Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 4,980

または
 
   
Amazon買取サービス
最大買取価格 ¥ 2,110
買取
こちらからもご購入いただけます
シャイン リング カートに入れる
¥ 7,690
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
火垂るの墓 [Blu-ray]
 
イメージを拡大
 

火垂るの墓 [Blu-ray]

高畑勲 Blu-ray
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (202件のカスタマーレビュー)
参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,863 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,481 (20%)
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
『かぐや姫の物語』特集
高畑勲、14年ぶりの最新作。そして、ジブリ史上、最大の野心作。姫の犯した罪と罰。 スタジオジブリが描く真実(ほんとう)のかぐや姫。 特集ページで今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 「Office 2013」ほか対象のPCソフトとまとめ買いでDVD・ブルーレイが最大5000円OFF ※対象商品、割引金額は必ず キャンペーンページにてご確認ください

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 10/6まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

火垂るの墓 [Blu-ray] + となりのトトロ [Blu-ray] + 魔女の宅急便 [Blu-ray]
合計価格: ¥ 16,789

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 高畑勲
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • DVD発売日: 2012/07/18
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (202件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B007UMSCCY
  • EAN: 4959241713568
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 7,492位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

ジブリ映画をDVDよりも美しい映像で見る。

ジブリがいっぱいCOLLECTION
高畑 勲 監督作品
『火垂るの墓』 ブルーレイディスク

ブルーレイディスク化にあたり、映像特典には本編とのピクチャー・イン・ピクチャーで楽しむことの出来る絵コンテ映像やアフレコ台本、インタビュー映像や設定資料を収めた静止画集などを収録しています。また、監督や主要スタッフのインタビューを収録、音声特典としてお楽しみいただけます。
また、野坂昭如のエッセイを封入。“昭和20年"から60年以上が経過した今、『火垂るの墓』が持つ意味を問います。

【商品仕様詳細】

<仕様>
BD50/1枚/ピクチャーディスク/MPEG-4AVC/複製不能

<画面サイズ>
16:9ワイドスクリーン 1920×1080 FULL HD

<音声>
日本語(2.0chサラウンド/DTS-HDマスターオーディオTM(ロスレス))

<字幕>
日本語、英語

<映像特典>
●絵コンテ(本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)
●絵コンテビデオ1 (約2分)
●絵コンテビデオ2 (約1分)
●アフレコ台本
●監督 高畑 勲 インタビュー映像 (約18分)
●批評家 ロジャー・イーバート インタビュー映像 (約12分)
●予告編集
●静止画集 (ロケハン写真集/美術設定集/美術ボード集/イメージボード集/キャラクター設定・色指定集/全背景画集/製作風景写真集)

<音声特典>
●インタビュー (約58分)
監督 高畑 勲/美術監督 山本二三/レイアウト・作画監督補佐 百瀬義行
色彩設計 保田道世/音響監督 浦上靖夫/音楽 間宮芳生
●録音ドキュメント1 (約6分)/録音ドキュメント2 (約6分)

★特殊パッケージ仕様
★野坂昭如のエッセイとプロダクション・ノートを封入
※DVD「火垂るの墓 完全保存版」に封入されたものと同じです。

<同時発売>
『となりのトトロ』&『火垂るの墓』2本立てブルーレイ特別セット (初回限定)
『となりのトトロ (ブルーレイ)』

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

直木賞を受賞した野坂昭如の同名小説を高畑勲が映画化し、『となりのトトロ』と2本立てで公開された戦争アニメ。戦時中の日本を舞台に、両親を亡くした幼いふたりの兄妹が懸命に生きる姿を描く。インタビューほか、特典映像も多数収録。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
133 人中、123人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 どこに本質を見るか☆ 2008/6/3
形式:DVD
戦争によってもたらされる悲劇に、
何より2人の生きる姿の中にある人間というものの悲劇性に、心が痛くなりました。

清太の親戚のおばさんの家を出ていくという行動は、決して賢明なものではなかったと思います。正しいかどうかでいえば正しくはなかったでしょう。
ただ、あの状況下の中で、清太が清太なりに、懸命に悩み抜き出した答えだったことは言うまでもなく、それは私利私欲ではなく、自分達だけの城というものの中に光を見つけた(ような気がした)からという、ただ妹を救いたい、幸せになれるはずだと信じての行動です。

結果的にその生活は失敗し、唯一の糧だった妹は死に、自分も果てます。

反社会的な行動を肯定したいわけではありません。
かといって、私は清太を責めるのは違うと思いますし、2人の生き方にこれ以上のものを求めたり、理屈をぶつけるのは意味のないことではないでしょうか。

亡霊として現れる彼を見ると、彼自身が一番無念だったんじゃないかと想像します。今も戦争を、そして自分を許せないのかもしれません。それを思うとたまらないものがあります。

彼には導いてくれるような助けや支えが、あるいは時間や経験が必要でした。本来それは与えられるはずだったと思います。そんなに完璧に生きられる
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
101 人中、93人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 人間の真実 2003/8/29
投稿者 カスタマー
形式:DVD
この映画を観ると胸が張り裂けそうになります。
「かわいそう」とか、「戦争の悲惨さ」とか、そういった、題名をつけて括れるようなものではなく、非常に複雑で痛烈な感情です。
それは、人間の真実を描いているからなのだと思います。
戦争という絶対的な現実が覆い被さった時、コミュニティは、人は、自分が生き残ることに必死になり、弱者を顧みる余裕もなくなり、庇護者を失った子供達は社会に無視され、取り残されて行く。
この映画では、その現実を、淡々と描いています。善も悪もなく、ただ淡々と物語は進みます。
取り残された不安、絶望、妹を必死で守っていこうとする気持ち、無力である現実。そして、そんな中でも、小さな幸せに素直に喜ぶ姿。
平和な世の中に生きる私たちも、そういう人間の美しさ、弱さ、そして、本当は醜さも、知っているから、この映画はこんなに心が痛くなるのだと思います。
「戦争反対」のような強いメッセージも、冷たい大人への「批判」も、私には感じられません。
批判も、正義感も、全て取り払って、じっくりと観て欲しい映画です。
このレビューは参考になりましたか?
131 人中、116人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 海軍軍人の家族は全員死去した。 2004/8/15
投稿者 おじいさん VINE メンバー
形式:VHS
原作は野坂昭如。
野坂の作品は、アニメでしか描けない微妙世界。
母が死に、海軍軍人の父も行方しれず。西宮の親戚にあずけられた少年と少女はどう扱われるのか。
邪魔者としてあつかわれるに決まっている。
少年は妹を護ることができるのだろうか。
きっとできない。
空襲。焼け野原。蛍の群れ。栄養不良。
主人公清太の役割は大きすぎた。
世界状況がわかるわけがない。かれは職業軍人の息子であり、母をみとり、妹を護らないといけないのだ。
敗戦も妹の死後知った。信じていた日本帝国海軍も壊滅していた。だれも彼に教えてくれなかった。
妹尾河童の「少年H」と比較してしまう。「少年H」の父親は紳士服の仕立屋で世界中の情報を知っていた。そして、子ども2人を護りきった。おませな「少年H」と、「火垂るの墓」の14歳の軍人の息子清太の違い。民
間の生活者と職業軍人の息子の違いである。知識量と戦争への判断力が全く違う。レベルが違う。
「火垂るの墓」ではこの海軍さんの一家は全員死んでしまった。
つらすぎる話しだ。
1988年、映画館では戦争で人生がひっくりかえった体験者はひそかに観ていた。そして、声を殺して涙を流しつづけていた。
無謀な戦争に追い込まれたのか、それに突進して
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
104 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 akiko2002
形式:VHS
私は10年前にこの映画を見て、拒否反応を起こした一人でした。あまりに救われない結末に、泣いて泣いて泣きまくり、もう二度とこれを見るまいと固く決心したくらいです。(外国での反応も、これとほぼ同じで、「優れた、絶対に見るべき映画だが、あまりに悲しいので、お気に入りとは言い難い」とか、「これを買って見た後、数カ月は、自分のビデオの棚に近づくことすら出来なかった」「私の娘は3年間、そのビデオを再び見ようとはしなかった」etc..)
一週間前、10年振りにビデオを借りこの映画を再び見て、哀しみが再びこみ上げ、やはり、泣いてしまいました。けれど、10年前と違い「救いようがない、悲しいだけの反戦映画」という観点が変わりました。この兄妹の間に横たわる思いやる心の美しさや切なさ、セツコの幼児らしい愛らしさ、幸せでいようと努力した彼らのひたむきさに目を奪われました。そして、映像や音楽の、なんと美しいことでしょうか。ラストに流れる「埴生の宿」の英題が、「Home, sweet home」ということも初めて知ったのですが、二人が暮らし、節子が静かに死んでいった、あの貧しい横穴が、「Home,Sweet home」の調べと共に、つぶさに映し出されるシーンには、鳥肌が立ちました。
これは、本当に見るべき映画です。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 戦争への罪悪感を日本人の心に植えつけるための映画
米は戦後、日本人を恐れて戦民族である事に目覚めさせないためにまやかしの平和を植え付けてきた。... 続きを読む
投稿日: 2日前 投稿者: 罵留 守
5つ星のうち 5.0 人間の生き方
「節子の為にも、清太はあらゆる処世術を使うべきだ」という主張は一般的に正しいと思う。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ghost writer
5つ星のうち 5.0 実写だったら・・・
この作品の公開後に神戸を襲った悲劇がまだ記憶に新しいと思うが、そういう意味も... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: ガラクタ(大宮)
5つ星のうち 5.0 珠玉の作品です
ジブリの映画作品で、とても好きな作品です。
となりのトトロ、天空の城ラピュタ、ルパン三世カリオストロの城と、この火垂るの墓。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: ひろくん
5つ星のうち 5.0 感想は人各々だけど
私には、清太の生き方は評価出来ない。私は身内が戦後の引揚で3人餓死してるし、東京にいた祖母は人と関わり情報を得るためにあらゆる手段を講じていたので。引揚と、同じ関... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: RUNA
5つ星のうち 1.0 根底にある感情と思想の偏り
この作品を評するにあたり、1つハッキリさせなければならない事がある。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: ラブカゲヤス
5つ星のうち 5.0 すごく感動しました。
とにかく切ない話です。観るたびに涙ポロポロになって、すごい映画ですね。何回観ても泣けます。本当に戦争をしてはいけないんだなとつくづく思います。最後のシーンは本当に... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: たかぴ
5つ星のうち 5.0 今だに昭和12年神戸市生まれのウチの母はこのDVDが見れない。
太平洋戦争中、姉妹の多い家族で育った母にとってはこの作品はつらいだけである。リアルなのであろう。母の父(当時神戸市内で区長をしていた)は神戸大空襲を遠くから見た。... 続きを読む
投稿日: 6か月前 投稿者: 熊野本宮
5つ星のうち 5.0 胸がつまり、涙無しでは見ることが出来ない。
私の、父も、当時6歳の時に、当時2歳だった妹を、満州でなくしています。祖母にとっても、かわいいさかりの、大事な娘を2歳で失っています。小さなお骨だったそうです。こ... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: K.Yー800
5つ星のうち 5.0 万人の涙をさそう普遍的映画
なんということだろう、この映画のことを思い出すだけで涙が出てしまう。... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: PinkFloydFreak
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック