通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/27

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言
  • +
  • 池上彰の講義の時間 高校生からわかる原子力
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

-----東京都知事に立候補した細川さんのロングインタビュー掲載。
細川さんが語っているのは、オリンピック問題だけではない。-----

小泉純一郎元首相、突然の「原発ゼロ」発言。
政界・経済界が原発推進に傾くなか、急遽、飛び出した小泉発言の真意をジャーナリスト・池上彰が読み解く!
小泉発言から考える日本、そして“私たち"の「原発ゼロ」のリアルと未来は ── !?

■ 池上彰 VS. 山田孝男(毎日新聞 政治部専門編集委員)
世間を揺るがした小泉「原発ゼロ」発言のスクープは、なぜ一面トップで報じられなかったのか!?
毎日新聞記者・山田孝男に、かつての記者仲間である池上彰が聞くスクープの裏側。

■ ニュートラルな「脱原発派」の声を聞きたい
★ 細川護煕(第79代 内閣総理大臣)「自民党も民主党も、9電力からお金をもらったりしているから、大きな口を叩けない」
池上'S EYE 1 「原発は核抑止力になるのか?」「ヨーロッパの田舎はなぜ成熟しているのか?」

★ 吉原毅(城南信用金庫理事長)「東京電力の株は全部売却。金融取引もやめました」
池上彰'S EYE 2 「電力会社とメディアの関係」「右翼左翼というレッテルに意味はある?」

★ 末吉竹二郎(元三菱銀行取締役)「“環境保全=金融ビジネスの拡大"という考えとの出会い」
池上彰'S EYE 3 「現在の貨幣価値で100兆円が費やされた核開発」「トヨタのプリウス成功にエネルギー開発のヒント」

■ 池上彰 VS. 東京工業大学の学生たち
原子力やエネルギーの研究者予備軍である東工大の学生たちが、小泉「原発ゼロ」発言、それを批判した読売新聞を巡って、池上と交わす激論!

■ 池上が見たフィンランドのオンカロ
小泉元首相の原発推進「NO」を決定づけた、日本ゼネコン幹部たちとのオンカロ視察。使用済み核燃料の最終処理場・オンカロのリアルと原発の未来は?

■ 池上彰 VS. 小泉「原発ゼロ」発言
安倍首相が目指す「強い日本」を創るのか? それとも身近な暮らしを大切にするのか? 小泉発言から日本の未来を構想しよう。

▼目次
はじめに
小泉元首相発言録 ── 毎日新聞「風知草」以前とその後
加藤寛の一貫した主張
学生たちはこんなことを考えている
池上彰 × 山田孝男 毎日新聞 政治部専門編集委員
大人の国 フィンランド ── オンカロ
インタビュー 細川護熙 第79代 内閣総理大臣
インタビュー 吉原毅 城南信用金庫理事長
インタビュー 末吉竹二郎 元三菱銀行取締役NY支店長/国連環境計画・金融イニシアチブ特別顧問
「原発ゼロ発言」は拡大する ── あとがきに代えて

出版社からのコメント

原発がないと日本経済は立ち行かなくなるって、ホントですか?
再生エネルギーはコストがかかりすぎるって、ホントですか?
核の最終処分場、日本につくることはできるのですか?
素朴な疑問を池上さんにぶつけてみました。
もう一度、みんなで、日本をどんな国にしたいかを考えませんか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 径書房 (2013/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4770502206
  • ISBN-13: 978-4770502209
  • 発売日: 2013/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
細川元首相の「オリンピックは辞退するべきだった」発言はどうして出て来たのか。知りたいと思いました。それにしてもタイムリーな本です。
もちろんそれは納得できたのですが、読後感としてはそれ以上に、これからまだまだ議論が必要な「原発という難題」を抱えている私たちが、右や左を越えてこれからどうしてゆけばいいのかを考え始めることができる、そんな内容だと感じます。毎日新聞政治部の山田孝男氏、城南信用金庫の吉原氏、元三菱銀行NY支店長末吉氏、みなさんそれぞれ素晴らしい論客です。
原発議論をするまえに知っておきべき事もまだまだこんなにあったのかと確認しながら読めるあたりさすがの池上彰節です。読みながら自分の考えに整理がつきました。そして脱原発こそ日本を元気にすると確信できました。「こんなにやり甲斐のあるテーマはないよ」という言葉を疑わずうなずきたいです。
分かりやすく感情的にならず淡々と読めるこの本に出会えて良かったと感謝します。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Pollux 投稿日 2014/1/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
都知事選に細川元首相が立候補し小泉元首相が応援するという会見の
二日前に読んだので彼らが本気でやっているということはわかりました。
小泉さんは嗅覚が鋭いですね。そしてこの本を書いた池上さんも嗅覚が鋭い。
個人的には、池上さんが立候補して小泉元首相が応援するほうが
勝算があると思うんですが。
出てくる人は、毎日新聞の山田孝雄編集委員、細川元首相、
吉原城南信用金庫理事長、末吉竹二郎元三菱UFJ銀行取締役。
小泉さんとは対談していないので注意。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「脱原発は正解だけど、経済はどうするの?」
の視点が本音かな?
それとも、敢えて反論を誘うブラフ?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この商品のページの「商品の説明」のところにある通り、
小泉元首相の話のみが載っているわけではなく、
他の原発否定派の方の意見も掲載されています。

ただ、原発がなくなった場合のメリットとデメリットを
池上さんがとても分かりやすく説明してくれていますので、
その意味で中立的です。

題名通りの内容と言うよりは、
小泉元首相の「原発ゼロ」宣言を端緒にして、
大手メディアもなかなか語ってくれない
原発問題を簡潔に纏めた本という印象です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
小泉さんの、この発言は、国民一人一人が考えるべき問題であることを示唆しています。
池上さんは非常に中立な立場です。
ただ、みんなで知恵を出して進めていけばなんとかなるという道もあるんじゃないか、という思いも見られます。

人は何のために生きているのか。
企業は何のために存在するのか。
個人の幸せとは何なのか。
つきつめて考えて行けば自ずから答えは出てくのではないでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPP トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
 2013年・12月、池上彰さんの著書です。

 池上彰・著とはなっていますけど、
小泉元首相発言録では、小泉さんの発言をピックアップして池上さんがコメント
東工大の学生との対談では、学生の意見に池上さんがコメント、山田氏とは対談、
細川氏・吉原氏・末吉氏は各人が考えを述べ、各人ごとに池上さんのコメントが付く
。。。という具合なので、実は、池上さんはあまり書いてません。(笑)

 色々な方が話している分、内容が飛び、曖昧な印象があります。
 分かりやすい・読みやすいという点は、いつもの池上本ですけど、
とり急いで作ったムック本のようで、いつもよりヌルめに感じるので、評価は「☆3・普通」とさせていただきました。

 個人的には、世界の潮流を語る末吉氏が、最も興味深かったです。
 もう一度原発事故が起きたら「ジ・エンド」(P191)というのは、ほとんどの方が納得されると思います。
 長期的視野から見ると「推進派:もう1回原発事故を経験して引き下がる人」「反対派:もう1回経験しなくても引き下がれる人」
という感じがしますし、同時に、ビスマルクの「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉が浮かびます。
 
 なお、い
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック