通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース) コミック – 2013/6/22

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 137


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 涼宮ハルヒの憂鬱 -19 (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 (20) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • 涼宮ハルヒの憂鬱 -18 (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,815
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • コミック: 164ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404120741X
  • ISBN-13: 978-4041207413
  • 発売日: 2013/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
表紙は佐々木、橘京子、藤原、周防九曜ですが、佐々木と橘が可愛くてグッドですね。
それだけで購入意欲が増しました。

今巻は原作第10巻の驚愕(前)の最後少しと第11巻驚愕(後)の全体の半分まで進んでおり
驚愕編のクライマックスとしていよいよ橘・九曜・藤原との対決に向かっています。
色々複雑な展開となるためペース配分としては180ページ弱を5話構成で丁寧なペースで進んでいます。
それでも、長い説明やモノローグを中心にそこそこカットされているのですが、ほぼ原作に忠実に進めているので
原作で読んだ面白さが、漫画で読んでも再現されていると感じてます。コミックで視覚化されるとさらに驚愕がアニメで見たくなりますね・・・。

内容に関してですが、前巻からの続きとしてα方面は入部試験の続きで
ヤスミが持久走でハルヒに勝ったためSOS団入部が決まり、その後ヤスミは入部後公式サイトのデザインをいじったり、
突然キョンの家を訪問する、その翌日には下駄箱に手紙をよこします。

β方面では藤原たちとの最終対決を前に、友人の国木田や谷口と話をしたり、
古泉や佐々木と対策会議を行いつつ、最終対決へ覚悟を決めクライマックスへ向かいます。

αβ融合の描写は
...続きを読む ›
コメント 21人中17人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: コミック
冒頭の国木田君のセリフの「朝比奈さんと長門さん」の件における「朝比奈さん」を別人に差し替えてしまったら、
鶴屋さんが足繁く通う云々という続くセリフと、まったく整合性が取れません。
ツガノガクさんは、いったい、何を考えているのでしょうか?

地球外の異空間からやってきた時間移動の出来る超能力の使い手は、
宇宙人でも有り、異世界人でも有り、未来人でも有り、超能力者でもあります。
そのうちのどれを名乗るのかは、”彼ら”の都合であり、”彼ら”の自由です。
国木田君は、九曜さんと同じものを、長門さんと、そして、朝比奈さんからも感じるんだと、言っているわけですよ?
(ちなみに、「ミステリック・サイン」を観れば、古泉君の力の本当の出所は、一目瞭然でしょう?)

主人公とは、茶番の中心で踊らされている奴のことを言うのです。 谷川流の、作品では。
作画はずいぶん綺麗になったけれど、絵の上手い下手以前の問題です。
ツガノガクさんは、原作を、もっとよく読みこむべきでした。
コメント 24人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック