¥ 2,592
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
決定版 脳の右側で描け がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

決定版 脳の右側で描け 単行本(ソフトカバー) – 2013/1/18

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 2,125

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 決定版 脳の右側で描け
  • +
  • 絵はすぐに上手くならない
  • +
  • 人体のデッサン技法
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 135pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

17カ国語以上に翻訳された本書は、世界で最も広く用いられているデッサン技法書です。絵を描く才能など自分にはないと思っている人、いまさら教えてもらってもむりだという人。あるいはプロの画家、画学生、日曜画家として日常的にデッサンに親しんでいる人たちにとって、この本は自分の能力に大きな自信を与え、芸術への考えを深め、この世界への新しい見方を提示してくれるものとなるでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

17カ国語以上に翻訳された本書は、世界で最も広く用いられているデッサン技法書です。絵を描く才能など自分にはないと思っている人、いまさら教えてもらってもむりだという人。あるいはプロの画家、画学生、日曜画家として日常的にデッサンに親しんでいる人たちにとって、この本は自分の能力に大きな自信を与え、芸術への考えを深め、この世界への新しい見方を提示してくれるものとなるでしょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 290ページ
  • 出版社: 河出書房新社; 第4版 (2013/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309273742
  • ISBN-13: 978-4309273747
  • 発売日: 2013/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 22.9 x 19 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,387位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
考えてみると、絵を描くということはかなり奇妙なことである。
立体的に見えている(両眼視)ものを平面上に描かねばならない。
しかも描かれた絵は立体的に見えなければならないという、この矛盾。

ならば、画家とはこの矛盾を突破した眼(というか見え方)を持つ人なのだろう。
よく「見えるとおりに描く」などというが、画家でない人にはできることではない。

ところが、本書では、ピクチャープレーンという強い味方が登場する。
これはただの透明な板だが、画家の眼を一挙に手に入れることができるという。

本書では、ピクチャープレーンは自分で用意せよ、とある。20x25センチほどの
ガラス板かアクリル板と黒い紙で作ればよいとしているが、ちょっと面倒である。
本書のワークブック(別売)では、プラスチック製のものが附録でついているので便利である。
翻訳本と原本(英語)ではサイズが異なり、原本の付録のほうが大きくて使いやすい。
(ワークブックは書評済)

本書はその題名のように、絵を描くときにできるだけ右脳が働くよう工夫した
レッスン(線画など5つのスキルを学ぶ)で構成されている。

レッスンに関わるいろいろな話も面白い。特
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
結論、「本書を読んで実践して、デッサンがうまくなったのか?」と聞かれたら、うまくなったと答えます。

本書の流れや意図は、ほかのレビューの方が参考になりますので、私は部分的なことを書いていきます。
文字で伝えるのは難しいのですが、「被写体の外枠の形(輪郭)を見る」ということが一番参考になりました。

初心者のうちは(私も含めて)、形を取るだけで四苦八苦します。
鉛筆で、頭何個分と測ったり、角度はだいたいこのくらいかな? と見たり、それでも正確には写せないことが多々ありました。
「どこかが、おかしい。でも、どこがおかしいか分からないから、直せない」という状況です。
そこで、本書を参考にした「被写体の外枠の形(輪郭)を見る」ことで、どこがおかしいのか、発見できるになりました。

例えば、手を描くとします。
親指と人差し指部分を描くとき、指を描いたあと、被写体の輪郭と絵の輪郭を見比べるのです。
「親指の第一関節の位置にほかの指の付け根がある」という「横縦の測り」のほかに、「被写体の輪郭は△っぽいのに、絵の輪郭は○っぽいぞ」という「形の測り」が使えるようになります。
答え合わせをするポイントが増えることにより、変な部分に気づくことができるので直せますから、正確さ
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
脳が作り出す思い込みや錯覚から抜けだし、目で見えたものをデッサンする方法を考えるという本です。

逆さまになった絵や写真を模写すると絵の下手な人でも上手く描けるという現象は広く知られていますが、
その原因は「逆さまでない状態下では左脳のはたらきにより目で見たままに物を見る事ができなくなっているため」としています。
「ルビンの壺」を風変わりな方法で描いてみたり、透明なアクリル板に目で見えているものをトレースしてみたり、
ユニークな方法で絵を練習しているうちにいつの間にか本当に絵が上手くなってきます。
練習方法は風変わりですが、結局は「目で見たものをそのまま描く」という目的を達成するための手段ですので、
絵の得意な人が読めば自分の絵の描き方の基本的な部分を改めておさらいしているような気分になるかもしれません。

ネット上で散見される「小学生レベルの絵しか描けない人のための本」という評価は当たらずとも遠からずといった感じで、
描き方の方法論としては、確かに絵が得意なら「こんなもん読まなくても知ってる」と感じる部分が多いと思います。
ただ、絵がそこそこ得意だと思っていた私もこの本の通りに練習することで大分画力の上達を感じましたし、
基礎的な画力の補強には十分役立つ内容だと思います。
読み物としても非常に面白く、絵を描かない人が読んでも楽しめるのではないでしょうか。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は、基礎であるデッサン書です。
だけど、ちまたにあふれている、基礎の静物デッサンをお手本通りに描いてみましょう的な、普通のデッサン書ではありません。
正直に言うと今まで手にしたことがなかった変わったデッサン書です。
学校のデッサンの授業や通信教育やデッサン書のような、立方体を意識する描き方とは違いますし、
ここまで絵を描くという本質の理論的な展開は他にありません。

本書のテーマは知覚です。
本書は写実的な絵を描くのが得意な右脳モードへの移行のやり方です。
左脳モードは普段私たちが使っているモードです。
本書のやり方をその通りに一通りにこなせば、まるで別人が描いたかのような上手な絵を描けます。
基礎だからといって本書をあなどらない方がいいです。

基礎であるデッサンの目的は、正確に描けるようになるための練習です。
正確に描けるということは、写実的に描けます。
正確に描けるということは、どんなものでも描けるということです。
正確に描ければ、上手な絵になります。
上手な絵は、線だけでも立体感・質感が出てきて、存在感を放ちます。
基礎だからといってデッサンを甘く見ないほうがいいですよ。
実際にこの方法で肖像
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック