中古品の出品:6¥ 6,404より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

死の王 [DVD]

5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 6,404より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヘルマン・コプ, ニコラス・ペッチェ, アンゲリカ・ホッホ, ミヒャエル・クラウス
  • 監督: ユルグ・ブットゲライト
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: ドイツ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パンド
  • 発売日 2001/02/23
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HTP4
  • EAN: 4941565300524
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 203,172位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1週間に渡って繰り広げられる7つの自殺の形。「ネクロマンティック」のユルグ・ブットゲライト監督の悪夢のような衝撃作。

レビュー

ドイツが生んだ鬼才、ユルグ・ブットゲライト。彼が『ネクロマンティック』に続いて放ったカルト・ホラー。1日1件、1週間にわたって繰り広げられる7つの自殺を描く。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作・撮影: マンフレッド・O.イェリンスキー
監督: ユルグ・ブットゲライト
脚本: フランツ・ローデンキルヒェン
音楽: ダクタリ・ロレンツ/ジョン・ボーイ・ウォルトン
出演: ヘルマン・コプ/ニコラス・ペッチェ/アンゲリカ・ホッホ/ミヒャエル・クラウス/ハインリッヒ・エーベル/エヴァ・クルツ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

死の王はホラー映画の頂点に君臨してしまった、まさに王様級の作品であります。
面白い面白くないはこの際は重要では無いです。
どれだけカリスマ性があるか?どれだけ美を徹底しているか?芸術作品としてどれだけ素晴らしいか?アートとして自立しているか?
そういった点を総合して、やはり「死の王」は名作といえるのです。
映画というよりも、芸術的な映像作品といった感じです。
なぜか美しく感じてしまう。強烈な「美」がそこにあるんです。
このユング・ブットゲライト監督を「素人」だとか「映像が稚拙だ」だとか言う人もいますが、これだけ多くの人々の関心や議論を集める監督ですから、やっぱり才能があるんだと僕は思います。そういう人たちは彼の映像世界を嫌悪しておきながら、無意識の内に心を惹かれているのかもしれません。
、、、そうです!この「死の王」は名作です。
「悪魔のいけにえ」「サスペリア」などと同等に扱われるべき名作です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WARP VINE メンバー 投稿日 2002/7/6
自殺する数人の男女をスケッチ。合間に死体が腐敗してゆく。説明なんて親切なものはなくて、ただ人が死んでゆくだけ。なのに、どことなくロマンがあって、しかも美しい。凄い映画だと思いました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画のテーマは「死」「自殺」
1番最初に見た時、かなりの衝撃を受けました(いい意味で)
生きる意味とは何だろうか?と考えさせられる映画です
撮影方法、音楽、雰囲気どれも独特ですが、ユルグ監督の持ち味が良くでていると思います。
特にエンディングに流れる曲は名曲ですね、
子供には薦められませんが、人生生きてる中で一度は観て頂きたい映画です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
よく、死をテーマにした映画などでも、結果的に、生を見出せるようになっていると思う。きっと内容を見て、視聴者が勝手に恐ろしい死から、希望の生へのキーワードを見つけようとしているだけかもしれない。この作品には、そのキーワードのようなものが、少なくとも私には見つけることが出来なかった。
様々な死のスタイルを、朽ちていく死体とともに綴っていく。ただこれだけなんだけど、連鎖する死ということで、逃れられない絶望を作り出している。
美しい映像や、あどけない少女が、死を語るシーンなど、すっきりした絶望を感じれる良作。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ryosuke トップ50レビュアー 投稿日 2014/1/22
( '∀`)こんにちは     ('∀` )あらこんにちは

( '∀`)いい天気ですね   ('∀` )そうですね

( '∀`)ではお先に失礼します   ('∀` )はい?

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン      ('∀` )

ちょっと極端ですけど、こういう映画です。
この作品は一週間毎日、一人ずつ自殺していく人を追うんですが、なぜ自殺に至ったのか全く描かれません。
つまり、自殺に至る葛藤や衝動は死んだ本人にしか分からないという作りです。

最後の男に至っては、部屋の中で苦悩してる場面から始まり、苦悩の末、頭をいたる所にぶつけて死にます。

一体何があったのかと。

この映画は内容を楽しむものではなく、感じる映画ですね。それ相応の感性を持ち合わせてないと
最後まで見ていられないです。むしろそれが正常かも。

彼らの自殺を追う一方、誰かの死体が徐々に腐っていく映像を合間に挟むんですが、これがリアルすぎて若干引く。
身元不明の死体というだけでも不気味なのに、あの完成度と来たら。

この死体が腐っていく映像は、九相図を思わせますね。

...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
監督自身、自殺の名所や自殺の記事を見て、死に向かう人間の心理を探ってみようとする実験的作品だったと語っているので、その事象に対し、観た人間がそれぞれの印象を抱けばいいのだと思います。

それにしても、この監督。雨に濡れた路地、そこを歩く悲しみや憂いの表情の女性、なんて繊細な描写も得意なくせに、そこに腐食していく死体をサブリミナルのように挟んだり、「彼女とヤルと彼女、血が噴き出すんだ」とおかしなセリフ吐かせたり、確信犯的にえげつない(苦笑)。

純粋の象徴のような女の子が「死の王は人を死に連れて行くの」と囁くエンディングの締め方も詩的で、続くエンドロールも手書きタッチの字体や絵が妙にファンタスティックでオシャレ。

エンドロールの映像だけ見れば「どんな映画だったんだろう?」と見たくなる人大勢いるはずです(『カリギュラ』の格調高いオープニングで期待するのと同じ感じ)。

こんな映画を撮るのは、きっと年を取ってオタクなバーホーベンみたいなおっさんだろうと想像していたのに、意外と監督(撮った当時だが)若い!
しかも、金髪で監督業の職種の範囲内ではイケメンといえなくもありません。

あまり、明記されていませんが、DVDにはメイキングが収録されており、そんな監督のご尊顔、撮影風景が確認できます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック