Amazon Kindleでは、 深追い (ジョイ・ノベルズ) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 良い 詳細を見る
価格: ¥ 250

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
深追い (ジョイ・ノベルズ)
 
 
1分以内にKindleで 深追い (ジョイ・ノベルズ) をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

深追い (ジョイ・ノベルズ) [新書]

横山 秀夫
5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (50件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 885 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 250  
単行本 --  
文庫 ¥ 637  
新書, 2005/02 ¥ 885  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

深追い (ジョイ・ノベルズ) + 陰の季節 (文春文庫)
合計価格: ¥ 1,414

選択された商品をまとめて購入
  • 陰の季節 (文春文庫) ¥ 529


商品の説明

内容紹介

組織を生きる。それは、失うことばかりの日常ではないはずだ。
――横山秀夫

紛うかたなき警察小説。
七人の警察官が織り成す、欲望と矜持。横山小説の真髄、ここにあり。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

地方都市の警察署を舞台に、組織に生きる人間の葛藤を描く感動の七編。

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2005/02)
  • ISBN-10: 4408504475
  • ISBN-13: 978-4408504476
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (50件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 871,077位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
12 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 いい短編を書くなぁ 2007/8/5
投稿者 I'll go to a place in the sun VINE メンバー
形式:文庫
どの短編をとっても、一級品。
どれも甲乙つけがたい出来である。
「真相」では、出来不出来が激しかったが、本作は短編のお手本といっていい作品ばかりである。
横山秀夫の本を手に取ったことがない方にぜひ薦めたい。
この本が出された2002年は、横山秀夫がまさに脂ののったときであろう。
こういう作者と同時代を生きている喜びをかみ締めている。
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 苦い滋味 2007/10/13
投稿者 るりか
形式:文庫
息詰まる緻密な心理描写が横山秀夫の特徴であり持ち味だが、この短編集でもそれはいかんなく発揮されていた。
ただ「真相」に見られたような救いのない息苦しさはなく、舌の上で苦い滋味を転がすような味わいのある作品集だった。
それは、どの作品にも、現場警察官のやるせない悲哀や苦悩を余すところなく描かれているにもかかわらず、ラストでは心の深いところで納得できるすがしさを感じることができたからだと思う。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 横山作品に凡作なし 2004/5/28
投稿者 steelydan
形式:単行本
警察小説と言えば横山秀夫、横山秀夫と言えば警察小説。
すっかりお馴染みとなり、ややもすればワンパターンと言われる
懸念もあると思うのですが、そんな周囲を黙らせる、衰え知らず
の高品質ぶりには、ただただ舌を巻くのみです。
警察という閉ざされた世界が生み出した、戒律と自己免疫機能。
人間としての警察官が持つ欲望。この両者の間に生まれる軋轢と
葛藤がベースであり、この組織の海を必死に泳ぐ警察官の人間臭
さが絶妙のスパイスです。
快適さと不自由さが同居するものの、この絶対安全な警察組織の
檻から抜け出してもいい、そう決断させるまでの物語が実に巧み
で、どれも納得できるものです。警察官としてではなく、人とし
ての決断に読者も共感とカタルシスを得ることができます。
本作は、ミステリーよりもストーリー重視で、エンディングも
読者の想像力に委ねる余韻を持たせた作りとなっています。
生意気ですが、人情味あふれる本作には良い選択だったのでは
ないでしょうか。
とある雑誌に、一番起きて欲しくない事件、特に社会的な死に追
い詰められる事件を主人公に与える。(うろ覚えですが)という
主旨のことを横山氏は書かれていました。
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 7つの読後感 2007/4/26
投稿者 シロフォン
形式:文庫
郊外の敷地に、庁舎、署長・次長官舎、署員宿舎、独身寮のすべてが揃って並ぶ三ツ鐘警察署。職住一体の息苦しさから「三ツ鐘村」と揶揄され、赴任先として嫌われるこの所轄署を舞台にした七篇が収められている。

私事だが、警察の署員宿舎の近くに住んでいたことがある。「三ツ鐘村」ほどではないにせよ、洗濯物の干し方、自転車の並べ方ひとつにも気を遣うような雰囲気があったのを覚えている。しかしこの短篇集は、そうした息苦しい特殊な環境のみに題材を求めることなく、その設定を時折ぴりりと効かせつつ、多彩な物語展開で楽しませてくれる。著者の他の短編より緊迫感が抑え気味で、派手さもないが、その分、肩の力を抜いて読める一冊だと思う。

ほろ苦さを含みつつも、それぞれに異なる読後感を残すことも印象深い。読む人によって、「好きな一篇」が分かれそうだ。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 「半落ち」がおもしろすぎたかも 2003/1/19
投稿者 masakyon99
形式:単行本
山秀夫著の「深追い」読み終わりました。
前作の「半落ち」があまりにもおもしろかったためにちょっと期待をしすぎました。
ある警察署を舞台にその警察署に人たちを主人公にした短編集です。
彼の本で私がいいなぁと思うのは、善人ばかりではない所ですかね。人間ってやっぱりどうしてもどんなにいい人でも他人には言えない心の闇があるのではないかと思う。それはもちろん警察でも同じこと。(最近では警察の方が良心はないみたいですが)
その心の闇をうまく描く作品が多いということですね。
この作品も例外ではありません。
私は「仕返し」と「人ごと」という作品がお気に入りです。「仕返し」はいじめられていた思っていた自分の息子が実はいつからかいじめっ子になっていたことに気付く父親。
父親は社会組織、いわゆる警察内では世間体と出世を気にして隠蔽工作をしてしまうのですが、息子のことに気付いたと
きは潔くそして父親として真摯に息子に向き合おうとします。
その姿はいいのですが、どうして家族のことだと誠実になれるのに、組織の中だと人は嘘をつくのでしょうか。その人間
の弱さも伝わります。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 「深追い」は短編集で、購入ミスです
短編集・・・とは思わなかった。途方の購入購入ミスですが、その様な表示がされていたか不明です。
投稿日: 2か月前 投稿者: 西川英治
5つ星のうち 4.0 結末に安堵しました
警察と言う組織の中で、立ち振る舞う男達。
ギスギスとした人間関係は、くつろげる場所などない。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: maidosan
5つ星のうち 4.0 冒頭「深追い」に、うならずにはいられない
冒頭の2本に心底うなりました。さすが横山秀夫。「深追い」は、ポケベルの使い方がいい。「亡き夫にメッセージを送る」という使い方に、読んでいて鳥肌がたちました。すごい... 続きを読む
投稿日: 8か月前 投稿者: ゆたく
5つ星のうち 5.0 楽しみです
まだ少しだけ読んでいません。。。前に <64>を見たんですけど、よかったので、この本を購入しました、最近忙しくて見る時間ないけど、頑張ります。
投稿日: 9か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 横山秀夫の名前は裏切らない
この作家の作品はどれを選んでもレベルが高い。
短編小説は、いい作品に当たったことがなくあまり購入するこtがないが、... 続きを読む
投稿日: 9か月前 投稿者: K2
5つ星のうち 4.0 短くても、引き込まれる
一つの署を舞台に、多様で深いストーリー展開に敬服します。興味が尽きません。
投稿日: 10か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 横山秀夫らしい・・・
警察関係者が絡む人間憎愛劇を描く短編集。

どの作品も、登場人物たちの葛藤が痛いくらい伝わってくる。... 続きを読む
投稿日: 14か月前 投稿者: ヨッシー
5つ星のうち 5.0 現実的な描写が秀逸
いわゆる『刑事ドラマ』のような突拍子もない事件や、ありえない設定がなく、警察の日常的な勤務形態や階級社会の描写が実に現実的でおもしろい。実際に起こり得そうな事件で... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 3.0 ちょっと残念
横山秀夫作品は好きですが短編ということもあって、ちっと物足りない感じでした。今度は長編を読みます・・・
投稿日: 17か月前 投稿者: ばろん
5つ星のうち 4.0 警察組織を描いた秀作
地方の警察署を舞台にした短編集。大事件ではなく日常的に起こる事件を警察官の心理とその組織を背景に描いていく。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: MACPAUL
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック