通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
死神を食べた少女 (上) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [amazonFBA倉庫より発送!!]◆外装について:外装に軽い汚れ、痛みがあります。◆本体について:小口に軽い汚れ、小傷があります。◆全体として:amazonマーケットプレイスコンディション・ガイドラインによる「良い」コンディションです。※※特別に記載の無い付属品は原則付属しません。管理ラベルは剥がしやすいタイプを使用しております。材質により剥がれにくい場合がありますが、その場合はドライヤー等で暖めると剥がしやすくなります。※※
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死神を食べた少女 (上) 単行本(ソフトカバー) – 2012/12/15

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 549

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。2/26まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死神を食べた少女 (上)
  • +
  • 死神を食べた少女 (下)
  • +
  • 勇者、或いは化け物と呼ばれた少女(上)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第154回芥川賞・直木賞発表
芥川賞は『異類婚姻譚』、『死んでいない者』、直木賞は『つまをめとらば』に決定。 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

血塗れの少女が戦場を駆けるファンタジー戦記。

貧しい村に生まれた少女・シェラは、自分を襲う解放軍兵士の後ろに
「美味しそうな」死神を見る。
死神の鎌が振り下ろされるより早く、シェラは死神をたいらげた。
そして、彼女は王国軍の兵士となる。大きな鎌を手に憎き解放軍を倒すため、
美味しい食事にありつくため――。

内容(「BOOK」データベースより)

貧しい村に生まれた少女・シェラは、自分を襲う解放軍兵士の後ろに「美味しそうな」死神を見る。死神の鎌で振り下ろされるより早く、シェラは死神をたいらげた。そして、彼女は王国軍の兵士となる。大きな鎌を手に憎き解放軍を倒すため、美味しい食事にありつくため―。死神は美味しい。血塗れの少女が戦場を駆けるファンタジー戦記。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 330ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2012/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047284572
  • ISBN-13: 978-4047284579
  • 発売日: 2012/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルと表紙では想像できませんが、実は戦記っぽい物です。
といっても戦術戦略を競い合うような話ではないですが。
出てくる味方は極々一部の例外を除いて無能ばかりで詰む直前の王国が舞台で
とある個人的な理由から王国の兵士として戦う少女の物語。
ファンタジー世界ですが派手な魔法は出てきません。
せいぜい魔法で爆発する地雷とか程度です。
主人公の少女は死神を食べたことで無双の力を手に入れていますので
主人公無双が好きな人にもおすすめ。
ただ無敵というわけではないので、そういった話を嫌いな人でもオススメ。
上下巻でしっかりと完結していますので最後まで安心して読めます。
WEB上では続編が掲載されていますが
これはこれで綺麗に終わっているのでそちらは読まずにいるのもアリかと。
(こちらとは何か違った感じがしますが私は結構すきですが。)
WEBから加筆があり、はっきりしていなかった部分が書かれていたりで
WEBで一度読んでいる人にもおすすめです。
基本敵は惨殺です。
死神のような鎌でばっさばっさします。
それ以外の時は基本なにか食べてます。
行軍中でも戦闘前なら何か食べてます。
もしくは飢えてます。
...続きを読む ›
コメント 32人中30人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ファンタジー成分は薄めですが十分楽しめました。
王国軍と解放軍の戦いを描いた戦記物ですね。
具体的には語られていないものの、主人公の持つ死神の毒気に周りが影響を受けていくのが面白かった。

淡々と読めて、ハラハラドキドキの展開はないですが読了感は満足の行くものでした。
コメント 11人中11人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindleでファンタジー小説を読もうとして、たまたま見つけた作品であります!
Kindleで購入前にネットで検索をかけたところ、作者の計らいにより、書籍化された今でもネットで無料で公開されているのを知り、一気に読了しました(*^-^*)
死神に関して-取り込まれたとか契約したとかではなくて-「食べた」という斬新さ、死神の力を得た事による、まるで歴代の将兵のような場馴れさと人間離れした戦いぶり、一切の甘さの無い凄惨な戦場において彼女から漂う妖しい美しさといったヒロイン側の要素に加えて、彼女から生きる糧を奪った敵である解放軍側による凄まじい謀略、離反工作、宣伝戦といったファンタジー作品にはおよそ似つかわしくないリアルさに目を見開かされました(*'▽')
解放軍側は、腐敗した王国を打倒して民衆を解放するといった「大義」の為ー時にはヒロインを含めた少数の人間を犠牲にする事すら躊躇わないーに戦います。しかしながら勝ち続けて念願に近づくほど、却って理想からは遠ざかって行くのです(+o+)
他方、王国側についたヒロインは、復讐の為そして武功を挙げる事で生きる糧を獲る為に戦います('ω')
普段は小動物のような可愛らしさをみせてくれますが、いざとならば自ら先頭に立って鎌を奮い、敵側で戦場に居るならば民間人でさえも容赦しない凄みをみせ、味方は救い、
...続きを読む ›
コメント 2人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
webで一度読んだものですが、手元に置いておきたいと思い購入。
ストーリー構成も良く読みやすいです。
簡単に言うと、王道RPG物の敵国側を中心とした物語です。
私利私欲に塗れた国側で主人公が無双します。
血なまぐさい物語の上に国が段々と追い詰められていくのですが、どこかスッキリします。
戦術においても私は詳しくないので面白いと感じました。
戦争に綺麗な事など存在しないと改めて考えさせられます。
物語を読んだ後は本物の歴史を思う存分疑うことができますよ。
コメント 6人中5人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
上巻だけ買って、読んでいる最中に後悔した作品です。
なんでセットで買わなかったんだろう……。それくらい続きが気になった作品。
タイトルや設定、紹介文からは地雷の雰囲気がプンプン漂ってくるのに……

歴史とは勝者の側が残すもの、そこにあるのは勝者側に都合の良いように
編纂された記録でもある。だけど負けた側にも、それなりの言い分と
負けた側から見た視点での歴史がある。

勝者の歴史の中で、不合理な犠牲として切り捨てられた者たちの思いを
背中に背負い最後まで戦い抜く、敵から死神と呼ばれる少女。
負けゆく中で泥臭く、豪放磊落に生き抜く英雄の姿は
見ていて清々しくワクワクさせられる。
見開きのイラストも素晴らしく、作品の世界観を堪能させられた。

そして何より、ご飯をしっかり味わって、感謝しながら
食べたくなる一冊だったりして……。
コメント 25人中18人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック