¥ 946
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
永遠の0... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

永遠の0 (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 840
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 128


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

永遠の0 (講談社文庫) + 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) + 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
合計価格: ¥ 2,566

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

著者からのコメント

この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

出版社からのコメント

Amazon.co.jp2012年 書籍年間ランキング文庫部門第1位!(2011年12月1日~2012年11月30日)

登録情報

  • 文庫: 608ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/7/15)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 406276413X
  • ISBN-13: 978-4062764131
  • 発売日: 2009/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2  レビューをすべて見る (1,565件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 138位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

303 人中、277人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボー段 投稿日 2014/6/18
形式: 文庫
 初めて手に取る作家の本。特攻の歴史を調べていることもあって、勧められるままに読んだが、途中で読む気が失せた。なんとか最後まで読み切ったけれど、設定から、展開まで大筋はあからさまに浅田次郎の『壬生義士伝』、坂井三郎の『大空のサムライ』の使いまわし。城山三郎『指揮官たちの特攻』なども参考にしていると思う。文章、せりふまで同じ箇所があるのは、オマージュの次元なのか。
 内容そのものが悪いとは言わない。特攻の歴史を知らない人のきっかけとしてはいい。感動するならそれも構わない。自分も予備知識がなければ、どう読んでいたかはわからない…。ただ、知った上で読んだ以上、作詞などの引用はさんざん叩かれるのに、これが許され、映画やドラマにまでなるというのはどういうことなのだろう。「感動的」と言われるのは、引用している作品が優れているから。現実の死の力を借りているから。筆者はそれを筆力や取材で昇華しようとはしていない。編集を拠り所にしたヒロイックな演出や自己陶酔はあっても、テーマの重みに真正面から向き合う真剣さが全く伝わってこない本だった。
 売名や利益のためのお手軽な「感動」として書かれたならば、さまざまな思いを抱えて散った方たちは浮かばれないだろう。そして中身がどうであれ、何も考えずに、その場限りの「感動」を求め、涙しておしまいなら、反応するだけの薄い感性が年齢を問わず満ち溢れて
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
150 人中、133人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 サーティン 投稿日 2014/5/11
形式: 文庫
戦闘シーンは手に汗を握ります・・・それは当然ですね、
全て当時のパイロットの方々が書き残しているものをほぼそのままコピペしてますからね。
絡めている人間模様、恋愛模様は最近TVで良く見かけるようなストーリー、

作家としては、百田さん落第かな、

済みません、あくまで個人的感想です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2,304 人中、2,006人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 sas273 投稿日 2008/10/28
形式: 単行本
この本を昭和3年生まれで少年飛行兵だった伯父にプレゼントしました。感想を聞いたら、その夜、久々に練習機に乗った夢を見たそうです。
伯父は琵琶湖周辺の基地で練習をし、特攻機に載らずに終戦を迎えたそうです。そんな伯父が孫から「じいちゃん、特攻隊ってテロなんだって」と云われた時、学校に抗議したそうです。
「特攻隊は決して一般市民を狙ったものではない、テロと一緒にするな」と。
12 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
121 人中、106人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yamaoka トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/2
形式: 文庫 Amazonで購入
こんなもんにいちいち感動してたら人生損をする。捨てました。!
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
113 人中、98人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 鎮西八郎 投稿日 2014/11/8
形式: 文庫
零戦が開発されて特攻機として使われるまでの過程に物語をちりばめたもので、零戦というものを知らない人にとって零戦という戦闘機を短時間で理解することのできる「資料」としては価値があるのかもしれない。
ただし、小説としては何も心に響くものはなかった。
物語の構成が安易で、作者が読者に対して何を伝えたいのか最後までわからなかった。
これを読むのならば、「きけ わだつみのこえ」を読んだ方がいいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
27 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2014/11/21
形式: 文庫 Amazonで購入
大ベストセラーとよばれるには文章があまりにも拙劣。すいすい読めるのはそのためだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
206 人中、173人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ママレード 投稿日 2014/1/9
形式: 文庫 Amazonで購入
 文庫本で一番の売上を記録、とういうことだったので 遅ればせながら手に取りましたが 読みだしてすぐに「あれれ」と。あまりにも壬生義士伝にそっくり。ネットで調べてみると 作者本人が「壬生義士伝のオマージュである」と発言しているのがわかりました。アマゾンでの評価はかなり高いようですが浅田ファンとしてしてはとうてい納得のできるような作品ではありません。この作品を読む前に(読み終わった人も)「壬生義士伝」を読んでみてください。評価が変わるのではないのでしょうか?
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 田代 投稿日 2014/11/21
形式: 単行本
こんな捏造まがいのノンフィクションを書く人だったとは・・・

「永遠の0」も「海賊とよばれた男」も、このノリで恣意的にだれかを美化してるんじゃないかと勘ぐってしまう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
60 人中、51人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 研究者a 投稿日 2014/11/20
形式: 文庫
宮崎駿先生を侮辱する姿を見て、この本を読み直すと作者の育ちがよくわかる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
57 人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/11/13
形式: 文庫
オマージュの名のもとに先達の作品や資料を切り貼りしただけで著者の手による部分は極めて凡庸な小説。本屋大賞ってこんなんでいいんですな。こういう作品は登場人物に自己投影していると思しき著者のナルシシズムが透けて見えるのがきつい。実際には正反対の人間性だったりするのだが。英霊の方々のおもいを知るには本書などと比較にするのもどうかと思うが「国民の遺書 『泣かずにほめて下さい』靖國の言乃葉100選」「指揮官たちの特攻」などがお勧めであろうか。本書を読むよりは遥かに有益だろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック