通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ナオタク書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★通常配送料無料★アマゾン専売品。【スリーブケース付】【東映DVDコレクション(冊子)付】ケース、ディスク共に目立つキズ無く綺麗です。レンタル落ちではありませんのでご安心下さい。本文に記載の無い付録、特権等があった場合は付きません。スレ、水濡れ防止対策としてビニール梱包後にアマゾン管理シールを張っております。ご注文後、Amazon配送センターより発送いたします。
Amazon買取
最高買取価格

¥ 401
こちらもどうぞ
カートに入れる
¥ 3,800
通常配送無料 詳細
発売元: 古本屋ぶんぶく茶釜
カートに入れる
¥ 4,441
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

海猫 [DVD]


参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 3,660 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,956 (35%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、高木商店【送料無料】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

おすすめ情報:DVD・ブルーレイ 冬のセール最大70%OFF(2015年1月29日まで)
セール対象商品は各ページからチェック: 最大70%OFF準新作セール最大50%OFFDVD 1枚1000円ブルーレイ 1枚1500円DVDどれでも3枚3090円ブルーレイ2枚3090円ジャニーズセール| ※マーケットプレイスの商品は対象外となります。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ冬のセール 2015/1/29まで  バーゲンコーナーを今すぐチェック

  • 【Amazon DVD・ブルーレイ買取サービス】 11/25まで、5本買取成立で500円のAmazonギフト券をプレゼント。自宅まで無料集荷に伺います。買取価格は事前に検索可能。


よく一緒に購入されている商品

海猫 [DVD] + 愛の新世界(無修正完全版) [DVD] + 真幸くあらば [DVD]
合計価格: ¥ 10,277

選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 伊東美咲, 佐藤浩市, 仲村トオル, ミムラ, 三田佳子
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映
  • DVD発売日: 2005/05/21
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8  レビューをすべて見る (44件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B00067HDYI
  • EAN: 4988101116928
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 29,842位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

Amazonレビュー

   1980年代の半ばの北海道、函館。ロシア人の血を受け継ぐ薫(伊東美咲)は、南茅部の漁師・邦一(佐藤浩市)に嫁いでいった。しかし、なかなか漁師の生活になじめず苦労する薫は、いつしか邦一の弟で自分を恋い慕う広次(仲村トオル)と結ばれてしまう…。
   谷村志穂の同名小説を原作に、『失楽園』『阿修羅のごとく』などの森田芳光監督が描いたラブストーリー。ヒロインがそのはかなさゆえに男たちを魅了させ、やがては狂わせていく過程がリアルに描かれており、昨今の純愛映画とは一線を画す厳しいアダルトな仕上がりになっている。ラブシーンの数々も官能的面よりも美しさを強調しており、それゆえにヒロインのはかなさがより際立つ趣向。繊細な大島ミチルの音楽も美しく、北の風景もまたうら寂しく美しい。それらの効果によって、一見運命に弄ばれているかのようなヒロインが、実は前向きに運命と対峙しながら生をまっとうしようとしていたことが理解できるのだ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

谷村志穂原作の同名小説を映画化。かけがえのない二人の男性の愛の狭間で揺れ動く女性の姿を描いた、森田芳光監督が贈る人間ドラマ。R-15指定。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

25 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 美花絵留 VINE メンバー 投稿日 2005/7/11
形式: DVD
原作を読んで、薫のイメージにぴったりだと思っていた伊東美咲ですが、スクリーンで見たら、がっかりでした。可憐で、線が細いが、しっかりとした芯を持った女性であるはずなのに、彼女の演じる薫は、おどおどしていて、視線が定まらず、二人の男性に愛される魅力は正直ありませんでした。
佐藤浩市、仲村トオルの演技は、よかったです。特に、邦一役の佐藤浩市は、最高でした。
原作とは微妙に違う点も多々あったけれど、タミの役回りは、映画のほうがしっかり伝わったように思います。
啓子役の小島聖も、うまさを感じさせて、本当に伊東美咲だけが、残念でなりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
30 人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まつ 投稿日 2007/4/20
形式: DVD
なんでまた森田芳光はこんな映画ばかり撮るようになったんだろう。

「(ハル)」とかの頃に戻って欲しいよ。

とりあえず、伊東美咲のアイドル映画(ハードなラブシーンありの)と思えば、納得しますが。

原作を読んでいないので、ストーリーを何も知らずに見ると、もう何もかもが唐突。

最初のミムラが鳥羽潤に思いっきりケーキに顔を押し付けられて捨てられるシーンから、付いて行けず。

「お前の母親があんなだったからお前もそうなんだろ!」って、あーた、そんなことだけであそこまで怒れるのか。

その後も唐突の連続。

伊東美咲が漁師の家に嫁に行ったいきさつも唐突なら、仲村トオルが伊東美咲にほれ込むのも唐突。白石加代子が鬼になるのも唐突。ラストも唐突。

「おとうさん・・・・」って墓の前で決め付けてるのも唐突。

心理的な流れが見えるのは、佐藤浩市くらいだったので、これって演技力の差かね?!

三田佳子は、シベ超を思い出させる演技でした。

なんかもう佐藤浩市と仲村トオルが可愛そうになってしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
26 人中、21人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 青空若菜 投稿日 2005/8/1
形式: DVD
~原作でも本編でも『青い目』というのがキーワードだったと思うのですが、目が青くありません。『青い目のくせに』という台詞の後にアップになる茶色い瞳をみてツッコミをいれたくなりました。せめてカラーコンタクトをいれて欲しかったなぁと思います。
佐藤浩市さん、三田佳子さん、仲村トオルさんの演技は定評通りでしたし、サイドの女優軍も頑張ってた~~と思うのですが、それ故に伊東美咲さんの拙さを感じてしまいました。冷たく静かな北海道の空気感を持たせたり、聖母みたいに俗世界に存在しない人物像を描く演出であるというなら多少納得も出来ますが、一人の女性の生き方としては心動かされるものはなく、二人の男性の間で揺れ動いた心情でさえ?でした。
R指定になっていますが、伊東美咲さんの綺麗な背~~中や足をみたいという方にはいいかも知れません。折角頑張った主演作なのに残念ですね。
模倣犯の時もですが、原作を読んでるだろうから端折っていいかな?といった粗いストーリーになってる気がします。原作を読んでいても読んでいなくても充分話が楽しめる映画を期待したいですね。~
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 不二子 投稿日 2006/11/6
形式: DVD
これは伊東美咲のプロモーションビデオですか?!って感じでした。

初めて見た時は、伊東美咲ってキレイだよね〜・・・で終わってしまいました。

見ている側に苦しさとか切なさとか感情が伝わってこない。特にラストのシーンにはがっかり。

あと脱ぎっぷりも中途半端。あんな中途半端だったら、出演OKしないほうがよかったんじゃない?!

他の女優さんでこの作品を見てみたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Piece 投稿日 2010/8/26
形式: DVD
余りに酷い作品で観るに堪えない。そもそも、伊東美咲のラブシーンが話題になった割には、大して官能的ではなく、ただほんの少し肌を露出させて、貧弱な吐息をついた程度。しかも、ストーリーが目茶苦茶。佐藤浩市、仲村トオルなどの素晴らしい俳優を揃えたのに、彼等に光が当たっていない。もったいなさ過ぎる。最早、何を目当てにこの映画を観れば良いのか、全くもって分からない、観る価値を欠いた映画。映画界において、駄作の表象となるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボーキサイト 投稿日 2006/4/8
形式: DVD
「女ひとり男ふたり」の物語、「森田芳光+筒井ともみ」のコンビとくれば『それから』を思い出し、期待する。それがあっさりと裏切られちゃったよ。

伊東美咲が、もの足りない。キレイなだけで、男ふたりを虜にするような色香が伝わって来ない。脱ぎっぷりを言うなら、序の口もいいとこだ。井筒和幸『犬死にせしもの』(←佐藤浩市、出てる)の今井美樹、今村昌平『カンゾー先生』の麻生久美子、映画初出演でヌードを披露し、体当たりの演技を見せたこの2人の爪の垢を煎じて飲んだほうがいいと思います。

佐藤浩市、仲村トオルも、野性味に欠けて、とても南茅部の男に見えないよ。

森田芳光は、伊東美咲を脱がしたことで満足し切っちゃって、それ以上の制作意欲が“失楽園”になってしまったの? 柳町光男『火まつり』『さらば愛しき大地』ぐらいまで人間の煮えたぎるカルマを見せてほしかったんだけどなあ。『魚影の群れ』(←佐藤浩市、これにも出てる)を撮った相米慎二の偉大さとその不在を感じさせちゃう結果になってるよ。

それでも幾つかの見どころはあった。薫の弟・孝志役の深水元基は、Tall Nakamuraよりタッパがあって、肉体に存在感がある。薫の母・タミ役の三田佳子はさすが。邦一と薫の諍いを諌めに行こうと和服姿で着合いを入れたさまは、「極妻」を思わせる殺
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック