¥ 946
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
永遠の0... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

永遠の0 (講談社文庫) 文庫 – 2009/7/15


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 430
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 946
¥ 946 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

永遠の0 (講談社文庫) + 海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) + 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
合計価格: ¥ 2,566
ポイントの合計:  62pt (2%)

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

著者からのコメント

この小説のテーマは「約束」です。
言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

出版社からのコメント

Amazon.co.jp2012年 書籍年間ランキング文庫部門第1位!(2011年12月1日~2012年11月30日)

登録情報

  • 文庫: 608ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/7/15)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 406276413X
  • ISBN-13: 978-4062764131
  • 発売日: 2009/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (1,645件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 230位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

関連メディア


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

1,106 人中、1,036人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ボー段 投稿日 2014/6/18
形式: 文庫
 初めて手に取る作家の本。特攻の歴史を調べていることもあって、勧められるままに読んだが、途中で読む気が失せた。なんとか最後まで読み切ったけれど、設定から、展開まで大筋はあからさまに浅田次郎の『壬生義士伝』、坂井三郎の『大空のサムライ』の使いまわし。城山三郎『指揮官たちの特攻』なども参考にしていると思う。文章、せりふまで同じ箇所があるのは、オマージュの次元なのか。
 内容そのものが悪いとは言わない。特攻の歴史を知らない人のきっかけとしてはいい。感激するならそれも構わない。自分も予備知識がなければ、どう読んでいたかはわからないので…。ただ、知った上で読んだ以上、作詞などの引用はさんざん叩かれるのに、これが許され、映画やドラマにまでなるというのはどういうことなのだろう。「感動的」と言われるのは、引用している作品が優れているから。現実の死の力を借りているから。筆者はそれを筆力や取材で昇華しようとはしていない。編集を拠り所にした、ヒロイックな演出や自己陶酔が登場人物の安っぽさから浮き上がるばかりで、テーマの重みに真正面から向き合う真剣さが全く伝わってこない本だった。
 売名や利益のためのお手軽な「感動」として書かれたならば、さまざまな思いを抱えて散った方たちは浮かばれないだろう。そして中身がどうであれ、何も考えずに、その場限りの「感動」を求め、涙しておしまいなら、反応する
...続きを読む ›
4 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
252 人中、237人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazonカスタマー 投稿日 2014/12/27
形式: 文庫
今まで読んだ本の中で、後味の悪い本 二位に位置する作品となりました。

商品にアタリ ハズレはつきものですから、ハズレはハズレなりに、クレームも付けず修理等施して工夫して使用します。ですから、クレームをつけるのは 著者に対してが初めてとなります。

本書は大ヒットしました。メディアを最大限に効果的に使い、あの手この手で上手にセールス出来た本です。映画の役者は秀逸だと感じた。戦争を知らない世代に興味を持ってもらった功績もある。

しかし、何故 後味が悪いのか。何故 騙された感がいつまでも脳裏に残るのか。

著者の作品には 「一人でない筆跡」が混在しているのです。
文章レベルの全く違う人物の書いた文章がちょこちょこ付け足されているのです。
さらりと読み進める部分と、急に誰かに耳打ちされたような俗的な短文が、ストーリーから浮いて引っかかるのです。そして、全体的には決して多くないその俗的な文の混ぜ物に嫌悪感を感じるのです。

後に、本家本元とされる本「大空のサムライ」等、数冊を読んでみました。なるほど、感動した読者は、本家本元の文章やストーリーに感動していたのです。そして、俗的な短文こそが、著者の作った文章なのだと。

これだけのインチキ紛いの手法が通
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
217 人中、204人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 勝造 投稿日 2014/12/21
形式: 文庫
にそっくりです。
永遠のゼロを読んだ人は大空のサムライを読んでみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
460 人中、429人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mk1 投稿日 2014/12/3
形式: 文庫
戦記ファンですが、寄せ集め感、というかデジャブのような描写多く、退屈でした。
特に坂井三郎の名著からは、引用を超えて盗用のように思いました。これって良いのでしょうか?
日本を守る為、過去も振り返るべき時、参考とすべき本は選ぶべきと思います。「大空のサムライ」をお勧めします。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
244 人中、227人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2014/12/8
形式: 文庫
不勉強な自分としては、空戦の戦術などの部分、はじめて知ることばかりで、
前半は比較的面白く読みましたが。
が、なんとなく主人公の青年とその姉の描写に深みがないなーと思ってたんですが、
某新聞批判が始まってからはその意図があからさまになっていって、
最後のほう、題材の祖父の妻や戦友の戦後のくだりは正直噴飯ものです。
いまどきその設定は昼ドラだろー。。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
365 人中、336人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Firebird 投稿日 2014/12/4
形式: 文庫
この本はダメだ。なんでこんなのが4百万部(本当かよ?)売れたのか疑問だ。小説好きな人にとってこの本を読み切るのは苦痛でしかないだろう。宣伝がうまいんだろうな。涙なくして読めないみたいに煽っていたけど、どこで泣けるんだろうか?こんな戦史を切り貼りして、取ってつけたようなストーリーで泣けるか?間違いなく「史上最低のベストセラー」だろうな。浅田次郎の「終わらざる夏」を読んだら、その差は歴然だよ。これが作家魂ってもんだよ。登場人物は戦争の悲哀を背負って、それぞれの道でただひたすら耐え忍んで生きていくんだよ。その描写やストーリーが読者の心の奥底に響くんだよ。おっと、いけない、「永遠の0」みたいな薄っぺらな本と比較してしまった。この本は多分、小学生高学年から高校生をターゲットにした戯れ本でしょう。いずれにしても著者の人間性が滲み出ている皮相浅薄な駄作であることは間違いない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック