

  • 文庫: 590ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1998/1/30)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4101369186
  • ISBN-13: 978-4101369181
  • 発売日: 1998/1/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (333件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,713位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

54 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 食パン 投稿日 2001/9/3
形式: 文庫
精密なプロットにもかかわらず、わかりやすいストーリー展開。 筆者の非凡さを感じる。思わず引き込まれる。 今風の題材を扱っているのも、いい。 特に最後の5ページの、あの描写の素晴らしさはどうだろう! 小説であるのもかかわらず、この世界から、現実への復帰は、とても恐ろしい。 高い芸術性にあふれた、素晴らしい作品だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
101 人中、82人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kaze 投稿日 2005/10/17
形式: 文庫
哀しい名作。
休職中の刑事が、親戚の若者から頼まれたのは、失踪した婚約者を探すことだった。苦労して婚約者の知り合いを見つけ出して話を聞き、最後に写真を見せると…「別人です。あなたは別人の話をしている」。もはやただの失踪事件ではなくなっていた…
カードやサラ金地獄を背景に描かれる、現代の人間の悲劇。
読み終った時、言葉に出来ない割り切れなさを感じた。哀しいようないらだち。それは何だったのか。
本当に悪いのは、罪を犯した犯人ではなく、その人を犯罪へと追い込んだものたち。しかし裁かれるのはいつもその人だけで、犯罪へと追い込んだものたちは、その後も、何も変わらずに続いていく。
一体、誰が彼女を責められるのか。誰も彼女を救えなかったのに。
ちょっと冗舌なのが気になったが、おすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
73 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ブラックベルト 投稿日 2007/3/16
形式: 文庫
そこそこの長編だがあまりの面白さに一気に読めてしまう。まさにミステリー史に残る傑作だと思う。自己破産やカードローンなど金融関係の用語が多く、現代の社会情勢をテーマにした内容で難しく感じるかもしれないが、心配することはないでしょう。ともすれば、説明的になる部分も、そこは著者の力量で面白く読めた。後半にかかるとスピード感はアップし、ぐいぐいストーリーに引き込まれていった。そして罪を犯すものにもそれぞれの人生があり、皆必死で「生きている」のだと感じた。ラストシーンはもうこれ以上ないのではないかと思えるほどかっこいい終わりかた。最後の1行まで楽しめた稀有な傑作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あきら トップ500レビュアー 投稿日 2013/10/13
形式: 文庫 Amazonで購入
引き込まれるように読んだ。クレジット社会のもたらす問題点をえぐったものである。
小説の構成がかなり堅牢で、つながりが巧みである。最後も余韻があってなかなか憎い。
著者は法律事務所に勤務していたようで、素材と資料を十分に自分のものにしている。
住民票の取り方(〜役所で他人も取れてしまう)など リアルで実態をよく把握している
ため、リアルで説得力のある展開となっている。
唯一 リアルを感じさせない、小説だと思わせる点は、「新城喬子」のような生き方は
ありえないと思う点である。通常の人間ならこのような重圧におしつぶされて生きていけない
のではないかと思う。
何はともあれ、読んだ後無駄だったという思いはない。為になる本である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
96 人中、74人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 マイケル・朦朧 投稿日 2008/5/8
形式: 文庫
書棚の整理をしていたら、十年以上前に読んだこの本が出てきた。
ぱらぱらとめくるうち、ありゃりゃ、当時と同じくたちまちのうちに引き込まれ、
最後まですっかり読み直してしまったじゃありませんか。
そう、そのくらい面白いのだ、火車という小説は(個人情報保護法が施行されインターネット網が
社会の隅々まで行き渡った今、使えないエピソードばかりになってしまったがそれを割り引いてもだ)。
けど…。
「カード破産のすべて、とはいわないけどほとんどは社会が悪いのだぁ〜」みたいな論調はやっぱりひっかかるし、
犯人(といっていいのかね)の女性の過去は確かに悲惨で同情を禁じ得じえないが、
いくらかわいそうな身の上でしかも男心をとろかす抜群の美貌だからって、あれほどに自分勝手で
あさましい行為の数々(私にはそのようにしか思えない)が許されるって訳でもないであろう。
正直、ここにレビューを書かれている多くの方々のようなシンパシーは感じられず、どっちかというと
彼女の元夫により多く同情してしまったくらいです。

そもそも宮部みゆきさんの作品は徹底して性善説の立場から書かれているものが多く、そのハートウォーミングな
作風こそが魅力なのだと、私だって心底思う。だから、それをいっ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
32 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 spa 投稿日 2002/5/17
形式: 文庫
社会的問題を背景にして、個人がひょんなところから過ちを犯し、
落ちていく。しかしラストはそれを幾分か救うような温かい眼差しが
注がれているように思う。人間への温かい心を持ちつつ、社会の暗部を描き、
そしてその周りの人の気持ちを詳細に書き綴るこの作品は世界に誇れると思う。
そして読者には、その現場に居合わせてしまったような緊迫感漂う
ラストシーンが待っている!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック