Amazon Kindleでは、 水温む をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 607
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水温む (花音コミックス) コミック – 2001/5


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

水温む (花音コミックス) + 太陽の下で笑え。 (花音コミックスミニ) + 我らの水はどこにある (花音コミックス)
合計価格: ¥ 1,914

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 芳文社 (2001/05)
  • ISBN-10: 4832281615
  • ISBN-13: 978-4832281615
  • 発売日: 2001/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ましゅまろんどん 投稿日 2005/4/18
形式: コミック
山田ユギさんの作品に出てくる多様な攻キャラのタイプの中で、ある意味いちばん胸キュンで愛おしいのが、「年下、大柄、バカ正直、涙もろくてちょっとやさしすぎる猪突猛進型」。
喜怒哀楽がわかりやすく、ときに下半身の欲求に負けて(笑)勢いで相手を押し倒しちゃうくせに、ほだされかけてる相手のちょっとした指の震えなんかにハッと我に返って、「ごめん!」って飛びのいちゃうタイプ。強引な攻モードで口説けば相手は落ちちゃうだろうに、いい人すぎてツメが甘くなってしまう。ちょっと情けなくて、でもとてもかわいい。
この本に入ってる2作とも、そういうタイプの男の子がメインキャラです。
* 母親の書道教室や居酒屋でバイトしてる18歳のフリーターが、隣りに越してきた38歳のこぶつきバツイチ男に一目ぼれ。フェロモン系の優柔不断・美形おじさんにはそれなりの苦しい過去があるのですが、バカで明るい(でも臆病なくらいやさしい)青少年のまっすぐな恋心に、少しずつ癒されていきます。ちなみにこの「こぶ」こと4歳の結ちゃんがめちゃくちゃ可愛い。
* 真性ゲイで少年時代から「オカマ」呼ばわりされてイジメられていた直樹(彼は「小さなガラスの空」「太陽の下で笑え」にも登場します)と、3歳下の幼なじみの鮎ちゃん(バカすぎてかわいすぎ)。大学生になって再会してからのふたりの関係が、じれったくせつなく描か
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 "ぶごっ" 投稿日 2002/6/13
形式: コミック
隣家に越してきた年上で子持ちの男に恋してしまう、惚れっぽい青年の話「水温む」と、幼馴染だった2人のその後もの「ワイルドマンブルース」。
どちらもユギさんの絵の魅力が生かされた、心に染みる話です。ラスト「良かったー」と思ったら思わず涙出そうでした。独特の笑いのつぼもいいですよねー、照れ隠しでもあり感覚的な余裕でもあり、心地良いです。買って良かった作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 usa 投稿日 2008/8/4
形式: コミック
青年の純粋なおバカパワーに払拭される過去ある男性の暗い思い。
というストーリーなのですが、青年元気すぎて、バカすぎて
忙しすぎて”間”がないというか
そのために年上の人の内面も、その過去の相手の気持ちも
掘り下げが足りないような気がしました。
一目ぼれという設定から始まってずっと全体的に上滑りしているようなかんじでした。
お隣として接しているうちに惹かれて・・・でも十分成り立つし話に幅も出たのじゃないかと。
中編というのは短編よりは長いけど、サブキャラを沢山登場させるにはページ数が足りない。
1冊まるまるこのお話だったらよかったのになと思います。

もう1つは他の作品のキャラクターのサイドストーリーということで
元キャラたちが必要ないのにところどころに現れていて、
元話を読んでいる人はとても嬉しいけど、そうではない人には何のことやら。
そういうのって作品のクオリティを下げてしまうと思うのです。
ちらっとカットだけの登場でも十分楽しめるはずです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 りょう 投稿日 2007/4/22
形式: コミック
単細胞年下攻め×美人オヤジ受け。

恋多き(失恋もまた然り)18歳、大西優介が今度目を付けたのは、20も年の離れた子連れのバツイチ男、高見宏和だった。

早速宏和に猛アピールを開始する優介だが、宏和はなかなかシリアスな過去の持ち主で……。

優介のおバカっぷりが良い。

一歩間違えばただの暗い話になってしまうところを優介の存在でうまく調整している。

ストーリーは全体的にやや大人な雰囲気。

在り来りなボーイズ・ラヴでは満足できなくなってきた“貴腐人”の方におすすめ。

『太陽の下で笑え』の鈴木直樹のサイドストーリー、『ワイルドマンブルース』も収録。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 投稿日 2012/11/17
形式: コミック Amazonで購入
自分の性癖を自覚している者と、自覚する前の者とのそれぞれの心情を吐露するかしないか・・・の、じれったい展開の作品(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック