この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海老蔵そして團十郎 単行本 – 2004/4/6


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後、たぐいまれな美貌で一世を風靡した「花の海老さま」。その父の人気の陰にひっそりと少年時代を過ごし、今や歌舞伎界の要となった十二代團十郎。そして生まれながらの御曹司である、新之助あらため海老蔵。親子三代が辿ってきた道を、数多くのエピソードと証言を加えて描いた感動の記録。 --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

戦後、一世を風靡した花の海老さま。その人気の陰にひっそりと日を送った少年が江戸随市川の団十郎になろうとは! 生まれながらの御曹司新之助はどんな少年だったのか…。成田屋三代の物語。『オール読物』連載を単行本化。

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/4/6)
  • ISBN-10: 4163658009
  • ISBN-13: 978-4163658001
  • 発売日: 2004/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (7件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 801,145位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "1630" 投稿日 2004/5/10
形式: 単行本
まずは、いっきに読んでしまいました。ここ5年程の歌舞伎ファンですのでまだまだ知らないことが多く日々アンテナを張っています。タイトルに惹かれて帯に目を通し、これは絶対に手元に置かなくては!と、即決した本です。私の知りたかった海老蔵、そして團十郎がページをめくるたびに映像を観ているような感じになりました。いろいろな人にぜひ読んでいただきたいと思います。筆者の関容子さんに、感謝します。よくぞこんな素敵な本を書いて下さったと・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 タタン 投稿日 2011/2/20
形式: 単行本
喜哀楽が楽しめる一冊になっています。
十一代目團十郎、花の海老様を知ることができます。
現團十郎さんの父、海老様と時々息子(笑)のお話が沢山。
團十郎さんの間合い、時々はいる冗談が絶妙です。
現、海老蔵さんと勘三郎さんとのお話も漫才みたいで
おもしろかった!
何度も読みたくなる一冊だと思います。
著者である関容子さんに、感謝します。

読んでいるかいないかが
はっきり、わかるレビューが一つありますね。
どれかは、わかると思われますが。
悪口をこのような場に書くというのはいかがなものか・・・。
失礼にも程がある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鷺坂判内 投稿日 2008/7/28
形式: 文庫 Amazonで購入
十一代団十郎(海老蔵のおじいさん)は海老蔵に似ているらしい。生前の舞台なぞ見たことがないので、写真を見ただけの印象だが、似ている。

宮尾登美子の「きのね−柝の音」を読んだ人は、この本も読まずにはいられない筈。著者はインタビューの名手関容子。十一代団十郎と片岡我童の関係など、宮尾が書いていない部分にもしっかり触れており、成田屋三代の評伝としても、とても面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 lucky-lucy 投稿日 2010/6/23
形式: 文庫
良く云われる通り、この本の中でも、今の市川海老蔵が先代團十郎と面影が似ていることが何度か話題になります。その際の海老蔵の言葉、
「でも、親父(十二代目市川團十郎)には、俺や祖父さんにはないものがある」
が印象に残りました。
江戸歌舞伎、荒事の始祖である市川團十郎の名跡を劇聖と云われた9代目の次に襲った先代團十郎の覚悟と孤独に裏打ちされたカリスマは、現團十郎にはありません。現團十郎がマスメディアや舞台で見せる他との融和「皆の團十郎」とも云うべき親しみやすさがあります。しかし、同じく若くして父辰之助を亡くした現四代目尾上松緑の指導について語った言葉は、彼の大きさを物語って余りあるものでした。
「(尾上松緑に)こうこうこうするんだよって教えてね、舞台で見ると、俺が教えたのと違うわけ。親父さんの型なの。でもね、死んだ親父さんのビデオ観て、そうやってやってるのを見てると、『俺が教えたのと違うじゃないか』なんてとても叱れないですよ」

他に、現海老蔵の意外なやさしい面も書かれており、成田屋贔屓でなかったわたしも、成田屋が大好きになった一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック