この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

海と空の宿る瞳 (ラズベリーブックス) 文庫 – 2009/6/10


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

コーンウォールの海と空を宿す瞳を持つ伯爵令嬢ロザムンデは、初恋の人でヘルストン公爵の跡継ぎヘンリーと婚約させられそうになるが、彼に好きな人がいることを知り、たまたま求婚してきた地主とかけおちしてしまう。しかし待っていたのは不幸な結婚生活と、公爵の息子を誘惑したあげく拒絶したという大スキャンダルだった。―8年後、夫を亡くしたロザムンデはヘルストン家から招待を受ける。招待の意図に疑問を抱きつつも、父親から勘当され、夫からの遺産もない以上ほかの選択肢はない。そして公爵家でロザムンデを待ちうけていたのは、2年前に事故で亡くなったヘンリーの後を継いで公爵となった、弟のリュックだった。“炎と氷の悪魔”というあだ名を持つ危険な男リュックはロザムンデを戯れの相手と見なすが…。RITA賞作家ソフィア・ナッシュ、日本初登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ナッシュ,ソフィア
スイスに生まれ、フランスと米国で育つ。テレビのプロデューサーや米連邦議会のスピーチライター、非営利団体のCEOなどさまざまな職業を経験した後、幼いころからの読書好きが高じて2000年より執筆に専念。処女作の“Secret Passion”が大きな注目を浴び、最初の3作品でRITA賞をふくむ8つの賞を受賞。これまでにリージェンシーを舞台にした5作品を発表

石原/未奈子
広島県出身、東京外国語大学英米語学科卒業。編集プロダクション、外資系メーカー勤務を経て翻訳家に。現在はイラストレーターの夫とホーランドロップイヤーと暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 文庫: 413ページ
  • 出版社: 竹書房 (2009/6/10)
  • ISBN-10: 4812438705
  • ISBN-13: 978-4812438701
  • 発売日: 2009/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 332,592位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 空色 投稿日 2009/6/11
形式: 文庫
毎月たくさんのロマンスが出版される中、久しぶりに良い本に出会えました。
思わぬスキャンダルにみまわれ迫害され続けたために、本来の自由な心を失ってしまったロザムンテと、ユーモアに隠した優しさでそんなヒロインを守り励ますリュック。
二人の会話はどれも、クスリと笑えるおかしさと思いやりにあふれています。
リュックの祖母をはじめとする、主人公達以外の登場人物もみんな魅力的。
読後感のとても爽やかな作品です。
この作家の作品を、もっと読みたくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 len 投稿日 2009/10/23
形式: 文庫
スキャンダルもろもろが原因で普通の幸せを手に入れられなかった
ヒロインと斜に構えたヒーローのロマンス。
心に傷を持つ者どうし、少しずつ理解しあっていきます。
落ち着いたトーンで語られる、大人っぽいロマンス。
終盤に大きなサプライズが設けられています。
ヒロインの我慢強さに脱帽。すがすがしい読後感がありました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック