Amazon Kindleでは、 水の柩 (講談社文庫) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
水の柩 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK・OFF Online
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆中古品ですので、焼け・スレ・傷み(破れ・汚れ・折れ痕・書き込み・線引き等)・付属品欠品がある場合があります。Amazonコンディションガイドラインに準じて出品しており、店舗や本サイトとは基準が異なっておりますので、ご理解の上お買い求めください。◆商品はアマゾン倉庫にある為、個別の状態に関するお問い合わせにはお答えできません。万が一、ご満足頂けない状態の場合は、Amazonカスタマーサービスにて全額ご返金させていただきます。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

水の柩 単行本 – 2011/10/27


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 24
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 93


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

水の柩 + ノエル―a story of stories + 光
合計価格: ¥ 4,968

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容紹介

私たちがあの場所に沈めたものは、いったい何だったのだろう。
五十数年前、湖の底に消えた村。少年が知らない、少女の決意と家族の秘密。
誰もが生きていくため、必死に「嘘」をついている。

いま最もまぶしい作家が描く、成長と再生の物語。

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。絶望と希望を照らす作家・道尾秀介がおくる、心に染みる人間ドラマ!

内容(「BOOK」データベースより)

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062172577
  • ISBN-13: 978-4062172578
  • 発売日: 2011/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8  レビューをすべて見る (19件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 318,141位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

10 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ジェダイ 投稿日 2014/8/20
形式: 文庫
老舗旅館の長男と祖母、同級生の少女の3人の物語。
祖母と少女が抱えている秘密。
それを長男はどのように受け入れていくのか。
この読んでいてノスタルジーを感じさせる文章と表現。
道尾さんらしい作品だなと思いました。
結末は予想していたものとは違いましたが、
こういう結末なら逆に良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 うさぎ 投稿日 2012/6/12
形式: 単行本
レビューを拝見すると絶賛なさっている方が多いですね。私も一気に読んでしまいました。
ただ、絶賛なさっている方々のようには感動しませんでした。そこまで感情移入できなかったです。何故かな? それなりに面白かったけれど。
もしかすると年齢的に無理なのかもしれない・・・ 若い方向けかなと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ランボー 投稿日 2012/1/10
形式: 単行本
素直で誠実な物語。でも地味。 主人公が普通なりに、打破しようともがく姿は好感が持てる。簡単に恋愛関係にならない所もいい。 一番、良いのはちゃんと救いがあるところ。 文章は美しいかもしれないが、読みづらい… 私は、単行本で読むほどではないと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ルンメニゲ 投稿日 2012/9/3
形式: 単行本
文章表現の巧みさは相変わらず、ミステリーではないが退屈させずに読ませる力は健在。
だけど、読んでいて楽しいか?と問われると首を傾げざるをえない。感動したか?と問われると否としか言えない。
前作が小学生主人公で書いて、今作は中学生主人公。少年の心象風景を描かせたら抜群なのは分かったが、そろそろ大人が主人公の作品を書いてもらいたい。過去作読む限りでは、大人(特におじさん)の描き方に違和感をいつも感じてしまうが、ひょっとしたら苦手なのだろうか?
道尾さんは若い読者や女性の読者に絶大な人気を誇っているが、おじさん読者の人気はあまり高くないような気がするのだが?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 みっふぃー 投稿日 2014/10/27
形式: 文庫
道尾秀介さんの作品をすべて読んでいるわけではないです。
私の道尾さんの作品のイメージはおどろおどろしくて先が読めないミステリーホラー。
向日葵の咲かない夏が印象深いです。
しかし本作はそんなにうわっと驚くような展開もなく、こわくもなく。
先を読めばきっと・・・!と読み進めましたが、結局こぎれいなオチで終わってしまいました。
決して内容が悪いわけではないです。まとまっています。
ただ、ミステリーを期待すると物足りないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あまぞん竹田 投稿日 2011/11/10
形式: 単行本
普通の少年が自分の回りにいる友人や家族の知らなかった過去に触れながら成長し再生していく話。今までの道尾作品にはいない普通の少年逸夫・・・彼と普通の生活を送りたい少女との描写がとてもリアリティあって入り込めた。また逸夫の住む温泉街に自分もいるような錯覚を起させたし、なんといってもダムの描写は本当にキラキラ輝きを放つ映像が感じられた。ラストに彼らがした行動がまさしくこのタイトル・・・改めてネーミングの素晴らしさを感じた。人間の生きる姿を見た作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
23 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Shopper 投稿日 2011/11/1
形式: 単行本
道尾ワールドといえば、暗黒な絶望感、希有な
どんでん返し、チラチラ見え隠れしてつかめそうで
つかめない光明。

そして、テーマが「家族」であること。

しかし、もうひとつのジャンルとして、文芸的で
静謐な、心情の動きと成長をじっくりと読ます道尾節が
今作で完成した。

「家族」のみならず、関わりあう人間への優しさや
労わり、強さ、救いを圧倒的な文章力で書きあげた。

いじめや家族の過去の内容が、ありきたりで弱い動機
だな、と感じつつも、読み進めるうちに、裏の真相
への拘りなんかよりも大切な、著者のメッセージを
強く感じた。

「光媒の花」の後半を、さらに濃密に熟成させたような
色使いというか。

現在進行形の物語の中に、過去の場面をインサートして
くるも、ゴチャゴチャにならないギリギリの線で、
展開させるバランスもちょうどいい。

そして、最後の場面の表現の美しさが、タイトルと見事に
融合する。奥深く、崇高なる情景が想像力をかきたて、
余韻が瞼の裏に焼きつけられる。

我々は、多かれ少なかれ、「蓑
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック