通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
永遠の0 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

永遠の0 (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15

5つ星のうち 4 1,756件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 95
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 永遠の0 (講談社文庫)
  • +
  • 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
  • +
  • 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
総額: ¥2,566
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

著者からのコメント

この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 608ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406276413X
  • ISBN-13: 978-4062764131
  • 発売日: 2009/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1,756件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
日本人なら一度は読んでみる価値のある本。口先と善意で平和は守れないことを知るべき。、
2 コメント 185人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
物語としては面白かったし、現状に浮かれ呆けている人たちに言いたいことがあるのだろう。そこは伝わる内容だ。以上、終わり。
因みに、登場人物の新聞記者。誰もが某新聞社の元記者を連想したのではないだろうか。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
少年時代から「ゼロ戦」だの「戦艦大和」だのに関する本や物語を、片っ端から手にした僕らようなオジサン世代には、この本にあるエピソードのことごとくが「どこかで読んだお話」の切り貼りばかりです。

全体のほとんどが回想・証言集という趣で、主人公たちは単なる狂言回しに過ぎず、宮部久蔵がなぜ特攻に志願したのかという核心も、今いちカタルシスを得られないままです。本書は、小説というより読者の脳内映像を再現する「台本」という趣が強く、これは放送作家である筆者ならではの手法だと言えますが、やはり小説としては稚拙という印象は拭えません。

しかし、それでもこの小説には読むべき価値があります。
日本はなぜあの戦争をする必要があったのか。それは本当に悪辣な日本が一方的に引き起こした、弁解の余地のない悪逆非道な行いだったのか。そうでないとしたら、現在の我々はなぜそう思わせるような教育を受けているのか。

命を投げ出して戦ってくれた英霊がいるからこそ、今の日本はある。戦前はさんざんプロパガンダに協力しながら、戦後は手の平を返したように英霊たちをも忌むべき存在として扱った厚顔無恥なメディアに対する、強烈なアンチテーゼと言えるでしょう

自国の歴史を貶める異常さと、特定の国による執拗な粘着ぶりに皆がオカシイと気付き始めた今、
...続きを読む ›
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/2/9
形式: 文庫
第二次世界大戦において日本海軍の主力機であったゼロ戦の名パイロットが歩んだ軌跡を、その孫である主人公の青年と姉の2人が、生き残った関係者から次々聞き取り調査を行なうことでたどってゆく話である。この小説の中心になっている宮部久蔵というゼロ戦乗りは架空の人物だが、実際に太平洋戦争史に名前を残す司令官や名パイロットたちの実名や戦いの様子が次々登場する。このため、物語のあらすじを追いながら、ゼロ戦とその飛行士たちを中心に真珠湾攻撃から特攻隊に至る当時の日本海軍が連合軍と戦った歴史をおおまかに振り返ることができるようになっている。厚さはあるが、活字が大きめなので、見た目ほどの苦労はいらない。

戦争の歴史については子供の頃からいろいろなものを読んできているので個人的に特に新しい発見があったわけではないが、全体的にわかりやすくよくまとまっている。また、宮部は当時の日本の軍人らしくない人物として描かれているが、あるいはそれゆえに現代に生きるわれわれが今とは大きく異なる環境や価値観や時代背景の中で命を賭けて戦った人たち及びその家族の心情に対してそれほど大きなギャップを感じずに理解しやすくなっているように思えた。小説なので、普段あまり戦争の歴史について書かれた本を読まない人たちも今後数多く目を通すことになるだろうし、現実問題としてここに出てくる登場人物の1人のように、WTCへの自
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ストーリーはかなり面白く、終盤でのヤクザの伏線回収のあたりでは鳥肌がたちました。
よくできた話なのに、「戦争美化」とか「事実と違う」とか専門家が口を挟み、最終的には右翼や左翼なんかも騒ぐ始末。正直、そんなに深い意味は練りこまれてないと思います笑。難しい事考えずに、普通の小説と同じように読めばいいと思います。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
特攻隊は志願の形をとっていながら、実際は世の中の潮流的に逆らえないものであったそうだ。
戦争を乗り越えてきたひとは本当にタフだ。文字通り命がけの戦いを繰り返してきた。
特攻隊に使われる若者はコマでありながらも達観し清い心をもって亡くなっていった。
結局は仲間愛、家族愛に感動した。
軍が負けましたと引けないがために、若者を何人も死なすなんてばかげている。この軍の姿勢がさらには原爆の悲劇までを引き起こした。
戦争は狂気。二度と繰り返したくない。
今戦争するとしたら、こんな戦闘機みたいなものでがんがん兵隊が死んでいくような戦争にはならない?
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック