¥ 555
通常配送無料 詳細
8点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

浅草キッド (新潮文庫) 文庫 – 1992/11/30


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

浅草キッド (新潮文庫) + 菊次郎とさき (新潮文庫) + たけしくん、ハイ! (新潮文庫)
合計価格: ¥ 1,542

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある真夏の昼下がり、ランニングにショートパンツ、バーチサンダル姿のひとりの青年が、浅草六区の街におりたった。それがオイラだった。―昭和47年、大学を中退したたけしは、浅草フランス座に飛び込んで芸人修業を開始した。ダンディな深見師匠、気のいい踊り子たち、乞食のきよし等愉快な仲間に揉まれながら、自分を発見していくさまを綴る青春自伝エッセイ。

登録情報

  • 文庫: 248ページ
  • 出版社: 新潮社 (1992/11/30)
  • ISBN-10: 4101225125
  • ISBN-13: 978-4101225128
  • 発売日: 1992/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (12件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 123,950位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 竹の梯子 VINE メンバー 投稿日 2004/1/26
形式: 文庫
大学を中退した青年がひょんなことからコメディアンを志し、浅草のストリップ劇場で学び、そしていっぱしの芸人として巣立っていくまでを描いた傑作青春自伝エッセイである。原田宗典の小説に「何者でもない」というのがある。ある劇団を舞台にした名もなき役者たちを描いたものだ。ビートたけしも最初は「何者でもなかった」に過ぎない。その彼が「何者かになる」までの軌跡を軽妙な文章で、一癖もふた癖もある人たちを織り交ぜながら描く。これがつまらない訳がない! 浮浪者チャーリーを創造したチャップリンも然り。才能とチャンスという運を手にした者たちの物語はとてもドラマチックだ。さらには、ついに「何者にもなれなかった」無名の人々の熱い想いが、物語に輝きを与えているのかも知れない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハンチング 投稿日 2007/4/10
形式: 文庫
ビートたけしの浅草キッドは「誰でも」と言う言葉を越えて「世界の人にも」薦められる一冊になっている。
私がこの本を読んで一番感動したのはMANZAIブームやひょうきん族などのビートたけし黄金時代の頃のエピソードを決して語らず、ストリップ劇場での下積み話を軽妙な文章で書かれているところに胸を打たれた。
浅草の人達の粋で優しく面白く、馬鹿でずるくて涙もろい。人の様々な感情をビートたけしは吸収したんだとこの本で教えられた。

是非、夢を諦めかけている人に読んで欲しい。読み終わった後に絶対にこう思うはず
「いつか俺だって」と。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Jonathan Joestar 投稿日 2014/5/18
形式: 文庫
僕がビートたけしさんを好きな理由が、この一冊に詰まっています。

浅草フランス座での下積み時代のたけしさんの自伝的なストーリー。
深見師匠との師弟関係や、踊り子たち、芸人、浅草の愉快な面々とのエピソードは
笑いあり、人情ありの中で若者たちが成長していく青春モノとして良書です。

たけしさんが歌う同名の曲がありますが歌声が唯一無二で素晴らしい。
たけしさんの歌をBGMにチューハイ片手に読むと良いでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Lamaking 投稿日 2014/2/8
形式: 文庫 Amazonで購入
たけしの自叙伝ですが、たけしの唯一尊敬する深見師匠の半生記でもあります。
ストリッパーや芸人志望といった浅草仲間たちの人間描写がとにかく面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ko-rin 投稿日 2013/5/19
形式: 文庫 Amazonで購入
紳介引退後テレビで見ない日はなくなったビートたけしの芸人としての黎明期が書かれています。
浅草のストリップ劇場のエレベーターボーイから深見千三郎への弟子入り、初めての舞台、最初はコントをやりたかったが、否応なしに漫才を始めた話など、
今のたけしからは全く想像できない、「若かった頃」のビートたけしの話が読めてとても面白く読めました。
友人の病気をネタにストリッパーから小遣いをくすねる、といった一見めちゃくちゃなエピソードもありますが、
ビートたけしの裏には師匠深見千三郎、また浅草への愛、自分の芸へのひたむきな思いが感じられます。
本の後半では売れていく芸人ビートたけしと、逆に寂れていく浅草、そして突然の師匠の死が描かれていて何となく感傷的な読後感が残りました。

北野武でも最初は全く売れない時期があり苦労した話を読むと自分も今は辛くても頑張ろうと思えるような一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まさこ 投稿日 2002/1/19
形式: 文庫
「芸人は人から笑われるのではなく、
人を笑わせる商売だ」と教えられたたけしさん。
いつか、きっと師匠を越えられる日が来ると思っていた頃の作品。
今となっては、たけしさんも、映画「HANA-BI」で
金獅子賞を受賞され、尊敬する深見師匠もきっと喜んで
くれているんだろうなぁ、と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック