通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
瀬名秀明ロボット学論集 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンデション(新品、ほぼ新品、非常に良い、良い、可)はAmazonのガイドラインを基準にしています。中古のため多少の汚れ、小キズなどがあります。Amazon小田原より迅速に発送します。
買取サービス
最高買取価格

¥ 230
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

瀬名秀明ロボット学論集 単行本 – 2008/12/12

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,039

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 瀬名秀明ロボット学論集
  • +
  • われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)
  • +
  • ロボットの時代 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)
総額: ¥4,778
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

ロボットが呼吸をし「未来」について話すようになるとき、物語は生命をもって自立していく。ヒトとロボットを超えるものとは物語だ。

ヒトとロボットの境界は何か。それはこれからも問われていくだろうし、倫理学や心理学、工学にまたがる課題でありつづけるだろう。SF作家が求めるのは、どんな「ロボット学」だろう。それは、ロボットは友だちかどうか、ロボットが役に立つとはどういうことか、を考える、物語・生命・世界のつなぎかたの探究だ。ロボット=世界の思考。

[関連書] 同著者 『デカルトの密室』 (新潮文庫)小松左京監修 『サイエンス・イマジネーション』 (NTT出版)

内容(「BOOK」データベースより)

物語はヒトとロボットを超える。SF作家が目指す、究極の「ロボット学」とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 528ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2008/12/12)
  • ISBN-10: 4326101857
  • ISBN-13: 978-4326101856
  • 発売日: 2008/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 483,840位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「ロボット学論集」なんてタイトルなので、一見、学術的な論文集に思って(論考や講演録、対談が載っているのは間違いないのだけど)とっつきにくい印象を与えてしまうのが残念。なぜなら、内容は全般的に読みやすいし、ロボットのことを考えるのに、そんな側面から迫っていく方法もあったのかと、知的好奇心を刺激される一冊だったからだ。
年代別になっているので、瀬名秀明さんがロボットを追ってきた様子がよくわかる。それに、法月綸太郎さんとの対談は眩暈がするほどディープ。ミステリファンならなんてことないのかもしれないけれど。
一時期でもAIBOにはまった経験がある人ならきっと、そういえばなんで今はあんまり盛り上がってないんだろ、ってことを振り返りながら読むこともできる。
知的好奇心を刺激されるので、中身のない薄っぺらい小説に飽き飽きだという
人におすすめ。
コメント 5人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
間違いなく、2009年度のベスト1です。

論文集なので、取っ付きにくいかもしれませんが、アニメ(orマンガ)の『攻殻機動隊』ファンにはお勧めです。

人間とロボットの違いは何か?
人間にはどのようなことができるのか?
人間であることの素晴らしさとは?

など、「ここに生き、存在していることの奇跡」を味わわせてくれる本です。

手を動かす、足を動かす、明日のことを考えて思い煩う、自分が嫌になる……そんな「当たり前のこと」「ちょっとした落ち込み」があることすら、生命の奇跡。

ロボット研究を通じて、“人間”という生命の神秘を知る。その神秘を、もっと深く知りたくなる。アニメやマンガを題材にしている章もあるので、気軽に読んでみてください。

これを読む「あなた」や「私」という存在の大きさ、奇跡、そして希望に気が付くはずです。ロボット研究の論文集なのに。
コメント 3人中3人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
ロボットをテーマにしたSF小説の執筆もしている瀬名秀明氏の行った講演や対談、論考をまとめたもの。勁草書房から出てたり、定価3000円もすることこもあって、なかなか手を出しづらいところだけど、良かった。

もともと、私は、SF好き、しかもロボットやAIをテーマにした小説が好きなので、瀬名秀明氏の書いた『デカルトの密室』などの小説も読んでいて、彼のファンだ。そんな彼のロボットに関する本の集大成とも言えるこの本は、とても面白かった。

特に、小説『デカルトの密室』の解題としても読める第3章の「『デカルトの密室』特別講義」やアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や映画『イノセンス』をテーマにした第4章「オリジナルとコピーのはざまで ゴーストが宿る場所」は、私が好きな本、アニメを題材にしたものなので、より理解しやすいし、面白く読めた。

しかし、そういった"柔らかい"ロボット学だけでなく、後半の第6章以降は、比較的新しいロボット学を支えているのデカルトなどを始めとする哲学であったり、最先端の脳神経学だったりすることがわかると共に、それらに対する瀬名氏の造詣の深さを感じることができる。書いてあることはちょっと難しいけど、おお白かった。
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック