中古品
¥ 249
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ、シミ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましては少量の書き込みにつきましては商品代金の30%、過度な書き込み商品代金の50%を返金処理をとらせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

混浴宣言 (サライBOOKS) 単行本 – 2001/11

5つ星のうち 4 4件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 249

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

八岩まどか氏は、日本と世界の温泉をつぶさに回って執筆を続け、混浴の文化をこよなく愛する女性温泉ジャーナリスト。もともと混浴が普通だった日本の温泉には100年以上にわたって、野蛮な風俗として退けられてきた歴史がある。ついに平成5年には「混浴をさせてはならない」と法律で明文化され、混浴禁止の波がひなびた混浴の温泉地にも押し寄せてきた。しかし、その一方で、若い人たちを中心にインターネットなどを通じて交流を深め、新しい意識で混浴を楽しむケースも増えている。めまぐるしい今の時代、束の間の非日常を体験できる混浴温泉は、ますます大きな意味を持ってきている。過去の歴史で、混浴禁止の令をうち破ってきたのは、いつも女性だった。今回は八岩氏が、新しいアプローチで混浴を解放する。

出版社からのコメント

混浴の歴史、文化から新しい混浴の潮流、そして海外の混浴事情まで。女性温泉ジャーナリストが混浴の全貌に迫り、その素晴らしさを描く。平成5年に人知れず禁止令が出た混浴温泉を蘇らせることはできるか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409343381X
  • ISBN-13: 978-4093433815
  • 発売日: 2001/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 810,680位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/29
形式: 単行本 Amazonで購入
 混浴が好きである、混浴を楽しもうと、そういう主張はいいのだが、一冊の本に仕上げるために中途半端な勉強をして書いているから、困る。たとえば、徳川時代の湯屋について「エロティシズムのかけらも伝わってこない」と書いた後で、「エロティシズムにあふれた場所であったらしい」と書いてあったり(「艶本」に「えんぼん」とルビが振ってあるが、これは「えほん」と読む)、混浴禁止令を出した松平定信を禁欲主義者と呼んでみたり、そのくせ話が売春に及ぶとちょっと困って、例の「聖なるもの」説を持ち出したり(しかも支離滅裂)。若い女の裸体を見れば徳川時代の男だってちゃんと興奮したのである(渡辺信一郎の「江戸の女たちの湯浴み」を読みなさい)。それがいいんだかいけないんだか、スタンスが定まっていない。というか勉強不足。
なお「ベルツの日記」の著者はエルヴィン・ベルツで、トク・ベルツってのはそれを編纂した息子。これ、間違える人が多い。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/20
形式: 単行本
正直なところ、書名に惹かれて本を手に取り、頁をぺらぺらめくって、よし、読もう。
読んでいると何故か、正月に関東地方で行われる大学生駅伝中継の、富士山を前に、男性が露天風呂でビールを飲む宣伝が頭に浮かびました。あんなお風呂で混浴したいなあ・・・と。(注:平成14年の放送では、その宣伝は流れませんでした)
なんとなく、民俗学の匂いがするなあ、そうだ奥付にあった。著者はそっちの方面に首を突っ込んでいるんだ。すると今度は、江戸混浴時代の銭湯を思い浮かべた。この本にも登場します。
何が楽しいかって、行間からあの地かの地の温泉の風景、入浴の光景を想像できること。特に、欧州のお風呂での描写では、一層想像を逞しくしました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「混浴」というものが、何故存在しているのか、そんな事を考えた事もなかったが、この本を読んで、混浴の良さというものを、見直した。

しかし、江戸時代の人々が、「裸」というものに抵抗が無かったとか、外国人を見て、浴場から人々が裸で飛び出し野次馬で近づいていったとか、中々驚かせる話が多い。

また、外国の混浴調査も興味深い。

さらに、「混浴」文化を知ってみたくなった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても気に入った1111111111111111111111111111111111
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック