Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,207

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
漁師の愛人
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

漁師の愛人 [単行本]

森 絵都
5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

漁師の愛人 + 気分上々 + 架空の球を追う (文春文庫)
合計価格: ¥ 3,477

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


商品の説明

内容紹介

〈驚愕しながら、あきれながら、時に笑いながら、何度でも思う。ここはどこ?〉
妻子持ちの音楽プロデューサー、長尾の愛人だった紗枝。会社の倒産ののち漁師への転身を決めた彼の郷里へ伴われ、移り住むことになったのだが、身内意識のつよい漁師町で「二号丸」と呼ばれていることを知ったのは、やって来て、たったの十日だった。「妻」から時折かかってくる長電話に、敵意にみちたまなざしを向ける海の女たち。潮の匂いと海上にたちこめる白い霧。いつまでも慣れることのできない生活でいちばんの喜びは、東京にいたころよりはるかに生き生きとしてみえる長尾の笑顔だったが、彼が漁師仲間の喜寿祝いで紗枝を紹介する、と急に言い出した――閉塞する状況を覆す、漁を生業とする男たちと女たちの日々の営みの力強さ、すこやかさ。圧倒的な生の力を内に秘めた「漁師の愛人」。
〈問題は、私たちが今、幸せであったらいけないと感じていることかもしれない〉
震災から一か月足らず。女三人でシェアハウスして暮らす毎日があの日から一変してしまった。藤子の恋人(カフェ経営者)は、炊き出しボランティアで各地をまわり、ほぼ音信不通。ヨッチは、彼氏がホテルから妻のもとに逃げ帰って以来、微妙な感じ。眞由に至っては、大地震の三日後にこの家を出て行ったきり、帰ってこない。雨もりの修理にたびたびきてくれる63歳の小西とのなにげない会話と、豚ひき肉の新メニュー作り、ビーズ細工のストラップ作りが、余震のさなかの藤子の毎日を支えていたのだが。2011年春の、東京のミクロな不幸と混乱を確かな筆致で描いた「あの日以後」。
その他に【プリン・シリーズ】三篇を所収。

内容(「BOOK」データベースより)

漁師になった長尾が属する海辺のコミュニティは、“愛人”を拒みつづける。採譜の仕事をしながら彼と暮らす紗江はそのままでかまわないと思っていたのだが―。“妻”と私と、ひとりの男の“回復”をめぐる物語。

登録情報

  • 単行本: 180ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163826009
  • ISBN-13: 978-4163826004
  • 発売日: 2013/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 116,969位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星5つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 三部作 + 中編2編 2014/2/18
プリン三部作はただただかわいかった。こういうことに熱くなれる男性、好きです。
どれもとても短い作品なのだけど、出てくる男性が必ずプリンのことでキレるw
もしかしたらこれ、主人公の男性はみな同一人物なのかもしれません。

表題作の「漁師の愛人」。
隣人の顔すらわからない都会に住む人には理解しがたい世界かもしれない。
けど、田舎ではたしかにこういう意識が強く存在する。
プライバシーなんてないも同然。変わったことをしている人ははじかれる。
その中でも自分を見失わない春子さんはかっこよかった。
田舎って案外、こんなふうに外から来て違う目線でその土地を見た人間が、
地域のためになる様な大きな気付きをもたらすことがある。
そうなればコミュニティーの一員として受け入れられる。
自分が愛した男が生き生きと輝ける場所はここなのだもの、ふんばってほしいものです。

震災後の東京でルームシェアをして暮らす女性達を描いた「あの日以降」。
あの震災で被災者の方々はたしかに大変な思いをされたけど、
被害の少なかったところの人達もそれぞれに生活の変化はあったはず。
そこへ目をつけた震災小説ということではなかなか斬新だったと思います。
このレビューは参考になりましたか?
文章、言葉がとてもきれいです。
プリンについての短編3つ。それぞれ男性がプリンの事でそれぞれむきになってしまう内容はちょっと面白いものなのに、巧みな文章ですごく深みや背景を想像させてくれます。
「あの日以降」震災後の日常が描かれています。わかるなあと思う部分が多々……。主人公と私の年齢が近いからかとても親近感を持って読むことができました。
「漁師の愛人」こちらもすばらしい文章で、やはり震災のことが絡んでいますが、男女の情念というか……こちらも自分とそれほど変わらない女性の物語。田舎の海の背景とそこに暮らすやや閉鎖された人間関係に重苦しさを感じながらもひきこまれる作品。
総合的にとても面白かったです。
このレビューは参考になりましたか?
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xade472e8)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック